【経済性重視】ウォシュレットのおすすめ人気ランキング10選!

LiQuest編集部

LiQuest編集部

Editorial Dept. -Official-

ウォシュレットトイレ
ウォシュレットトイレ

新しいウォシュレットを買いたいけど、どれがいいかわからない…

そんなあなたのために、正しい選び方とおすすめのウォシュレットをランキング形式でご紹介します!

ウォシュレットを選ぶときのポイントは、種類・経済性・清潔性・利便性に注目することです。
特に、貯湯式と瞬間式の違いはしっかり押さえておきましょう。
初期費用をおさえたい人は貯湯式、電気代をおさえたい人は瞬間式がおすすめです。

それでは、あなたにピッタリなウォシュレットを見つけましょう!

ここに注目!ウォシュレットを選ぶ4つのポイント!

なんとなくでウォシュレットを選んでいませんか?

商品によって、年間の電気代や機能などが大きく変わります。
そこで、まずはウォシュレットを選ぶポイントについて確認しておきましょう。

  1. ウォシュレットの種類に注目!貯湯式と瞬間式の違いは?
  2. 経済性に注目!オート節電機能で電気代を節約!
  3. 清潔性を保つ機能に注目!
  4. 利便性を向上する機能に注目!

ウォシュレットを選ぶポイントは、主に上記の4つです。

①ウォシュレットの種類に注目!貯湯式と瞬間式の違いは?

ウォシュレットを選ぶときに、まず注目してほしいポイントは種類です。
ウォシュレットには、貯湯ちょとう瞬間式の2種類があります。

貯湯式比較項目瞬間式
お湯を溜めて保温しておく仕組み使うときにお湯を沸かす
安い本体価格高い
高い
3,000~5,000円
電気代
(年間)
安い
1,000~3,000円
する
(お湯が切れたら水になる)
湯切れしない
貯湯タンク分の厚みがあるデザイン厚みがない

貯湯式のメリットは、本体価格が安いことです。
シンプルな機能だけの商品もあるため、とにかくウォシュレットが欲しいという方におすすめです。

瞬間式のメリットは、電気代が安いことです。
貯湯式と比べると本体価格が高いですが、多機能な商品も多いため、ご希望に応じてさまざまなグレードのものを選択できます。
湯切れしないのも嬉しいポイントですよね。

初期費用をおさえたい方には貯湯式、維持費をおさえたい方には瞬間式のウォシュレットがおすすめです。

②ウォシュレットの経済性に注目!初期費用と電気代!

経済性

ウォシュレットは長期間使うものなので、経済性も重要ですよね。
注目してほしいポイントは、初期費用電気代です。

オート節電機能(トイレをよく使う時間を学習してスリープ時間を調整)がついているウォシュレットもあるので、節電機能に関しても注目しましょう。
たとえば、年間の電気代が2,000円違うと、本体価格が10,000円違っても5年で元が取れてしまいます。
ウォシュレットは頻繁に買い替えるものではないので、長期間使うことを前提に経済性を考えましょう。

先ほどの通り、本体価格は貯湯式の方が安く、電気代は瞬間式の方が安くなります。

  • 初期費用を重視する方は、貯湯式の中でもさらに本体価格が安いウォシュレット
  • 電気代を重視する方は、瞬間式の中でもさらに電気代が安いウォシュレット

このような選び方がおすすめです!

③ウォシュレットの清潔性に注目!こんな機能がおすすめ!

トイレ掃除

ウォシュレットの清潔性を保つ機能として、脱臭・つなぎ目なし便座・オートノズルクリーニングなどがあります。

機能特徴
脱臭気になる臭いをすぐに消してくれる機能
つなぎ目なし便座便座のつなぎ目がないため、デコボコが少なく掃除しやすい
オートノズルクリーニングウォシュレット使用前後に、自動でノズルを洗浄する機能
便ふた着脱便座のふたを着脱できるので掃除がしやすい

あなたが欲しい機能がついているウォシュレットを選びましょう!
ウォシュレットの機能については、この後のおすすめランキングでも紹介するので参考にしてください。

④ウォシュレットの利便性に注目!自動開閉や着座センサー!

ウォシュレットの“利便性”をあげる機能としては、便座自動開閉・着座センサーなどがあります。

機能特徴
便座自動開閉人を検知して便座が自動で開閉する機能
温風乾燥温風でおしりを乾燥してくれる機能
着座センサー人が座っている時だけウォシュレットの機能が動いたり、便座を温めたりする機能
誤作動防止や節電効果がある

利便性をあげるための機能は、ウォシュレットのグレードによって変わります。
費用対効果を考慮して、あなたにピッタリなウォシュレットを選びましょう!

【貯湯式】ウォシュレットのおすすめ人気ランキングTOP5!

おさらい

  • 初期費用重視⇒貯湯式
  • 維持費(電気代)重視⇒瞬間式
  • 清潔性を保つ機能があるとお手入れが簡単
  • 自動開閉や着座センサーなどの利便性にも注目

まずは、本体価格をおさえたい方におすすめ!
おすすめの貯湯ちょとう式ウォシュレットをランキング形式でご紹介します。
本体価格や電気代だけでなく、清潔機能や着座センサーなどの機能にも注目しましょう。

第5位|INAX RTシリーズ CW-RT2/BN8

電気代約4,440円/年
清潔機能キレイ便座
ノズルオートクリーニング
便フタワンタッチ着脱
抗菌樹脂
リモコン壁タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能スーパー節電
着座センサー

スッキリデザインに充実の基本性能を搭載

「取り付けが簡単でリモコンが使いやすい」など、口コミで好評の商品です。
脱臭・ノズルオートクリーニング・抗菌といった基本的な機能がついているウォシュレットです。
汚れが入りやすいつぎ目がないので、掃除も簡単です。

壁リモコンタイプですが、アパートでも問題なく設置できるようです。
すっきりデザインのウォシュレットをお探しのあなたにおすすめの商品です。

第4位|パナソニック ビューティ・トワレ CH931SPF

電気代約4,210円/年
清潔機能スムースフォルム
おまかせノズルクリーニング
リモコン袖タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能パワーパルス洗浄
節電

お手入れラクラクしかも省エネ

「安価な温水洗浄便座ですが、機能的にもなんら遜色ない物です。」など、口コミでもコストパフォーマンスの高さが好評です。

気泡を含んだ「パワーパルス洗浄」で、少ない水量でも勢いよく洗浄してくれます。
段差や凸凹が少ない「スムースフォルム」なので、掃除しやすいのも特徴です。

他製品と比べて脱臭機能がついていない点にご注意ください。
機能がやや少なくても、省エネでお手入れしやすいウォシュレットが欲しいという方におすすめです。

第3位|TOTO Kシリーズ TCF8CK65#NW1

電気代約4,428円/年
清潔機能クリーン便座
クリーンノズル
セルフクリーニング
便フタ着脱
クリーン樹脂
リモコン袖タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能おまかせ節電
着座センサー

基本機能搭載!スタンダードなウォシュレット

さすがTOTO、と満足度が高いウォシュレットです。
取り付けが簡単な点と、防臭効果が高いクリーン樹脂が口コミで高評価です。

一定の間隔で水に空気を混ぜて、洗浄の強弱をつける「タップリッチ洗浄」によって、しっかりとおしりを洗浄してくれます。
暖房便座用コードを本体に内蔵しているので、コードがかさばることもありません。

安心して使えるウォシュレットが良いという方におすすめの商品です。

第2位|パナソニック ビューティ・トワレ DL-EJX10-CP

電気代約3,810円/年
清潔機能ステンレスノズル
ノズル除菌クリーニング
Ag+抗菌便座
便フタ・本体ワンタッチ着脱
リモコン袖タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能スケジュール学習節電
着座センサー

貯湯式の省エネ・清潔・快適性がパワーUP!

取り付けが簡単だった、安いのに良い商品、もっと早く買い替えればよかった、など口コミでも好評の商品です。

スケジュール学習節電で、1日の中でどの時間帯を節電モードにすればよいかを自動で学習してくれます。
「おしりムーブ洗浄」により、ノズルを前後に動かしながら広範囲を洗浄してくれます。

清潔・省エネ・快適の面で基本的な機能がそろっているウォシュレットです。
オールマイティーなウォシュレットをお探しの方におすすめです。

第1位|東芝 クリーンウォッシュ SCS-T160

電気代約4,104円/年
清潔機能オート脱臭
オートノズルクリーニング
抗菌ノズル・便座
スッキリ便座脚
リモコン袖タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能エアインマイルド洗浄
赤外線センサー
節電モード

毎日使う人への気配りが嬉しい貯湯式

「シンプルだけど必要な機能が揃っていて使いやすい」など、口コミでも支持されている商品です。

東芝独自のエアインマイルド洗浄により、泡の入った水流で肌にやさしく洗ってくれます。
オート脱臭機能により、着座と同時に脱臭運転が始まります。
また、赤外線センサーもついているので、人が座っていない時の誤動作を防ぎます。

まずは基本的な機能がついているウォシュレットが欲しいという方におすすめです。

【瞬間式】ウォシュレットのおすすめ人気ランキングTOP5!

続いては、電気代をおさえたい方におすすめ!
おすすめの瞬間式ウォシュレットをランキング形式でご紹介します。

貯湯式と比べて本体価格が高い商品は多くなりますが、機能が充実している商品も多くなっています。
電気代だけでなく、便利な機能にも注目してみましょう!

第5位|INAX RVシリーズ CW-RV20A/BN8

電気代約3,336円/年
清潔機能キレイ便座
女性専用レディスノズル
ノズルオートクリーニング
便フタワンタッチ着脱
ターボ脱臭
リモコン壁タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能便座ヒーターオートOFF
着座センサー
ワンタッチ節電

女性にやさしい&スリムタイプ

女性専用レディスノズルがついていたり、お手入れがしやすかったり、とにかく女性に優しいウォシュレットです。

パワー脱臭・ターボ脱臭機能もあるので、ニオイが気になる方にもおすすめです。
そでなしデザインになっているので、サイドのふき掃除も簡単です。

「便座につなぎ目がないので汚れにくい」「取り付けやすい」など、口コミでも支持されている商品です。
女性向けのウォシュレットが欲しいという方におすすめの商品です。

第4位|TOTO KMシリーズ TCF8CM76#SR2

電気代約2,430円/年
清潔機能プレミスト
クリーン便座
ノズルきれい
セルフクリーニング
ワンタッチ着脱
抗菌
脱臭・オートパワー脱臭
リモコン壁タイプ
便座自動開閉
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能スーパーおまかせ節電
着座センサー
ダブル保温便座

人気の機能を搭載した、お掃除しやすいウォシュレット

便座の自動開閉機能がついているウォシュレットです。
自動で便器にミスト(水)をふきつけるプレミスト機能により、汚れがつきにくく、落ちやすくしてくれます。

その他にも、ノズルきれい・本体ワンタッチ着脱・セルフクリーニング・クリーン便座など、清潔機能が満載のウォシュレットです。
スーパーおまかせ節電機能も搭載しているので、毎月の電気代をおさえることもできます。

便座の自動開閉機能がほしい方、清潔機能にこだわる方におすすめのウォシュレットです。
カラーラインナップは、パステルピンク・ホワイト・パステルアイボリーがあります。

第3位|パナソニック ビューティ・トワレ DL-UF20-CP

電気代約1,470円/年
清潔機能オート消臭
スムースフォルム
ノズル除菌クリーニング
リモコン袖タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能ひとセンサー
エコナビ

ムダを見つけて自動で節電するエコナビ搭載

ひとセンサーが入室を感知して、約6秒で便座を温めてくれます。
しっかり人を感知してくれると口コミで高評価の機能です。

オート脱臭や暖房便座といった基本的な機能が一通り揃っているうえに、節電・節水機能がついているウォシュレットです。
多機能かつ毎月の電気代をおさえたいという方におすすめのウォシュレットです。

第2位|東芝 クリーンウォッシュ SCS-S300

電気代約2,270円/年
清潔機能オート消臭
ノズルオートクリーニング
抗菌便座
本体ワンタッチ着脱
リモコンタイプ袖タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能タイマー節電
エアインマイルド洗浄

使う分だけ水を瞬時に温める。使うたびにキレイを実感。

コスパの良さが好評のウォシュレットです。
「この値段でこれなら満足!」など、口コミでも支持されています。

エアインマイルド洗浄は、東芝独自のエアポンプを使った洗浄機能です。
泡の入った気流を使ってやさしくしっかり洗い上げます。
オート脱臭機能もついているので、ニオイが気になる方にもおすすめです。

タイマー節電機能に加え、便座からのムダな放熱を防ぐフタが、消費電力をさらにおさえています。
経済性を重視したいという方におすすめのウォシュレットです。

第1位|TOTO KMシリーズ TCF8AM66#SC1

電気代約2,400円/年
清潔機能プレミスト
クリーン便座
ノズルきれい
セルフクリーニング
本体ワンタッチ着脱
抗菌
オートパワー脱臭
リモコン壁タイプ
便座自動開閉×
便座暖房
温風乾燥×
その他の機能スーパーおまかせ節電
着座センサー
ダブル保温効果

人気の機能を搭載した、お掃除しやすいウォシュレット

第4位|TOTO TCF8CM76#SR2と同じKMシリーズのウォシュレットです。
こちらの方が本体価格が2万円以上安いですが、プレミスト機能や、ノズルきれい、セルフクリーニング、クリーン便座などの清潔機能は変わらず充実しています。
ただ、こちらの商品は便座自動開閉の機能がついていません。

スーパーおまかせ節電機能もついているので、毎月の電気代も安くおさえられます。
「プレミスト凄ーい。見た目もスッキリしていてグット!」など、口コミでも高評価のウォシュレットです。

本体価格をおさえつつも、プレミストなどの清潔機能が充実している瞬間式ウォシュレットを使いたいという方におすすめです。

ウォシュレットの取り付け方は?

ウォシュレットを購入する前に、以下の2点は事前に確認しておきましょう。

  1. コンセントはあるか
  2. 便器のタイプ(背面タンク式か隅付タンク式か)

商品によって取り付け方は多少異なりますが、以下の動画を参考にしてください。

まとめ

ウォシュレットトイレ

今回は、貯湯式と瞬間式に分けておすすめのウォシュレットをご紹介しました。

  1. 初期コスト重視⇒貯湯式
  2. ランニングコスト重視⇒瞬間式
  3. 清潔性を保つ機能があるとお手入れが簡単
  4. 自動開閉などの利便性にも注目

商品によって機能や電気代もかなり変わるので、上の4つに注目してあなたにピッタリなウォシュレットを見つけましょう!

「ウォシュレット」「シャワートイレ」「温水洗浄便座」の違いは?

「ウォシュレット」はTOTO、「シャワートイレ」はLIXIL(INAX)の登録商標です。
つまり、「ウォシュレット」や「シャワートイレ」は、「温水洗浄便座」の商品名のようなものです。
この記事では、わかりやすいようにすべてウォシュレットに統一して記述しています。

トイレットペーパー

触り心地やコスパ重視!トイレットペーパーのおすすめ10選!

2018/1/11
赤ちゃん

【徹底比較】紙おむつのおすすめ人気ランキングTOP8!

2017/12/27
消臭剤 無効空間

イヤなニオイを撃退!消臭剤のおすすめ人気ランキングTOP10!

2017/11/13

ウォシュレットの売れ筋ランキングをCheck!!