接続するだけで高音質!USB DACのおすすめランキング10選!

和田 平助

和田 平助

メンズ用品アドバイザー

USB DAC
USB DAC

デジタル音源などの高音質な音楽を楽しむために欠かせないオーディオ機器、「USB DAC」

ハイレゾ音源をしっかりと鳴らしたい…
オーディオの音をパワーアップさせたい…
DACの買い替えを検討している…

そんなあなたのために、今回はUSB DACのおすすめ人気商品TOP10をランキング形式でご紹介していきます。

あわせてDAC搭載機器の種類や、USB DACを選ぶコツなども解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

USB DACの役割は?ないとダメなの?

USB DACとは、USB端子でPCなどに接続することで高音質な音楽を楽しむことができるDAC機器のことです。

DACは「Digital to Analog Converter」の略で、音楽を楽しむために必要となるデジタル信号からアナログ信号への変換を担う機器のこと。
このDACの性能が高いと、より高音質な音楽を楽しむことができます。

DACはスマホやPCにも搭載されていますが、搭載できるサイズが小さいため、単体のDACよりも性能が劣ってしまいます。
最近ではハイレゾやDSDなど情報量の多い音源が増えてきており、そのような高音質の音源を再生するためにはDACの存在が欠かせません。

DACが搭載されている機種はいろいろ!自分に合った機器を見つけよう

DACが搭載されている機器としては、スマホやPCのほかに「プリメインアンプ」や「ヘッドホンアンプ」なども販売されています。

プリメインアンプとは、再生するデバイスを選んで音域や音色を調整するプリアンプと、音を増幅させるメインアンプが一体になったオーディオ機器のこと。
いっぽうのヘッドホンアンプは、スマホやPCに内蔵されたアンプの代わりに音声信号を増幅してくれる、イヤホンやヘッドホン専用のアンプ。

これらプリメインアンプやヘッドホンアンプには高性能のDACが搭載されている場合が多いため、単体のDACを使わずとも高音質での再生が可能です。
とくにヘッドホンアンプは「DAC/ヘッドホンアンプ」と併記されているケースもあり、DACとの線引は曖昧になってきています。

しかし性能面でいえばやはり単体のDACのほうが高く、ヘッドホン以外のオーディオ機器につないで使えるといった拡張性も魅力です。

プリメインアンプとヘッドホンアンプについては以下の記事でくわしくご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

プリメインアンプ

圧巻の高音質!プリメインアンプのおすすめ人気ランキング10選!

2019/2/6
ヘッドホンアンプ

マニアにはたまらん!ヘッドホンアンプのおすすめランキング10選!

2019/2/7

音質や拡張性を左右する!USB DACを選ぶ3つのポイント!

USB DACと一口に言っても、さまざまな商品が販売されています。
自分にあった機種を選ぶためにも、以下の3項目は必ずチェックしましょう。

  1. 対応フォーマット
  2. 入出力端子
  3. 電源タイプ

どれも「音質」や「拡張性」に直結する重要なポイントです。
それぞれの項目について見ていきましょう。

PCM方式とDSD方式の違いは?対応フォーマットをチェック!

USB DACは音質を向上させるための機器なので、当然ながら音に関する性能にはこだわりたいところ。

音声をデジタル化するフォーマットとしてはPCM方式が主流ですが、現在ではDSDという規格も登場しています。
それぞれの違いや、サンプリング周波数(kHz)と量子化ビット数(bit)が表す意味について、以下で解説していきます。

主流はPCM方式!サンプリング周波数と量子化ビット数をチェック!

音波

「PCM方式」はアナログ音源をデジタル音源に変換する方法としてもっとも普及しており、音楽用CDの録音などでも使われています。
メーカーの仕様表を見てみると「PCM(192kHz / 24bit)」という表記を目にするかと思いますが、左側のkHzが「サンプリング周波数」、右側のbitが「量子化ビット数」をあらわしています。

アナログ音源をデジタル音源に変換する処理のことをサンプリングといい、1秒間に何回データをサンプリングするかを表す数値がサンプリング周波数(kHz)です。
いっぽうの量子化ビット数(bit)は、サンプリングされたデータをどれだけ細かく変換するかを示す数値のこと。

たとえばCD相当の音源では「44.1kHz / 16bit」と表記され、1秒間に44,100回のサンプリングをおこない、サンプリングされたデータを65,536個(2の16乗)に分割して音を表現する、ということを意味しています。

kHz、bitの数値が大きいほど細かい音の表現が可能です。
具体的な数値としては、「192kHz/24bit以上」であればハイレゾ音源なども楽しむことができますので、この数値以上を目安として選ぶとよいでしょう。

サンプリング周波数と量子化ビット数についてのくわしい解説は、以下の記事も参考にしてみてください。

ハイレゾイヤホン

高音質LIFE!ハイレゾイヤホンのおすすめ人気ランキング10選!

2018/5/13

DSD音源を再生したいならDSD方式に対応した機種を選ぼう

dsd_logo

出典:SONY.jp

DSD音源は次世代CD規格のひとつである「SACD」に採用されており、従来のCD音源よりもはるかに音の解像度が高く、なめらかな音質が特長です。

PCM方式との大きな違いは、bit数が固定されているということ。
つまり音の細かさはサンプリング周波数のみであらわされるため、メーカーの仕様表では「DSD(2.8MHz)」のように記述されています。
2.8MHz=2,800kHzであることからもわかる通り、PCM方式より細かい音の表現が可能です。

DSD音源を再生したい方は、SACDの記録精度であるDSD(2.8MHz)を目安に選ぶとよいでしょう。

ちなみに、DSD方式には「DSD 2.8MHz」や「DSD64」のような2種類の表記があります。
DSD64はCDのサンプリング周波数である44.1kHzの64倍、つまりは44.1kHz×64=2822.4kHz≒2.8MHzであることを意味しています。
DSD 2.8MHzのサンプリング周波数は文字通り2.8MHzなので、表記が違うだけでスペックとしては同じです。

拡張性も大切!入出力端子の数を確認しよう!

USB DACは、ヘッドホン以外のオーディオ機器にもつないで使える拡張性の高さが魅力です。
そのため、入出力端子の種類や数は必ず確認しておきたいポイント。

USBやアナログ入出力以外にも、光デジタル端子や同軸デジタル端子を搭載しているものであればテレビやCDプレイヤーなどに繋いで使うことができます。

各入出力端子について、以下の表にまとめました。

端子特徴
アナログ入力オーディオ機器のアナログ入力に対応するための入力端子。RCA端子・ピンジャックともいわれる。
USB端子スマホやPCなどのデジタル音源を、USBを通して再生することが可能になる端子。
光デジタル端子光ファイバーを利用したケーブルを用いて、音声をデジタル信号で伝送するための端子。
同軸デジタル端子光デジタル端子と同じく、音声をデジタル信号で伝送するための端子。端子の形状はRCAと同じ。

またUSB DACには、ヘッドホン端子が搭載されていてヘッドホンアンプとして使えるモデルもあります。
ヘッドホンやイヤホンを使いたい場合は、ヘッドホン出力端子の有無もチェックしておきましょう。

音にこだわるならACアダプタ、持ち運ぶならUSB!電源タイプで選ぶ!

DACの電源タイプは、ACアダプタを使うタイプとUSBの給電ができるタイプにわかれます。
ACアダプタは高価格帯のものが多く、USBタイプは低〜中価格帯の商品が多い印象です。

ややオカルトにはなりますが、電源が安定していたほうが音はよくなるといわれていますので、音質にこだわる方はACアダプタで高価格帯のモデルを選ぶとよいかもしれません。

持ち運んで使いたい方や、手ごろな価格のDACを探している方はUSBから電源をとれるタイプがおすすめです。

驚くほど高音質!USB DACのおすすめ人気ランキングTOP10!

USB DACを選ぶときには、以下の3項目をチェックしておくと自分にピッタリのモデルが見つかるはずです。

  1. 対応フォーマット
  2. 入出力端子
  3. 電源タイプ

そのほか、サイズにも注目することをおすすめします。
デスク周りやオーディオシステム周り、もしくは持ち運びなど、ご自身の使用シーンにあわせて大きさを選択すれば設置スペースに困ることがありません。

それでは、USB DACのおすすめ人気ランキングTOP10を発表していきます。

第10位|CAMBRIDGE AUDIO DACMAGIC 100 DIGITAL TO ANALOGUE CONVERTER

メーカーCAMBRIDGE AUDIO(ケンブリッジ・オーディオ)
サイズ106×46×130mm
対応フォーマットPCM(192kHz / 24bit)
ハイレゾ
入出力端子USB / 光デジタル / 同軸デジタル(2) / アナログ出力
電源タイプACアダプタ

24bit/192kHz対応の「DacMagic 100」

イギリスの音響機器メーカー、ケンブリッジ・オーディオが販売する「DACMAGIC 100」は、価格と性能のバランスに優れたDACです。

USB接続時のサンプリング周波数/量子化ビット数は192kHz/24bitに対応し、ハイレゾ音源も難なく楽しむことができます

また入出力端子の数も多く、とくに同軸デジタル端子は2系統あり拡張性の高さも嬉しいところ。

「入力系統が豊富なのでさまざまな機器につなげて便利」
「ピュアオーディオでもじゅうぶん使える」
など、クチコミ評価もまずます。

いい意味でクセのない機種ですので、DAC初心者の方におすすめです。

第9位|Amulech AL-38432DR

メーカーAmulech(アムレック)
サイズ144×53×127mm
対応フォーマットPCM(384kHz / 32bit)
DSD(11.2MHz)
ハイレゾ
入出力端子USB / 光デジタル / 同軸デジタル / アナログ出力 / ヘッドホン
電源タイプACアダプタ

ハイレゾデジタル音源対応。光・同軸デジタル入力各1個に対応

アムレックの「AL-38432DR」は、コンパクトなボディながらも高音質な再生が可能なDACです。
2基のDACを搭載しており、モノラルで使用することでハイレゾやDSD音源もロスなく鳴らすことができます。

DSDネイティブ再生はMAC OSには非対応ですが、Windowsとの親和性が高いため、Windows搭載のPCとDACを接続したい方におすすめです。

またヘッドホン端子もついているため、ヘッドホンアンプとしても使用できる汎用性の高さも魅力です。

音の傾向に関しては
「透明感のある安定した音」
「歪みがなく、やわらかい音質」
といったクチコミがあり、デジタルくささのない自然な音が強みのモデルであるといえるでしょう。

第8位|TEAC USB DAC/ネットワークプレーヤー NT-505

メーカーTEAC(ティアック)
サイズ290×81.2×248.7mm
対応フォーマットPCM(768kHz / 32bit)
DSD(22.5MHz)
ハイレゾ
入出力端子USB(2) / 光デジタル / 同軸デジタル / アナログ出力 / ヘッドホン
電源タイプACアダプタ

DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bit対応。デュアルモノーラルUSBDAC/ネットワークプレーヤー

ティアックの「NT-505」は、最新オーディオ技術がたっぷりと詰まった高性能DACです。

USB接続時のサンプリング周波数/量子化ビット数は768kHz/32bit、DSDも22.5MHzの再生が可能で、あらゆるデジタル音源を完璧に再現することができます。

またBluetoothにも対応しており、置き場所を問わず使えることも大きな魅力。
高機能でワイヤレス再生に対応したDACを探している方におすすめです。

「クセがなく、いい音で鳴らすことができる」
「操作性がよく、キビキビと動く」
など、音質のほかにも扱いやすさが評価されているモデルです。

第7位|FX-AUDIO- DAC FX-01J TYPE-B

メーカーFX-AUDIO
サイズ40×93×25mm
対応フォーマットPCM(96kHz / 24bit)
ハイレゾ
入出力端子USB / アナログ出力
電源タイプUSB

ハイレゾ対応USBバスパワー駆動コンパクトDAC

「FX-01J」は、スティック型のスリムなボディが特長的なDACです。
低価格なモデルですがハイレゾに対応し、パナソニック製のコンデンサを採用するなど、部品にもこだわりが感じられます。

USB給電かつコンパクトなため、PCの横に置いてもジャマになりません。
そのため、PCオーディオ初心者の方にはとくにおすすめできるモデルです。

「値段以上の変化を感じる」
「明らかに音質の向上がわかる」
とクチコミも総じて良好で、値段以上のポテンシャルをもった機種であるといえるでしょう。

第6位|Fiio D03K

メーカーFiio(フィーオ)
サイズ61×21×49mm
対応フォーマットPCM(192kHz / 24bit)
ハイレゾ
入出力端子USB / 光デジタル / 同軸デジタル / アナログ出力 / ヘッドホン
電源タイプUSB

同軸デジタル/光デジタル入力に対応するベストセラーD/Aコンバーター

中国のオーディオ機器メーカー、フィーオの「D03K」は低価格ながらもハイレゾ再生に対応した優秀なDACです。

61×21×49mmのコンパクトさが魅力で、入出力端子の数も多く、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

USB接続時のサンプリング周波数/量子化ビット数は記載されていませんが、同軸デジタル端子接続時には192kHz/24bitをサポートしています。

「PCの音質が信じられないほど向上した」
「価格以上の音が出る」
など、音質面の評価も上々です。

コスパに優れたモデルですので、低価格なDACを探している方におすすめです。

第5位|Olasonic NANO-D1

メーカーOlasonic(オラソニック)
サイズ149×39×170mm
対応フォーマットPCM(192kHz / 24bit)
ハイレゾ
入出力端子USB / 光デジタル / 同軸デジタル / アナログ出力 / ヘッドホン
電源タイプACアダプタ

よい音と暮らす これからのオーディオのかたち

日本の音響機器メーカー、オラソニックの「NANO-D1」は、ヘッドホンアンプも内蔵したDACです。
シンプルでスッキリとしたデザインが特長で、PCにもオーディオ機器にも違和感なくマッチします。

USB、光デジタル、同軸デジタル入力に対応しているため、接続できる機器が豊富なことも大きな魅力。
USBだけでなく、ほかの入力も192kHz/24bitにアップサンプリングできる点もプラスのポイントです。

「デザインがシンプルでよい」
「ノイズもなく、整った音を鳴らしてくれる」
などデザインを褒める声が多くあり、音質面でも一定の評価をされているモデルです。

デザインと音質のバランスがとれたDACを探している方におすすめです。

第4位|LUXMAN USB D/Aコンバーター DA-06

メーカーLUXMAN(ラックスマン)
サイズ440×92×400mm
対応フォーマットPCM(384kHz / 32bit)
DSD(5.64MHz)
ハイレゾ
入出力端子USB / 光デジタル(2) / 同軸デジタル(2) / 光デジタル出力 / 同軸デジタル出力 / アナログ出力
電源タイプACアダプタ

DSD対応32bitデジタル・シグナルプロセッサー搭載のD/Aコンバーター

ラックスマンの「DA-06」は、今回紹介する商品のなかでも、とくにハイスペックなDACです。

サンプリング周波数/量子化ビット数は384kHz/32bitとなっており、DSD5.64MHzに対応。
現状のSACDや音楽配信サービスなどのデジタル音源よりも、はるかに高い再生スペックをほこっています。

また本体デザインは高級感と存在感があり、DACにありがちな安っぽさを一切感じさせない点も魅力です。

「デザイン、音質、操作性すべてが素晴らしい」
「長時間聴いていてもまったく疲れない」
など総合評価も高く、とくにラックスマンらしい「あでやかな音」が称賛されています。

高性能なDACを探している方や、音質重視のオーディオシステムを組みたい方におすすめです。

第3位|iFi nano iONE

メーカーifi-Audio(アイファイオーディオ)
サイズ64×25.5×100mm
対応フォーマットPCM(192kHz / bit数 非公開)
DSD(5.6MHz)
ハイレゾ
入出力端子USB / アナログ出力
電源タイプUSB

たったひとつのDACがホーム・オーディオを制する

アイファイオーディオが販売する「nano iONE」は、Bluetoothに対応したDACです。
コーデックもAAC、aptXに対応しており、ワイヤレスで高音質な音楽再生が可能。

量子化ビット数は発表されていませんが、ハイレゾ音源とDSD再生にも対応し、有線でも無線でもより原音に近い音質を楽しめます。

「今まで聴いていた曲がよりダイナミックになった」
「コンパクトなのに音がよい」
など音質面の評価が高く、コンパクトさや扱いやすさも称賛されています。

Bluetooth機能も途切れることなく良好ですので、ワイヤレス接続可能なDACを探している方におすすめです。

第2位|Fostex PC-DIGITAL Series PC100USB ボリュームコントローラー

メーカーFostex(フォステクス)
サイズ66×44×70mm
対応フォーマットPCM(48kHz / 16bit)
ハイレゾ
入出力端子USB / ヘッドホン / アナログ出力
電源タイプUSB

DACを搭載したUSB入力対応のボリュームコントローラー

フォステクスの「PC100USB」は、コンパクトでシンプルなコスパに優れたUSB DACです。
ヘッドホン端子を装備しているため、ヘッドホンアンプとしても使用可能

商品名のとおり、PC用のDACとしてかなり高い評価をうけているモデルですので、PCで使うDACを探している方におすすめです。

ハイレゾやDSDには対応していないもののスペック以上の音質を実現しており、
「PCから出力した音が劇的に向上した」
「ノイズが消えてクリアな音質になった」
といった、好意的なクチコミが目立っている一台です。

第1位|CHORD DA コンバーター Qutest

メーカーChord Electronics(コード・エレクトロニクス)
サイズ160×42×72mm
対応フォーマットPCM(768kHz/32bit)
DSD(22.5MHz)
ハイレゾ
入出力端子USB(2) / 光デジタル / アナログ出力
電源タイプUSB(microUSB)

シンプル&コンパクトなDAコンバーター

「Qutest」は、イギリスの音響機器メーカー、コード・エレクトロニクスが開発した高機能なDACです。

サンプリング周波数/量子化ビット数は768kHz/32bitと、ハイレゾ音源も余裕で再生可能。
DSDも22.5MHzとなっており、より高音質なデジタル音源を楽しむことができます。

USB 入力時には「ガルバニックアイソレーター」とよばれるノイズフィルターが機能し、よりクリアで解像度の高い出力が可能
また4種類のデジタルフィルターも搭載しています。

「情報量がとても多く、音が非常になめらかになった」
「ボーカルの息づかいまでしっかりと聴こえる」
など、音質に関しての高評価なクチコミからも性能の高さがうかがえます。

高性能なモデルですので、とにかく音のよいDACを探している方におすすめです。

まとめ

USB DAC

今回は、USB DACのおすすめ人気商品TOP10をランキング形式でご紹介してきました。

USB DACを選ぶときには、対応フォーマットや入出力端子、電源タイプなどをチェックしましょう。
あわせてサイズを確認しておけば、設置スペースの問題を未然に防ぐことができます。

USB DACは、接続するだけで驚くほど音質を向上させてくれます。
PCの音に物足りなさを感じている方やオーディオの音質をよくしたい方は、ぜひUSB DACの導入を検討してみてくださいね。

ポータブルヘッドホンアンプ

パワフルな音を出先でも!ポタアンのおすすめ人気ランキング10選!

2019/2/11
ヘッドホンアンプ

マニアにはたまらん!ヘッドホンアンプのおすすめランキング10選!

2019/2/7
プリメインアンプ

圧巻の高音質!プリメインアンプのおすすめ人気ランキング10選!

2019/2/6

USB DACの売れ筋ランキングをCheck!!