トイレブラシのおすすめ人気ランキング15選!使い捨ても

LiQuest編集部

LiQuest編集部

Editorial Dept. -Official-

トイレブラシ
  • トイレブラシ マーナ 2in1
  • トイレブラシ サンアート アヒル
  • トイレブラシ ジョセフジョセフ フレキシブルヘッド
  • トイレブラシ スクラビングバブル 流せる
  • トイレブラシ スコッチ・ブライト 取り替え式

トイレ掃除に欠かせない「トイレブラシ」
「普段から置き型の洗剤を使っていれば、トイレブラシはいらないかも?」と考えがちですが、トイレは定期的にブラシで磨かないと黄ばみや黒ずみが発生するので、必ず用意しておきたいアイテムです。

とはいえ、トイレブラシには3つのタイプがあり、どれを選べば使いやすいのか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、人気のトイレブラシ15選をおすすめランキング形式でご紹介します。

スクラビングバブルのトイレに流せる使い捨てタイプや、ニトリの便器が傷つかないスポンジタイプ、マーナの清潔&衛生的なブラシタイプなどをピックアップしました。
パナソニックのアラウーノに対応したものや、レックのブラシケースにゴミ箱が付いた商品、おしゃれでかわいいトイレブラシも!

トイレブラシの選び方!3タイプの違いをチェック

トイレブラシを選ぶ際は、タイプの違いに注目しましょう。
おもに「ブラシ」「スポンジ」「使い捨て」の3種類があり、とくにブラシタイプとスポンジタイプでは、特徴が真逆といっていいほど異なります。
それぞれの違いを以下で確認して、ご家庭のトイレに合っているタイプを選んでくださいね。

タイプ 特徴
ブラシ 頻繁にトイレ掃除できない人へおすすめ。ゴシゴシ擦れて、掃除をさぼってしまったトイレの汚れも落としやすい。スポンジ式よりヘタりにくく、長持ちする。水切れもよく、雑菌が繁殖しにくい。ただし水はねしやすい。
スポンジ 「顔や服への水はねがイヤ」「大切なトイレを傷つけたくない」という人におすすめ。やわらかく、ソフトなタッチで便器をやさしく洗う。水はねしにくい。いっぽうで耐久性は劣る。掃除頻度にもよるが、数か月に一度のペースで買い替えが必要だと言われている
使い捨て 衛生面が気になる人におすすめ。ブラシの先端にスポンジを取り付け、その都度使い捨てする。コストはかかるが、ブラシの汚れや摩耗を心配する必要がなく、いつも気持ちよく使える。トイレに流せる商品や、洗剤がいらない便利な商品も販売されている

ブラシタイプは、便器をゴシゴシこすってガンコな汚れを落とすのに向いています。
また、スポンジ式よりヘタりにくく、長持ちするのもメリット。
スポンジタイプはこまめな買い替えが必要ですが、ソフトな触感で便器をやさしく洗えて、水はねしにくいです。

「ブラシタイプでゴシゴシ掃除すると、汚れ防止のコーティングが剥がれそう…」と思われがちですが、基本的にブラシタイプでもスポンジタイプでも、パナソニックのアラウーノシリーズのような、コーティング済みトイレに使用できます。
ですが研磨剤入りのブラシはトイレのコーティングを剥がしてしまう可能性があるため、避けるようにしてください。

また、先端のクリーナーを毎回付け替える、使い捨てタイプも販売されています。
こちらはコストが高めですが、濡れたブラシをそのまま保管しなくていいので衛生的です。
掃除後にクリーナー部分をトイレへ流せたり、洗剤が不要だったりと、利便性にも優れています。

【ブラシタイプ】トイレブラシのおすすめ人気ランキング7選

まずはブラシタイプのトイレブラシから、おすすめ人気ランキングTOP7を発表します。
ブラシタイプは汚れをこすり落とすパワーが強いので、「ガンコな汚れもしっかり落としたい」「ついついトイレ掃除をサボってしまう…」という人におすすめ。
耐久性があり、長く使えるので、コスパも優秀です!

第7位|サンアート アヒルのトイレブラシ立て トイレブラシ付き

メーカー サンアート
本体サイズ 125×180×400mm

かわいいアヒルのブラシ立て

おしゃれでかわいいトイレブラシを探している人には、サンアートのこちらのシリーズがおすすめ。
陶器製のトイレブラシ立てと、トイレブラシのセットです。

ブラシ立ては、おまるを連想させるかわいいアヒルのデザイン
陶器製なので安定感があり、ブラシを出し入れする際に倒れてしまう心配がありません。

ブラシは360°に毛がついており、曲面やフチ裏のお手入れもスムーズに行えます。
クチコミでは「すごくかわいい!」「掃除を頑張れそう」とデザインが好評。
トイレのインテリアにこだわりたい人は必見です!

第6位|レック r+style トイレステーション トイレブラシ

メーカー レック
本体サイズ 80×160×415mm

ゴミ箱とブラシケースがひとつに!

こちらのトイレブラシは、ゴミ箱付き。
しかもただのゴミ箱ではなく、消臭加工が施されていて、気になるニオイをおさえてくれるんです。
セットしたゴミ袋がはみ出さないよう袋止めがついているので、見た目もすっきりしています。

トイレブラシとゴミ箱が一体化していれば、床掃除をするときにひとつずつ持ち上げる必要がなく、便利ですね。
幅8cmなので、狭いトイレでも邪魔になりません。
ブラシケースはゴミ箱から取り外せるので、便器が少し遠くても、水垂れを防げます。

クチコミでは、「コンパクトで場所を取らない!」との意見が多いですよ。
トイレスペースをすっきりさせたい人へおすすめです。

第5位|オーエ スリムトイレブラシ ケース付き

メーカー アイセン
本体サイズ 45×115×370mm

すっきり収まるコンパクトブラシ

超スリムな幅45mm!
「アイセン」の省スペースなトイレブラシです。

便器のすみずみまで掃除しやすいよう、毛の種類と形状にこだわっています。
ブラシの先端には汚れをかき落とすハード毛、ワイドな面には広範囲対応のソフト毛を採用。
部分的にこびりついたガンコな汚れを落とすのにも、広い面もササッとこすり洗いするのにも便利です!

またブラシは便器のカーブに沿って曲がっているので、掃除しにくい場所にもしっかりフィットします。
収納時にブラシが接地しない容器の設計も、衛生的で嬉しいですね。
「できるだけ目立たないトイレブラシを探している」「狭いトイレで邪魔にならないものがいい」という人におすすめです。

第4位|レック KAKU トイレブラシ B00178

メーカー レック
本体サイズ 95×10×355mm

ベストセラー1位!パナソニック「アラウーノ」対応

Amazonでベストセラー1位!
トイレのコーナーにフィットする、レックの角形トイレブラシです。

ブラシタイプながら、パナソニックの防汚加工済みトイレ「アラウーノ」を傷つけずに洗えます。
上向きの硬い植毛ブラシが、トイレにこびりついた汚れをしっかり落としてくれますよ。
ほかのメーカーの防汚加工トイレに使用する際は確認が必要ですが、パナソニック製トイレをお使いのご家庭や、「ゴシゴシこすってもトイレが傷つきにくいブラシを探している」という人におすすめです。

ブラシが容器の底に付かず、フタがないので、乾きがよいところも好印象。
クチコミでも、「トイレが傷つきにくく感じる」「ブラシの乾きがよく、軽い力で汚れを落とせる」といった点が評価されています。

第3位|アイセン カスケットトイレブラシケース付 Br

メーカー アイセン
本体サイズ 90×90×360mm

値段の安さも魅力

アイセンのこちらは、デザイン性と機能性を兼ね備えたベストセラーシリーズ。
取っ手付きのケースは軽く、便器のすぐ近くまで持ち運びできます。
使ったすぐ後にブラシをケースへ戻せるので、不潔なしずくが垂れにくいです。

また、360°に植毛されたブラシが、便器のカーブにもしっかりフィット。
水ハネしにくいウェーブ加工により、快適な掃除が可能です。

豊富な5色展開で、トイレのインテリアに合ったものを選べるのも魅力的ですね。
クチコミでは、値段が安い点も評価されています。
シンプルでリーズナブル、かつ使いやすいトイレブラシが欲しい人へおすすめです。

第2位|マーナ スクエア トイレブラシ ホワイト

メーカー マーナ
本体サイズ 115×115×390mm

すっきり置けるスクエアタイプ

グッドデザイン賞や、大阪デザインセンター中小企業優秀賞を受賞しています!
トイレブラシの人気メーカー「マーナ」が展開している商品の中でも、シンプルな見た目ながらこだわりが詰まった、機能的なアイテムです。

スクエア型のケースが、トイレのコーナーにぴったりはまります。
ブラシは上から差し込むだけなので、出し入れが簡単で、安定感抜群。
立てかけるタイプのトイレブラシと違って、掃除や移動のたびに倒れてしまう心配がありません。

底にくぼみがついているので、ブラシ収納時も乾燥が速く、衛生的です。
使いやすい全面植毛ブラシには、水はねを防ぐエプロンが付いており、収納時はブラシ部が隠れるようになっています。
シンプルで使いやすいトイレブラシを探している人におすすめです!

第1位|マーナ 2in1 トイレブラシ ホワイト

メーカー マーナ
本体サイズ 129×114×430mm

2本のブラシを使い分け!

大小2種類のトイレブラシがセットに!
ブラシタイプの第1位は、よりトイレ掃除がはかどりそうな「マーナ」の2本セットです。
防汚素材を採用したパナソニック製トイレ、「アラウーノ」の推奨品でもあります。

大きいほうのブラシは、ネックがカーブしており、便器のフチ裏や排水口奥の汚れにもしっかり届きます。
ミニブラシは洗剤をキャッチして逃がさない「極細ウェーブ毛」を採用しており、便器のフチ裏やウォシュレットのノズルをはじめとした、細かい場所の掃除に最適です。
汚れの場所に応じて、ブラシを使い分けたい人へおすすめですよ。

また、衛生的に収納できる工夫にも注目。
2本のブラシが収納ケース内で触れ合わず、床にもくっつかない設計です。
ケースの裏面は大きく開いているので、ジメジメした湿気がたまりにくく、乾燥性優秀!

【スポンジタイプ】トイレブラシのおすすめ人気ランキング5選

続いて、スポンジタイプのおすすめ人気ランキングTOP5を発表します。
スポンジタイプは、汚れ防止のコーティングを落としにくく、どんなトイレも安心して洗えるのがメリットです。
ブラシタイプより耐久性は低いですが、水はねが少ないのも魅力ですよ。

第5位|アイワ トイレブラシ トイレそうじおまかせスポンジケース付

メーカー アイワ
本体サイズ 95×112×370mm

3段階にヘッドが動く

すみずみまでやさしく丁寧に洗いたい人におすすめ!
便器を傷つけずにやさしく洗う、スポンジタイプのトイレブラシです。

3段階にヘッドが動くので、便器の洗いにくい部分まで簡単に洗えます。
見えにくいフチ裏や汚れやすい水たまりも、しっかり掃除できますよ。
この調整は手元で行えるため、ヘッドを触る必要がなく、手は汚れません。

クチコミでも「便器の見えない部分まで楽に掃除できる」「先端のスポンジに力が入りやすい」と好評。
ブラシ受けは取り外せるので、たまった水を容易に捨てられます。
水ハネしにくいのも、スポンジタイプならではのメリットです。

第4位|アイセン工業 フッ素ガード トイレブラシケース付

メーカー アイセン工業
本体サイズ 73×92×380mm

フッ素で便器を汚れから守る

トイレを磨くたびに、ブラシについているフッ素が便器をコーティング。
汚れをつきにくくしてくれる、アイセンの便利なトイレブラシです。

ブラシについたフッ素の効果は、2~3日に1回トイレ掃除をした場合、3~4か月持続します。
永続的ではないものの、掃除したトイレを次の汚れから守りたい人におすすめです。

ブラシのヘッド部分はやわらかく、少し力を加えると曲がります。
便器のフチ裏までブラシが届き、すみずみまで掃除できますよ。
ケースの表面にはダイヤモンドカットが施されており、シンプルながらおしゃれに収納できます。

第3位|ニトリ 持ち運べる磁石収納トイレクリーナーNフロート

メーカー ニトリ
本体サイズ 95×130×385mm

磁石のパワーで「吊るして」収納!

磁石で吊るして収納できる、ニトリのトイレブラシです。
ケースの底とスポンジが触れない設計なので乾きやすく、カビにくいんです。

持ち手はステッキのような形になっており、簡単につかめます。
丸くてやわらかなウェーブ毛のスポンジは、便器を傷つけずにやさしくお手入れでき、水はねしにくいですよ。

値段の安さやシンプルな見た目も、ニトリ製品ならではです。
クチコミでは、ブラシの出し入れが簡単だと評価されています。
トイレブラシを衛生的に収納したい人へおすすめ!

第2位|ジョセフジョセフ フレキシブルヘッドトイレブラシ

メーカー ジョセフジョセフ
本体サイズ 120×85×430mm

トイレブラシに革命!おしゃれで水が垂れにくい

「普通のトイレブラシとは一味違う、スタイリッシュなデザインにこだわりたい!」という人には、ジョセフジョセフのトイレブラシがおすすめ。
Amazonで2000件以上の評価を獲得している、おしゃれな人気商品です。
ブラシの先端はスポンジではなくゴムですが、スポンジタイプと特徴が似ているため、このランキングで紹介しています。

ヘッドは柔軟性があり、トイレのカーブやフチ裏にしっかりフィット。
素早く水をはじく「アンチドリップヘッド」が水の滴りを防ぐので、ブラシをケースに戻すとき、便座や床がしずくで汚れにくいです。
また毛先は1本ごとの長さが異なり、目詰まりしにくくなっています。

クチコミでも、「斬新なデザインや、水切れのよさが素晴らしい」「いままでのトイレブラシとは一線を画する商品!」と評価されています。
ケースがステンレスのタイプも販売されていますよ。

第1位|サンコー やわらか トイレブラシ

メーカー サンコー
本体サイズ 445×120×120mm

ソフトな繊維でやさしく洗える

第1位は、やわらかな繊維が束になったサンコーのトイレブラシ。
一見シンプルではありますが、洗いやすい工夫が随所に施されていますよ。

繊維の断面が特殊形状になっているので、ソフトタッチながら、汚れをかき落とす能力に優れています。
便器のフチ裏にもしっかりフィットし、洗いにくい曲面の汚れを逃がさず落とせるんです!

また繊維の束のおかげで、洗剤が少量でも泡立ちやすく、経済的に掃除できるのも魅力。
収納部分のカップは取り外せるので、たまった水を簡単に捨てられます。

便器の奥まで届く長めの柄もポイント。
「やさしく洗えるトイレブラシが欲しいけど、汚れはしっかり落としたい」という人におすすめです。

【使い捨てタイプ】トイレブラシのおすすめ人気ランキング3選

最後に、使い捨てタイプのおすすめ人気ランキングTOP7を発表します。
使い捨てタイプは、汚れて濡れたブラシをトイレに置いておく必要がないので、3タイプの中で一番衛生的だといえるでしょう。

トイレにそのまま流せるタイプなら、汚れたクリーナー部分との接触も最低限で済みます。
トイレ用洗剤がいらない便利な商品も!

第3位|レック トイレの激落ち ワンタッチ交換クリーナー

メーカー レック
本体サイズ 65×75×275mm

リーズナブルで省スペース

「激落ちくん」で有名なレックによる、使い捨てタイプのトイレブラシです。
交換用スペアを本体に差し込むだけで使用できます。

先端の使い捨てクリーナーが、トイレのフチ裏までしっかりフィット。
使用後のクリーナーは、ボタンを押すだけのワンタッチ操作で捨てられるので、手が汚れません。

加えて値段が安く、使い続けやすいのも嬉しいですね。
コンパクトなので、狭いトイレでも場所を取りませんよ。

リーズナブルな使い捨てトイレブラシを探している人におすすめです!
汚れをかき取る研磨剤入りタイプも販売されています。

第2位|3M スコッチ・ブライト 取り替え式トイレクリーナー洗剤付トイレブラシ

メーカー 3M(スリーエム)
本体サイズ 126×96×262mm

Amazonで人気!ゴシゴシ磨けるタフな使い捨てブラシ

使い捨てのトイレブラシは力を入れて磨くと、先端のクリーナーが本体からポロッと外れてしまうことも…。
ですが3Mの使い捨てブラシは、ゴシゴシ磨いても大丈夫。

特殊形状のスポンジが、便器のフチ裏にしっかりフィットし、汚れをパワフルにかきとります。
スポンジには最初から洗剤がついているので、トイレ用洗剤を別で用意する必要がありません。

クチコミでも、「ゴシゴシ力を入れても、スポンジが本体から外れにくい!」「クリーナーの形や硬さがちょうどよく、磨きやすい」と好評。
クリーナーは毎回取り換えるので、いつでも清潔です。
使い捨てブラシでも、便器のフチ裏までゴシゴシこすってがっつり掃除したい人におすすめです!

第1位|スクラビングバブル 流せるトイレブラシ 除菌消臭プラス

メーカー ジョンソン
本体サイズ 130×80×255mm

洗剤いらず!トイレに流せる「スクラビングバブル」

使い捨てタイプの第1位は、スクラビングバブル!
「トイレに流せる使い捨てブラシ」の定番商品です。
ブラシ自体に濃縮洗剤がついているので、トイレ用洗剤を用意する必要がありません。

しかもこの洗剤には、「汚れを落とす」だけではなく、「除菌」と「消臭」の効果も。
便器内を99.9%除菌し、一週間汚れを防ぎます。

掃除後は手元のレバーを操作するだけで、便器にブラシをポイッと捨てられますよ。
付属の専用ホルダーはとてもコンパクトなので、狭いトイレでも場所を取りません。

クチコミでも、「清潔で、トイレ掃除のストレスがなくなった」「もっと早く買えばよかった!」と、一度使ってやみつきになった方々の意見がたくさん書き込まれています。
汚いトイレブラシを置いておきたくない人、清潔感重視の人におすすめです!

まとめ

  • トイレブラシ マーナ 2in1
  • トイレブラシ サンアート アヒル
  • トイレブラシ ジョセフジョセフ フレキシブルヘッド
  • トイレブラシ スクラビングバブル 流せる
  • トイレブラシ スコッチ・ブライト 取り替え式

今回は、トイレブラシのおすすめ15選を人気ランキング形式でご紹介してきました。
やさしく洗いたいならスポンジタイプ、蓄積した汚れをゴシゴシ洗いたいならブラシタイプがおすすめです。

「不衛生なトイレブラシを置いておくのは気になる…」「掃除のときに手を汚したくない」という人は、使い捨てタイプを選ぶといいでしょう。
使い捨てタイプの中でも、トイレへそのまま流せて洗剤もいらない「スクラビングバブル」はとくに人気があります。

出し入れしやすく邪魔にならない、収納性にこだわった商品も多いですよ。
こまめに掃除したくなるような、使いやすいトイレブラシを見つけてくださいね!

トイレブラシの売れ筋ランキングをCheck!!