一人暮らし向けベッドのおすすめランキング10選!ワンルームにも

和田 平助

和田 平助

メンズ用品アドバイザー

一人暮らしにおすすめの収納付きベッド
一人暮らしにおすすめの収納付きベッド

快適な睡眠をとるためには、自分にあった「ベッド」を選ぶことが重要です。
質のよい睡眠をとることができれば、健康面でも精神面でも大きなメリットがあります。

とはいえ、一人暮らしの方では「ベッドの置き場所がない…」「ワンルームだからベッド下のスペースも有効活用したい」という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、一人暮らしのお部屋に適したおすすめのベッド10選を人気ランキング形式でご紹介。

ニトリの収納付きベッドやLOWYAのおしゃれなロフトベッド、タンスのゲンが販売するソファベッドなど、一人暮らしの方におすすめできる商品だけを厳選しました。
あわせて自分のお部屋に適したベッドの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしに適したベッドの選び方

一口に「一人暮らし」といってもお部屋の広さや性別、身体の大きさなどはさまざまですので、一概に「こんなベッドがおすすめ」とは言えません。
自分にピッタリのベッドを見つけるためには、以下の2項目をチェックするのがおすすめです。

  1. サイズ
  2. タイプ

ベッドの最適なサイズはお部屋の広さや体格によって変わってきますし、タイプは利便性に直結する重要なポイントです。
それぞれの項目を、以下でくわしく解説していきます。

一人暮らしのベッドサイズはシングルかセミダブルがおすすめ

一人暮らしのお部屋に適したベッドのサイズを選ぶうえでは、「ちょうどよい」サイズを選ぶことが重要です。
ベッドが大きすぎるとお部屋に圧迫感が出てしまいますし、逆に小さすぎると寝返りが阻害されて睡眠の質を低下しかねません。

そのため、ベッドのサイズはお部屋やご自身の体格にあわせたものを選びましょう。
シングル〜ダブルまでのベッドサイズを以下の表にまとめました。

サイズこんな人におすすめ
シングル
約100×200cm
1人で使う方におすすめだが、体格のよい方はワンサイズ上を選ぶべき
セミダブル
約120×200cm
1人で広々と使いたい方におすすめ。成人2人の使用ではやや狭いと感じることも
ダブル
約147×200cm
一般的な2人用ベッド。2人での使用はもちろん、1人で贅沢に使いたい方にもおすすめ

このほかクイーンやキングなどもありますが、一人で快適に眠れる大きさとしてはセミダブルくらいがおすすめです。
女性であればシングル、男性であればセミダブルを目安として、体格がいい方や寝返りを自由に打ちたい方は1サイズか2サイズ上を選択するとよいでしょう。

またベッドを購入する前には、サイズ表を参考にして設置スペースがとれるかどうか、ベッドを置くことで動きにくくならないかどうかを確認しておくと失敗がありません。

一人暮らしにおすすめのベッドタイプ

一人暮らしをしている方のお部屋は、そこまで広くないケースが多いかと思います。
そのため、単純にベッドとしてしか機能しないものではなく、収納スペースがあったり、ソファとしても使えるようなベッドがおすすめです。

ベッドにはさまざまなタイプがありますが、一人暮らしの方にとくにおすすめなのが収納付きベッド・ロフトベッド・ソファベッドの3種類。
各タイプの特徴について、以下でくわしく解説していきます。

収納付きベッドは寝心地と収納性を両立できる

一人暮らしをしていると、悩みがちなのが収納スペースです。
押入れやクローゼットに物を詰め込んでも、それでも足りないといった方も多いのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが、収納付きベッドです。
一般的なベッドに収納スペースがプラスされたようなタイプなので、「ロフトベッドやソファベッドでは寝心地が不安…」という方でも安心して使えます。
収納付きベッドには、ベッド下に引き出しが入っている「引き出し収納式」と、床板全体が跳ね上がり、ベッド下全体が収納スペースとなる「跳ね上げ収納式」の2種類があります。

引き出し収納付きタイプは、物をすぐに取り出したりしまったりできることが魅力ですので、頻繁に着る衣類や日用品などを収納するのに便利。
いっぽうの跳ね上げ収納付きタイプは、ベッド下のスペースを最大限に使えるため、スーツケースや毛布など、大きめの物を収納することに向いています。

脚が長いタイプのベッドであれば収納ボックスを活用することもできますが、収納付きベッドはサイズに対してピッタリの収納スペースが設けられているため、より効率的に使えます。
スタンダードな脚付きベッドフレームも候補に入れたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてください。

ベッドフレーム

ベッドフレームのおすすめ人気ランキング10選!選び方も解説

2019/12/11

ロフトベッドはベッド下の空間を自由に使える

ロフトベッドはベッド下の空間を自由に使えることが魅力で、ソファやデスク、収納棚などを設置できます。
そのため、一人暮らしでコンパクトなお部屋に住んでいる方に適しています。
ただ、就寝・起床時の昇降が面倒なことや、サイズが大きすぎると部屋に圧迫感が出てしまうことは難点。

ちなみに上述した昇降に関しては、はしごタイプと階段タイプの2種類があります。
はしごタイプは省スペースですが、やや昇降しづらいことがデメリット。
いっぽうの階段タイプは、昇降しやすく安全性も高いですが、ベッド脇に取り付けるため階段分のスペースが必要になります。

またロフトベッドの場合、ベッドの高さと床面高も確認しておくのがおすすめ
床面高とはベッドの上面から床までの高さのことで、140cm前後の商品が主流です。
デスクなどを設置して作業スペースにする場合は、自分が椅子に座った高さ(座面から地面までの高さ+座高)を基準に床面高を見て、座ったときに圧迫感がないかどうかで決めましょう。

さらにお部屋の天井の高さもチェックし、寝る時に圧迫感がないか、頭がぶつからないかを確認しましょう。
商品によっては数段階の高さ調節ができるものもありますので、使い勝手がよいロフトベッドを探している方はチェックしてみてくださいね。
そのほか耐荷重も確認したうえで、「マットレスの重量+体重(+ほかに載せるものがあればその重さ)」を計算しておくと失敗しません。

ロフトベッドについては以下の記事でも選び方やおすすめ商品を詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてください。

ロフトベッドの部屋紹介

ロフトベッドのおすすめ人気ランキング10選!子供用も大人用も

2019/12/14

ソファベッドは1台2役でワンルームにもおすすめ

ワンルームに住んでいる方の場合、ベッドとソファを同時に設置してしまうと、お部屋のスペースをかなり占領してしまいます。
そこでおすすめなのが、背もたれを倒したり折りたたんだりすることでベッドにもソファにもなる「ソファベッド」。
1台2役ですので、空いたスペースを有効活用することができます。

さらに収納付きベッドで解説したような、ベッド下に引き出しの付いたソファベッドも販売されていますので、収納スペースにお困りの方はぜひチェックしてみてくださいね。
とても便利なソファベッドですが、構造上どうしても「折り目」ができてしまいます。
そのため、どうしてもフラットなベッドよりは寝心地が劣りますし、可変部の耐久面でも不安がありますので、寝心地重視の方は注意が必要です。

一人暮らしにおすすめのベッドとしては上記の3種類以外にも、背が低いことでお部屋を広く見せる効果のある「ローベッド」、使わないときはコンパクトに収納できる「折りたたみベッド」、マットレスとベッド一体型の「脚付きマットレス」があります。
それぞれ以下の記事でおすすめ商品や選び方などを解説していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

【一人暮らし向け】収納付きベッドのおすすめ人気ランキングTOP4

それでは、まずは収納付きベッドのおすすめ人気ランキングTOP4からご紹介します。
収納付きベッドは、寝心地を重視しつつも、収納スペースも確保したい方におすすめです。

ベッドサイズや収納サイズのほかにも、棚やコンセントの有無も確認して選びましょう。
棚が付いていれば読みかけの本やメガネなどの小物を置けますし、コンセントが付いていれば枕元でスマホの充電などをすることも可能です。

第4位|大量収納 跳ね上げ式 畳ベッド

メーカー家具レンジャー
サイズシングル(99×212×80cm)
収納サイズ92.4×92.5×32.5cm ×2つ(跳ね上げ収納)
〇(コンセントあり)

跳ね上げ式を採用して大容量の収納力を実現!

「大量収納 跳ね上げ式 畳ベッド」は、跳ね上げ式を採用した収納力に優れるベッドです。
収納スペースはW92.4cm×D92.5cm×H32.5cmが2つあり、衣類や本などの小物はもちろん、使っていない寝具やスーツケースなどの大きい荷物も収納可能。

ベッドサイドには通気孔が開けられていますので、通気性が確保されているのも嬉しいポイントです。
床面には畳が使われているため、木やスチールのベッドフレームと比較してやわらかく、保温性にも優れています。
またカラーも4種類ありますので、お部屋のテイストにあわせて選ぶことができますよ。

クチコミでは、大容量な高い収納力を称賛する声が目立ちます。
跳ね上げ式のベッドで、収納力の高い商品を探している一人暮らしの方におすすめです。

第3位|やさしいシリーズ 日本製 収納付きベッド ラフラン

メーカーやさしいシリーズ
サイズセミダブル(121×215×77cm)
収納サイズ大:96×40×10cm ×1つ
小:90×35×10cm ×1つ
〇(コンセントあり)

棚の機能が充実した、オシャレに使える収納付きベッド

やさしいシリーズの収納付きベッドは、ベッド下収納に加えて棚の機能性に優れた商品です。
収納は大と小の2種類を備え、ベッドの左右どちら側でも使える構造になっています。

引き出しの中には仕切りが付いているので、細かいものでも収納しやすくなっているのも大きな魅力。
また棚にはちょっとしたテーブルにもなるフラップ扉が付けられていて、中にはインテリアとして見せたくない物をしまっておくことも可能。
閉じた状態ではタブレットを立てかけることもできますし、反対側にはスマホスタンドも付けられています。

クチコミではデザインのキレイさが評価されています。
そのため、扱いやすい棚付きベッドを探している方や、インテリアにこだわりのある方におすすめです。

第2位|源ベッド 収納ベッド 日本製フレーム 五杯収納 ヘッドレス

メーカー源ベッド
サイズシングル(97×199×46cm)
収納サイズ大:90×39×13cm ×2つ
小:41×39×13cm ×2つ
深:24×190×41cm ×1つ
✕(コンセントなし)

5つの引き出しでバツグンの収納力!

源ベッドの「五杯収納 ヘッドレス」は、高い収納力をほこる商品です。
大・小の2つと、深さのある5つの引き出しがあり、多くの物をしまうことができます。

引き出しの数が多いので、衣類や靴、本やDVDなどをジャンル別に収納するなど、整理整頓がしやすいことも大きな特長。
サイズも3種類なので、さまざまな使い方が考えられます。
また棚のないヘッドレスタイプのため、コンパクトなお部屋でも圧迫感を与えないことも利点だといえるでしょう。

クチコミではやはり収納力が高く評価されており、コスパのよさを褒める声も見られました。
収納力が高く、スッキリとしたデザインのベッドを探している方におすすめです。

第1位|ニトリ ベッドフレーム アザン アサヒキ25

メーカーニトリ
サイズシングル(97×211×85cm)
収納サイズ87×47×11cm ×2つ
〇(コンセントあり)

ライト&コンセント付き!高機能で収納力も高いモデル!

ニトリが販売する「アザン アサヒキ25」は、ベッドの左右どちらにも取り付けられる引き出しを2つ備えています。
お部屋の壁の位置を気にせず設置できるため、とても使いやすい商品です。
収納スペースの多さと機能性の高さから、堂々の第1位にランクインしました。

収納サイズはひとつW87cm×D47cm×H11cmで、ふたつ合わせるとほぼシングルサイズのベッドと同じ収納スペースがあります。
これだけあれば、衣類や本、その他細々した物も大量に収納できそうです。

また高めの棚は背もたれとしても便利ですし、LED照明にコンセントも2口備え付けられています。
クチコミでは収納力・機能性ともに満足度の高いレビューが並んでいます。
使いやすくて、機能性の高い収納付きベッドを探している一人暮らしの方におすすめです。

【一人暮らし向け】ロフトベッドのおすすめ人気ランキングTOP3

続いて、ロフトベッドのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。
ベッド下の空間に机を置いて作業スペースにしたり、収納棚やハンガーラックを設置してクローゼット代わりにしたりと、カスタマイズ性の高さが魅力です。

ベッドサイズや棚・コンセントの有無とあわせて、高さや昇降タイプ、耐荷重もチェックして選びましょう。
高さは使いやすさや圧迫感に影響しますし、昇降タイプは昇り降りのしやすさや安全性を左右します。

第3位|階段付き ロフト システムベッド massa2

メーカースマート・アイ
サイズ103×240×高さ163cm(床面高118.5cm)
昇降タイプ階段
✕(コンセントなし)
耐荷重130kg

デスクも収納棚も付属!圧倒的収納力が魅力!

スマート・アイのロフトベッド「massa2」は、デスクや収納スペースが付属した商品です。
机や棚を別途揃える必要がないため、新生活をはじめる方にはピッタリ。

デスクは113.5×59.5cmと作業をするのに十分な広さで、キャスターが付いているため引き出して使えます
そのため、ロフト下の圧迫感をおぼえることがありません。
またデスクの上には3つに区切られた本棚が備え付けられていて、キャビネットには小物から衣類などさまざまなものを収納できます。

クチコミでは、スペックどおり収納力の高さが称賛されています。
収納力の高いロフトベッドを探している方や、ベッド下スペースを使うための家具を一度に揃えたい方におすすめです。

第2位|LOWYA ロフトベッド コンセント付宮棚 上り下りラクラク階段付き

メーカーLOWYA(ロウヤ)
サイズ101.5×255×高さ173.7cm(床面高130cm)
昇降タイプ階段
〇(コンセントあり)
耐荷重120kg

キシミを低減するマットを採用して安眠をサポート!

ロウヤのロフトベッドは、床面に「キシミ低減マット」を採用することで「ギシギシ」としたキシミ音を低減してくれるベッドです。
寝返りを打つ度に「ギシギシ」と音がなるのは意外とストレスを感じますから、安眠をサポートする意味でも嬉しい工夫ではないでしょうか。

また薄いマットレスを1枚敷いているようなイメージですので、マット分の厚みが加わることで寝心地の向上も期待できます。
階段タイプですので横幅はとりますが、段の下に物を置ける構造になっているので、意外に収納力があるのも魅力。

棚とコンセントも付いているので使い勝手はバツグンです。
クチコミでは作りの頑丈さが評価されています。
機能性の高いロフトベッドを探している一人暮らしの方におすすめです。

第1位|IRIS PLAZA ロフトベッド LXLB-01

メーカーIRIS PLAZA(アイリスプラザ)
サイズ105×205×高さ173cm(床面高137cm)
昇降タイプはしご
✕(コンセントなし)
耐荷重100kg

シンプル・イズ・ベストなデザインで、お部屋がスッキリ見えるベッド

アイリスプラザの「LXLB-01」は、スチールフレームを組み上げたシンプルなデザインが特長的なロフトベッド。
一人暮らしのお部屋は狭いケースが多いので、このくらいスッキリとしていたほうが開放感が生まれます
この開放感があることと、機能性や安全面も高いことから第1位に選出しました。

単純な構造に見えるかもしれませんが、床面下のサイドにある格子にフックを引っ掛けて吊り下げスペースを作ったりと、さまざまな使いみちが考えられます。
また2階部分にはサイドガードが付いていますので、寝相の悪い方でも安心です。

クチコミでは、価格の安さと品質のバランスが評価されています。
そのため、コスパに優れたロフトベッドを探している一人暮らしの方におすすめです。

【一人暮らし向け】ソファベッドのおすすめ人気ランキングTOP3

最後に、ソファベッドのおすすめ人気ランキングTOP3をご紹介します。
ソファとベッドの1台2役ですので、空いたスペースを有効活用できます。

ソファベッドを選ぶときには、サイズのほかにも重量や脚の長さに注目しましょう。
重量が軽いほど、掃除や模様替えのときの負担が軽減されます。
また脚が長いタイプであれば、ベッド下に収納ボックスを設置できますし、立ち座りもしやすくなりますよ。

収納付きベッドのように収納スペースが付属した商品もセレクトしていますので、ぜひ参考にしてください。

第3位|関家具 ソファベッド Cタイプ 173990

メーカー関家具
重量52kg
脚の長さ10cm
ソファサイズ3人掛け(81×196×72cm)
ベッドサイズシングル(100×196×44cm)
収納サイズ164×62×10〜14cm

カラフルなパッチワークがオシャレ!大容量収納スペースも付属!

関家具の「173990」は、モダンなお部屋にピッタリのカラフルなパッチワークがオシャレなソファベッドです。
ソファ時には3人が広々と座ることができるので、ソファ単体としても使えそうですね。

表層にはやわらかめのウレタンを使い、下には多くのソファで使用されているSバネ構造を採用することで、心地よい座り・寝心地を実現しつつも身体をしっかりと支えてくれます。
また座面の下には、W164cm×D62cm×H10〜14cmの広々とした収納スペースが設けられているので、さまざまなものを収納可能。

クチコミでは、デザイン性の高さや扱いやすさが評価されています。
個性的なデザインのソファベッドを探している一人暮らしの方におすすめです。

第2位|モダンデコ 2人掛け リクライニング ソファベッド massimo

メーカーMODERN DECO(モダンデコ)
重量74.5kg
脚の長さ2cm
ソファサイズ2人掛け(75×157×80.5cm)
ベッドサイズシングル(100×207×37cm)
収納サイズ引き出し:57.5×45cm
肘掛け収納棚:75×15×52cm
スツール:87×43×12cm

収納棚やスツールも付属した収納力の高さが魅力!

モダンデコの「massimo」は、引き出し・肘掛け収納棚・スツールの3箇所に収納スペースを備えたおしゃれなソファベッドです。
肘掛けは裏側が区切りのある棚になっていて、小物や書籍などを置くことができます。
スツールは跳ね上げ式のように開けるタイプで、収納ボックスのように使用可能。

また自由に移動できますので、L字ソファにしたりオットマンスタイルにしたりと汎用性の高さも魅力。
背もたれを引っ張ると、ドリンクホルダーの付いたセンターテーブルが現れる構造となっていて、使いやすさはバツグンです。

クチコミでは収納力のほかにも、デザインや作りの確かさが評価されています。
収納力があり、機能性の高いソファベッドを探している一人暮らしの方におすすめです。

第1位|タンスのゲン ソファベッド リクライニング 31200001

メーカータンスのゲン
重量30kg
脚の長さ18cm
ソファサイズ3人掛け(75×180×73cm)
ベッドサイズシングル(90×180×37cm)
収納サイズ✕(収納スペースなし)

シンプルでオシャレな3人がけ可能なソファベッド

タンスのゲンが販売する「31200001」は、3人がけでゆったりと座れるソファベッド。
シンプルで落ち着いたデザインと色味も好印象で、どんなお部屋にもマッチしそうです。
どなたにもおすすめできそうなデザイン性と、後述する座り心地・寝心地のよさから第1位にランクインしました。

中材は高密度なウレタンを3層に重ねたトリプルウレタン構造になっており、ほどよいかたさと反発力で、座っている時も就寝時もしっかりと身体を支えてくれます
また脚は取り外しが可能で、床に直置きのローソファとしても使える汎用性の高さも魅力。

耐荷重もソファ時は150kg、ベッド時は100kgと、体重のある方でも安心です。
クチコミでは、座り心地や寝心地が高く評価されています。
そのため、寝心地のよいソファベッドを探している一人暮らしの方におすすめです。

まとめ

一人暮らしにおすすめの収納付きベッド

今回は、一人暮らしのお部屋におすすめできる「収納付きベッド」「ロフトベッド」「ソファベッド」の人気ランキングをそれぞれ紹介してきました。
圧倒的な収納力を誇る収納付きベッドや、シンプルでおしゃれなソファベッドなど、どれも一人暮らしに適したベッドだけを厳選しました。

また快適な睡眠のためには、ベッドだけでなくマットレスも重要
マットレスにはポケットコイルやボンネルコイルを使用したコイルマットレスと、低反発や高反発などのノンコイルマットレスがあります。

ほかのベッドも候補に入れて探したい方や、マットレスの購入も検討中の方は、以下の関連記事もあわせて参考にしてください。

ベッドの売れ筋ランキングをCheck!!