おいしさキープ!米びつのおすすめ人気ランキングTOP10

LiQuest編集部

LiQuest編集部

Editorial Dept. -Official-

米びつ
米びつ

お米の保管に便利な「米びつ」
湿気や虫からお米を守り、おいしさを長く保ってくれます。

とはいえ、「使い勝手だけじゃなく、おしゃれな米びつを選びたい!」「そもそも、米びつって本当に必要?」と思っている人も多いのでは?

そこで今回は、おすすめの米びつ10選を人気ランキング形式でご紹介します。
便利な計量機能がある米びつや、おしゃれでインテリア映えする米びつをピックアップしました!

あわせて米びつを使うメリットについても解説しているので、参考にしてくださいね。

米びつのメリットって?お米の正しい保管方法は?

お米を保管するには、以下のような環境が理想的だとされています。

  • 涼しい(15℃以下)
  • 湿度(多湿、乾燥)
  • 直射日光が当たらない

米袋にはもともと、陳列のしやすさを考えて、空気を抜くための小さな穴が空いています。
袋の口を閉じていても、この穴から空気が入り込み、カビや乾燥、酸化などが引き起こされるので、きちんと密閉できる別の容器に移し替えることが大切です。

そこで活用したいのが、お米専用の密閉容器である「米びつ」。
お米をしっかり密閉し、乾燥や湿気から守ることで、味の低下を防ぎます。

米びつを置く場所は、冷蔵庫や野菜室がおすすめです。
というのも、お米の品質は、温度が低いほど落ちにくいから。

栽培途中で米粒の中に卵を産み付ける虫も、18℃以上で多湿の条件が揃うと発生し、15℃以下ではほとんど活動しないと言われています。
お米につく虫は一般的に無害だとされていますが、気持ちのいいものではありませんよね。

冷蔵庫であれば約2~6℃、野菜室は約3~8℃を常にキープでき、直射日光も当たりません。
米袋のままでは酸化やニオイ移りのリスクがあり、冷気の吹き出し口付近などは乾燥しやすいため、きちんと密閉できる米びつに入れてあげましょう。

冷蔵保存できない場合でも、必ず「涼しい、湿度が高すぎず低すぎない、直射日光が当たらない」の3条件を満たす、風通しのよい冷暗所で保存してくださいね。
また、置きたい場所に適したサイズも確認して選びましょう。

湿気・虫を寄せつけない!米びつのおすすめ人気ランキングTOP10!

米を密閉保存することで、鮮度の低下や虫の発生が起きにくくなる「米びつ」。
保存時の使い勝手やおしゃれさもアップするので、あると便利なアイテムです。

そんな米びつを選ぶときは、以下2つの項目をチェック!

【米びつ】2つのチェック項目
①容量
精米されたお米は、時間が経てば経つほど、鮮度と味が落ちてしまいます。
なので「大は小を兼ねる」で大きめの米びつを選ぶのではなく、なるべく早く使い切ることを考えて容量を選ぶといいでしょう。
常温の場合、冬場は2か月以内、春秋は1か月、夏場は2週間程度の保存期間を目安に選ぶのがおすすめです。

お米は保存場所の温度が低いほどおいしさを保つことができます。
最近は冬でも家の中が暖かく、一見便利そうなキッチン周りは家電が多く温度が上がっているため、お米の保存にはあまり適していません。
冷蔵庫に入るサイズで、密閉性の高い米びつを選ぶとよいでしょう。

スペースの都合で冷蔵保存できない場合は、上記の期間内を目安に、食べきれる容量を選ぶことが大切です。
たとえば1日2合(300g)のお米を週5日炊飯する家庭であれば、1ヶ月に6kg程度の消費ペースだと計算できます。

②素材
米びつに使われる素材としては、主に以下の4つが挙げられます。
素材によって、お米の保存性を左右する遮光性や防虫効果、調湿効果が変わりますので、それぞれの違いを確認しておきましょう。

素材 特徴
プラスチック 値段が安く、軽い。半透明で中身が見やすい。水洗いも簡単に行える。冷蔵保存しやすい。
ホーロー 壊れにくい鉄がベースの素材になっているため、耐久性が高い。遮光性も優秀。表面はガラスで非吸着性に優れるため、ニオイが素材に移りにくい。ただし重いため持ち上げるのが大変。
ガラス 優秀な湿気対策効果が期待できる。ニオイが移りにくい。透明で中身が見やすくおしゃれ。ただし重いため持ち上げるのが大変で、割れやすい。
桐に含まれるタンニン、パウロニンといった成分の抗菌作用により、防腐・防虫効果がある。湿度が高いときには水分を吸収し、乾燥すると水分を放出する性質により、調湿効果もある。ただし値段は高め。

多湿、乾燥を避けるためには密閉性が重要ですが、これは素材によって左右されるものではありません。
パッキンや内ブタがあると密閉性が高まるので、該当の米びつを選ぶようにしましょう。

総合的に見て一番おすすめなのは、「パッキン付きのプラスチック製」です。
デザイン重視ならホーロー製やガラス製、調湿・防虫効果を求めるなら桐製を選ぶとGood!

また、利便性にも注目。
計量カップ付き、ワンタッチで簡単に計量できるレバー付きなど、見た目や保存性以外の部分にも目を向けて選んでみてください。

それでは、米びつのおすすめ人気ランキングTOP10を発表します。

第10位|カントリーハートワン アンティークガラスジャー

メーカー カントリーハートワン
容量 5kg
本体サイズ 210×210×290mm
本体重量 非公開
素材 ガラス

インテリア映えなら、ガラス製!

おしゃれな見た目にこだわりたい人へおすすめ!
見せる収納に適した、アンティークなガラスジャーです。
5kgのお米が入ります。

パッキン付きで密閉性が高く、湿気や虫からお米をきちんと守ってくれますよ。
ガラス製なので重く、移動させたり洗ったりするのは大変ですが、どの角度からでも残量がすぐに確認できて便利です。

もし米びつとして使わなくなっても、乾物やペットフードの収納に重宝します。
インテリア映えする商品です!

第9位|竹本木箱店 総桐天然木の計量米びつ・米蔵

メーカー 竹本木箱店
容量 10kg
本体サイズ 230×430×450mm
本体重量 2.5kg
素材

湿気に強い桐製

1合ずつの計量機能がついた、伝統の桐製米びつです。
富山の指物師・竹本力雄さんが製作しています。

自然素材である桐には、湿度を一定に保とうとする性質があり、湿気が心配なお米の保管にぴったり。
また、桐に含まれているタンニン、パウロニン、セサミンという成分が、抗菌効果と防腐・防虫効果を発揮します。

湿気や虫を寄せ付けず、いつでもお米をおいしく食べたい人におすすめですよ。
お値段は高いですが、大切に使いたくなる製品!

第8位|山崎実業 密閉 シンク下米びつ タワー

メーカー 山崎実業
容量 5kg
本体サイズ 300×197×192mm
本体重量 約0.88kg
素材 プラスチック

システムキッチンの引き出しに

システムキッチンの引き出しに入れられます!
使い勝手も密閉性も、両方重視したい人におすすめな米びつです。

残量が分かりやすい透明なフタは、パッキンとロック機能付き。
しっかり密閉して湿気からお米を守ります。

また、フタ全面が開くので、お米をすくうのが簡単。
底の形が付属の計量カップにピッタリとフィットし、残りのお米を最後までキレイにすくい取れます。
見た目もスタイリッシュな商品です。

第7位|マッキンリー スリムライスボックス

メーカー マッキンリー
容量 12kg
本体サイズ 100×406×671mm
本体重量 約2.8kg
素材 プラスチック

わずかなスペースにきっちり収まる

「大容量で省スペースな米びつが欲しい!」という人におすすめ。
マッキンリーの米びつは、たっぷり12kg入れられるのに、とっても省スペース。
キッチンのわずかなすき間にスッと収まります。

キャスター付きなので、手前の取っ手をつかんで引き出すことができるのも便利です。
専用アダプターを使えば、無洗米もOK!
また、米受け皿には一度に4合入るので、何度もお米を移す手間が省けます。

クチコミでは、「キッチンがすっきりした」「スリムで使いやすい」と好評。
かぶせるだけのフタなので、密閉性は心もとないですが、使い勝手のよい米びつです。

第6位|野田琺瑯 ラウンドストッカー24cm

メーカー 野田琺瑯
容量 10L
本体サイズ 310×270×245mm
本体重量 2.2kg
素材 ホーロー

しっかり密閉、おいしく保存

お米以外にも、野菜の保存や漬物に使えます!
野田琺瑯製のシンプルなストッカーです。

ホーローは食材の風味や質を変化させにくく、においも移りにくいのが特徴です。
中ブタ付きなので、密閉性も◎。
お米をおいしく保存できます。

丸い形をしているので、引き出しの中で保存すると場所を取ってしまいますが、そのまま置いておいてもインテリアの雰囲気を壊しません。
しっかり密閉して、お米の味をキープしたい人におすすめです。

第5位|アスベル S計量米びつ

メーカー アスベル
容量 6kg
本体サイズ 151×342×353mm
本体重量 1.63kg
素材 プラスチック

キッチンに調和する、おしゃれな米びつ

キッチンに馴染む、デザイン性の高い米びつです。
レバーを上げ下げするだけで、6kgサイズの場合は、0.5合の計量です。
底部にはキャスターがついており、お米で重くなっても転がして移動可能!

サイズは6kg型と12kg型が用意されており、お米の消費量が多いファミリーにも◎。
大容量ながら縦置きなのでスペースを取らず、コンパクトに収納できます。
小さな窓から内部の残量を確認できるのも便利です。

クチコミでは、「容量が大きくてデザインもおしゃれ」「台所に調和する」と好評。
パッキン付きなのもポイントです。
インテリア性の高い米びつを探している人におすすめですよ。

第4位|伊勢藤 お米袋そのまま保存ケース

メーカー 伊勢藤
容量 2kg
本体サイズ 113×220×226mm
本体重量 非公開
素材 プラスチック

袋のまま保存OK!

容量2kgのコンパクトな米びつです。
お米を袋のまま入れることができます。

お米がなくなるごとに洗ったり、封を開けて中身を注いだりするのは、意外と面倒なもの。
この米びつならそういった煩わしさがなく、家事の手間も増えないので快適です。

フタにはパッキンがついておらず、かぶせるだけのもので密閉性は低いですが、冷蔵庫に入れられます。
プラスチック製なのでお手入れが簡単で、持ち運び用の取っ手もついていますよ。
一人暮らしなどで手軽に使える、リーズナブルな米びつが欲しい人におすすめです。

第3位|アスベル 計量こめびつ

メーカー アスベル
容量 6kg
本体サイズ 150×350×360mm
本体重量 非公開
素材 プラスチック

すき間に収まるコンパクトな米びつ

キッチンのすき間におさまる、縦型の米びつ。
ロングセラーシリーズの商品をリニューアルしたもので、レバーを上下させて計量するタイプとなっています。
第5位で紹介した「S計量米びつ」と同じアスベルの商品ですが、こちらのほうがお米の残量が一目でわかりやすいです!

無洗米は既に米ヌカを落としている分、普通の米粒より小さくなっているため、普通の米と同じ計量方法だと米の量が多くなってしまいます。
ですがこの商品は、アダプターを取り付ければ無洗米も計量できるのがポイント。
分解すればすみずみまで清潔に洗うことができ、組み立ても簡単に行えます。

接地面にはキャスターがついており、お米を入れて重くなったら転がして移動OK!
クチコミではあまり密閉できないとの意見もありますが、「スリムで場所を取らない」と好評です。
残量のわかりやすさを重視したい人や、省スペースな米びつが欲しい人におすすめです。

第2位|アスベル 密閉米びつ2kg

メーカー アスベル
容量 2kg
本体サイズ 167×110×293mm
本体重量 約0.25kg
素材 プラスチック

冷蔵庫のドアポケットにも収納可能

冷蔵庫の中でお米を保存したい人や、一度に買うお米の量が少ない人におすすめ!
Amazonで2000件以上のレビューが寄せられている(2020年5月21日現在)、容量2kgのコンパクトな米びつです。

サイズが小さいため、低温でお米の品質を保つのに最適な冷蔵庫の中に入れることができます。
縦置きも横置きも可能で、保管場所を圧迫しません。
プラスチック製なので軽く、出し入れもラクラク!

パッキン&ロック構造により、しっかり密閉できるのもポイント。
値段が安いのも嬉しいですね。

第1位|パール金属 RICE お米袋のままストック5kg用

メーカー パール金属
容量 5kg
本体サイズ 310×155×320mm
本体重量 0.646kg
素材 プラスチック

お米を袋のまま入れられる

第1位は、「米」の文字をデザインに取り入れたこちらの製品。
お米袋をそのまま収納できるため、米びつに移し替える手間が省けます。

米びつの中が汚れにくく、毎回洗わなくてOKです。
プラスチック製なので軽く、取っ手がついており、簡単に持ち上げることができるのもメリット。

クチコミでは密閉が甘いとの意見もありますが、「扱いが楽なものを選びたい」「毎回お米を入れ替えるのが面倒」という人におすすめです。
カラーは全4色あり、シンプルながらゴミ箱っぽくない米びつらしいデザインが好評です。
ちゃんと計量カップもついていますよ。

まとめ

米びつ

今回は、米びつのおすすめ10選を人気ランキング形式でご紹介してきました。

米びつを使うときに注意してほしいのが、「お米の注ぎ足し」です。
お米を注ぎ足すと、お米の劣化や虫の発生が起きやすくなるので、毎回中身を使い切ったら洗い、それから新しいものを入れるようにしましょう。

また、米びつは使っているとだんだん汚れてきて、内部に酸化した白い粉がつくこともあります。
この場合はすぐに洗いましょう。
こまめに洗浄し、注ぎ足さずに使うことが、おいしくて安全なお米を食べるコツです。

精米機

鮮度バツグンのお米を!精米機のおすすめ人気ランキング10選!

2018/7/29
土鍋

お米も美味しく炊ける!土鍋のおすすめ人気ランキングTOP10!

2019/5/3
炊飯器

自宅でプロの味を再現!炊飯器のおすすめ人気ランキング10選!

2018/9/23

米びつの売れ筋ランキングをCheck!!