体内活劇「はたらく細胞」の囲み取材レポート

体内活劇「はたらく細胞」の囲み取材とゲネプロが、本日2018年11月16日(金)に、シアター1010にて行われた。

はたらく細胞

© LiQuest-Press

ゲネプロ直前の囲み取材の模様をお届け!

本作は、シリーズ累計発行部数300万部突破、TVアニメ化もされた大人気「体内擬人化」漫画・清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)の原作コミックスを、衝撃の舞台化。囲み取材には、出演者を代表して、和田雅成、七木奏音、君沢ユウキ、馬場良馬が出席した。

赤血球役の七木は、「ついにこの日が来まして、早く、とにかくこの稽古場のみんなを観て欲しかったので、すごく楽しみにしています」と初日を迎える直前の気持ちを語った。また、白血球(好中球)役の和田は、「白血球って、雑菌とかを見つけた時はすごい形相なんですけど、ちょっとした天然さがあるんですよね。僕はその天然さが白血球のすごく可愛いところでもあると思うので、そこが僕の可愛さとマッチするところだと思います」と自身の役の見どころを照れながらアピールした。

はたらく細胞

© LiQuest-Press

はたらく細胞

© LiQuest-Press

さらに、君沢が、「アメリカの海軍じゃないですけど、強めの特殊部隊な感じで。男の子としてはすごくテンションが上がる服だなと思って。筋肉もちゃんと鍛えてきました!」、馬場が、「この舞台史上一番お金がかかってます。その分に見合ったお芝居で、還元できればいいな、と」と、自身の舞台衣装についても触れ、芝居への意気込みを見せる。

はたらく細胞

© LiQuest-Press

はたらく細胞

© LiQuest-Press

最後の挨拶では、七木が、「みんなで楽しめる作品になると思います。とにかくお勉強できるお話にもなっているので、観て良かったなと、(観客が)元気になって帰って、長生きしてくれたらいいな(笑)。頑張ります」、和田が、「この作品は、『楽しく学べる』を僕的テーマに挙げてて。お客様と一緒に楽しんで学んでいけたらなと思っております」と、ファンに向けてメッセージを残した。

はたらく細胞

© LiQuest-Press

公演概要

はたらく細胞

© 清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018

Information

  • 公演日程:2018年11月16日(金)~11月25日(日)
  • 劇場:シアター1010
  • スタッフ:
    原作:清水 茜(講談社「月刊少年シリウス」連載) 
    演出:きだつよし
    脚本:川尻恵太(SUGARBOY)  
    制作:トライフルエンターテインメント
    主催:体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト
    (アニプレックス、トライフルエンターテインメント、講談社)
  • キャスト:
    和田雅成 七木奏音/
    君沢ユウキ/山田ジェームス武 戸谷公人 茉莉邑薫 太田将熙/
    平田裕香 甲斐千尋 川隅美慎 正木 郁 岸田結光 森田 恵 木内彩音/

    阿瀬川健太/松本城太郎 菅野慶太 福田圭佑 来夢 髙久健太
    高橋 凌 網代将悟 栗本佳那子 松田祐里佳 田中里奈 柿の葉なら/

    増田裕生 髙木 俊 馬場良馬 富田翔

© 清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2018

Gallery