ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈インタビュー

テレビ神奈川にて10月16日より毎週水曜21時〜、TOKYO MXにて10月14日より毎週月曜20時〜、BS12にて10月20日より毎週日曜19時〜、他各局にて放送のドラマ「おいしい給食」。
10月から始まった本作もいよいよ最終話に突入します。
(なお、福島中央テレビにて、12月18日より毎週水曜日25:39~スタート。)

本作は、給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディ。
1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子供たち、大人たちのさまざまな人生模様が、食欲をそそる給食バトルと共に紡がれる!

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナルインタビュー写真1

LiQuest-Pressは、“給食絶対主義者”の主人公・甘利田幸男役の市原隼人と、甘利田が働く常節中学校に赴任してくる新米教師・御園ひとみ役の武田玲奈へインタビュー。「食もの」ならではの苦労や、2人の食事情についてお聞きしました!

インタビュー:

−今回、初共演となる市原さんと武田さんですが、お互いの印象はいかがでしたか?

市原:撮影現場ではもちろん、常に芝居に対してひたむきな姿がすごく印象的でした。そんな武田さんとご一緒できて嬉しかったです。

武田:市原さんはとてもストイックな方だと感じました。それからセリフの言い回しなど、一体いつどこで思い浮かぶのか不思議なくらい、いろいろなアイデアを持っていらっしゃって、いつもすごいなと思っていました。

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナルインタビュー写真2

−担任と副担任という関係を演じた感想は?

市原:どちらかが近づこうとすると離れていって、逆に片方が離れていくと追いかけたくなるような、付かず離れずの距離感が絶妙でした。演じるうえでも、その距離感を常に意識していました。

武田:生徒に対しての熱さだったり、甘利田先生と御園先生の性格が真逆なので、二人のバランスがおもしろかったです。

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナルインタビュー写真3

−給食を題材とした本作ですが、「食もの」ならではの苦労や大変だったことはありますか?

市原:給食を食べる場面は、毎回2セット食べる必要があって、本当にお腹がいっぱいでした(笑)スープとか、汁物があるときは特に大変でした。給食をよりおいしく感じられるようにと、撮影前に体重を5kg落として、撮影中も給食以外での食事をなるべく控えるようにしていたので、毎回おいしくいただくことができました。

武田:時間をかけながら給食を食べ進めるので、温かいものはだんだん冷めていくし、パンも少し乾いていってしまって…。ちょっとだけ悲しい気持ちになりながら撮影していました(笑)

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナルインタビュー写真4

−劇中に登場した給食で印象に残っているものは?

市原:きな粉パンはやっぱり今でもおいしかったです。大人になるにつれていろいろな味を知るので、もしかしたら味気なく感じてしまうのかなと思っていましたが、久しぶりの給食は予想以上のおいしさでした。栄養バランスもしっかり考えられていますし、改めて給食がある日本に生まれてよかったと実感しました。

武田:私はコッペパンが一番好きでしたね!あと、ミルメークを久々に飲んだら、学生の頃よりも甘く感じて、私も大人になったのかなって思いました(笑)

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナルインタビュー写真5

−お二人が給食の献立を考えるなら、どんなメニューにしますか?

武田:女子だからデザートにはこだわりたい!自分が学生だったときも、デザートがあるとすごくテンションが上がったので…!給食だとフルーツが多いイメージですが、チョコレートとかケーキをつけたいです。

市原:意外と食材について知らないことが多いと思うので、実際に自分たちで調達してきたものを給食として出せたらいいですよね。素材への理解を深めたら、食べるのがもっと楽しくなる気がします。

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナルインタビュー写真6

−市原さんと武田さんの食に対するこだわりは?

市原:おいしいものを食べるためなら妥協しません!自分でもよく料理をするんですが、包丁とか調理器具にもこだわりますし、市場に行って素材から選んだりもします。新鮮なものを自分の目で見極めて、それを調理して食べるのが好きです。

武田:大好きなとんかつは月に1度まで。本当はもっと食べたいけど、体型を維持するために月1の楽しみで我慢しています…!あと、おでんとごはんの組み合わせは絶対なし!

市原:え!逆に、おでんとごはん一緒に食べる人いるの!?

武田:実は武田家がそうなんです。当たり前のように一緒に出てきていたんですが、私はそれがずっと苦手で…。当時はどうにかして食べていたものの、今はその組み合わせが考えられないです(笑)

市原:おかずでおでんが出てくるってことか…!今度やってみようかな(笑)

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナルインタビュー写真7

−給食に本気で挑む甘利田にちなみ、お二人がついつい本気になってしまうものを教えてください!

市原:僕はカメラです。写真を撮るためだったら、どこにでも行きます。18歳のときに興味を持ち始めて、知り合いのカメラマンの方に教えていただきながら勉強しました。形を撮るのも、人の感情を撮るのも好きで、カメラは自分にとって勇気を持てる道具なんです。一瞬を切り取る魔法のようなものであり、時を越えても残り続けるのが素敵だと思います。

武田:私はゲームです。周りに好きな友達が多かったこともあって、気づいたら自分もハマっていました。最近はマリオカートをよくやっていて、FPSなんかもします。そこまでストイックにやり込むわけではないけど、いざやるぞってなったら、ついつい夢中になって力んじゃってますね(笑)

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナルインタビュー写真8

プロフィール:

市原隼人(いちはら はやと)●1987年2月6日生まれ。神奈川県出身。2019年は、4本の映画に出演し、主演作『桜咲く頃に君と』、『喝風太郎!!』が公開し、2020年には『おいしい給食』の映画化が決定。ドラマに引き続き主演を務める。

武田玲奈(たけだ れな)●1997年7月27日生まれ。福島県出身。グラビア出演をきっかけに注目を集め、現在は女性ファッション誌『non-no』専属モデルを務める。またAbemaTVドラマ「御曹司ボーイズ」に出演するなど、女優としても活躍中。

あらすじ:

1984年夏。常節中学校の校門に立つ数人の教師と当番の生徒。登校する生徒たちに挨拶している。その中に立つ教師、甘利田幸男(市原隼人)。甘利田には秘密があった。それは、給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」であること。給食のために学校に来ているといっても過言ではない、給食マニア教師・甘利田は、ただ心の奥底で給食を愛するだけ。教師が生徒以上に給食を楽しみにしているなどと知れたら、威厳が失墜するからだ。

だが、そんな彼の前にある一人の生徒が挑戦状を叩きつけることになる。彼の名前は神野ゴウ(佐藤大志)。給食に愛がある故に変革を求める13歳だ。どちらが給食を「おいしく食べるか」。給食マニアの教師と生徒の、静かな「闘い」がはじまろうとしていた。

一方、御園ひとみ(武田玲奈)が、3ヶ月の臨時雇いで、常節中学校に赴任してくる。彼女は甘利田が担任を務める1年1組の副担任を受け持つことになるが、赴任早々に給食費が無くなる事件が起こる…。

プレゼント:

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈 LiQuestオリジナル 直筆サイン入りチェキプレゼント

市原隼人×武田玲奈の直筆サイン入りチェキをLiQuest-Press公式Twitter(@LiquestPress)のフォロワーの中から抽選で1名様にプレゼント。LiQuest-Press公式Twitterが投稿しているドラマ「おいしい給食」関連のツイートをリツイートしたら応募は完了です。当選者の発表は、Twitterのダイレクトメッセージをもって代えさせて頂きます。当選通知後、指定期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとみなします。また、プレゼントの発送は日本国内に限ります。応募締め切りは、2019年12月29日(日)まで。是非ご応募下さい♪

Information

ドラマ「おいしい給食」市原隼人×武田玲奈

ドラマ「おいしい給食」

テレビ神奈川 2019年10月16日(水)スタート 毎週水曜 21:00~
TOKYO MX 2019年10月14日(月・祝)スタート 毎週月曜 20:00~
BS12 トゥエルビ 2019年10月20日(日)スタート 毎週日曜 19:00~
ほか

  • 出演:市原隼人、武田玲奈、佐藤大志、豊嶋花、辻本達規(BOYS AND MEN)、いとうまい子、酒向芳 ほか
  • 監督・脚本:綾部真弥・田口桂
  • 企画・脚本:永森裕二
  • プロデューサー:岩淵規
  • フードスタイリスト:松井あゆこ
  • 主題歌:『君の花』作詞・作曲:こんどうたかふみ 歌:松本大輝(AMG MUSIC)
  • 製作:「おいしい給食」製作委員会
  • © (C)2019「おいしい給食」製作委員会