映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』小笠原海インタビュー

7月19日(金)より全国ロードショーの映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』。

本作の原作は、2018年7月に『東京喰種 トーキョーグール:re』の最終巻にて完結を迎えた、全世界累計発行部数4400万部を誇る超人気コミックス。
2017年7月には実写映画『東京喰種 トーキョーグール』が世界29ヶ国で公開され、世界的な大ヒットを記録しました。
今回公開されるのは、新たなスタッフにより進化した待望の実写映画続編!

LiQuest-Pressは、カネキが唯一心を許せる親友・永近英良(ヒデ)役の小笠原海へインタビュー。
“執着する”くらい大好きなもの、食に対するこだわりとは…? 自身も大の「東京喰種」ファンだという彼ならではのオススメシーンも必見です。

インタビュー:

― 待望の続編公開となりますが、前作に引き続きヒデとして出演した感想は?

「もともと原作の大ファンだったので、再び実写化が実現したことも、続投できたことも本当に嬉しかったです。今回映画で描かれているパートには、本来ヒデはほとんど登場しないのですが、『ヒデはカネキにとって大事な人物だから』とプロデューサーが出演シーンを増やしてくださり、ヒデという人物の重要性を再認識することができました。」

― ヒデは窪田正孝さん演じるカネキの親友という役どころですが、前作と今作で窪田さんに対する印象の変化はありましたか?

「一緒にごはんに行ったり、超特急のライブにも来てくださって、より距離が縮まったように思います。窪田さんには前作のときから良くしていただいて、僕にとって尊敬できる先輩であり、頼れるお兄ちゃんみたいな存在です。」

― 今回新たに映画に登場するのが松田翔太さん演じる月山習。ご覧になって、どのように感じましたか?

「変態ではあるけどとても優美で、まさに原作のイメージ通りだと思いました。女性のスタッフさんたちが、月山の美しさにメロメロになっていたのも印象深かったですね。松田さんがクランクアップしたあと、現場では“習様ロス”が起こっていたそうですよ!」

― ぜひその美しさをスクリーンで堪能していただきたいですね! 久しぶりの「東京喰種」の撮影現場はいかがでしたか?

「前回よりもリラックスして臨めましたし、アドリブを交えながら楽しく芝居をすることができました。撮影の合間にはプロデューサーと『東京喰種』への愛を語り合ったり、窪田くんと松田さんと3人で好きなものの話で盛り上がりました。窪田くんと松田さんはバイクと車、松田さんと僕は服好きという共通点があって、会話が弾みましたね。松田さんとは共演シーンがなかったのですが、現場でお会いできて嬉しかったです。」

― 大の『東京喰種』ファンだという小笠原さんが本作で一番オススメしたいシーンは?

「喰種レストランのシーンです。原作に登場するマダムAというキャラクターがさりげなく出てくるんですよ! 見つけたときは思わずニヤッとしてしまいましたね(笑)。超特急のメンバーにも『東京喰種』ファンが多いので、このシーンは特に楽しんでもらえるんじゃないかと思います。」

― 本作最大の見どころといえば、 喰種VS喰種のバトル。小笠原さんが過去に“バトル”した出来事はありますか?

「以前、仕事でタイに行ったときに、市場で値切りバトルをして、Tシャツを70%オフでゲットしました! 『この値段でどう?』って何回も提案しているうちに店員さんと仲良くなって、最終的には『分かった、分かった』って値下げしてくれました(笑)」

― カネキに異様なほど執着する月山にちなみ、“執着する”くらい大好きなものを教えてください。

「買い物ですね。とにかく服が大好きで、暇さえあれば買い物しています(笑)。ネットショッピングだと歯止めが利かなくなって、ついつい買いすぎてしまうことが多いので、やっぱりお店に行って選ぶのがベストです!」

― 月山は喰種の中でもグルメとして一目置かれる存在ですが、小笠原さんの食に対するこだわりは?

「今、ちょうど超特急のツアー中で(※取材日は7月上旬)、揚げものを控えるようにしています。油を取ると体が重くなって動きが鈍くなってしまうので。ライブ当日は納豆と玄米が定番メニューですね。ツアーが終わったら、コロッケが食べたいです!(笑)」

― では最後に、前作から2年という歳月を経ての続編公開ですが、この2年間で成長できたと思う部分を教えてください。

「良い意味で“考えずに”芝居ができるようになりました。わざとらしくなく、自然な演技が少しずつできるようになってきたんじゃないかなと。以前は緊張してしまうことも多かったですが、今は芝居が楽しいと心から感じています。」

(撮影:丸山剛由)

プロフィール:

小笠原海(おがさわら かい)●1994年9月27日生まれ。神奈川県出身。メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急のメンバー。2017年映画『東京喰種 トーキョーグール』、2018年TBS系ドラマ『アンナチュラル』に出演するなど俳優としても活躍中。

あらすじ:

不慮の事故により、人間を喰らわないと生きられない“喰種”(グール)と人間のハーフになってしまったカネキ(窪田正孝)は、葛藤しながらもトーカ(山本舞香)や喰種たちが集う喫茶店「あんていく」でささやかな毎日を過ごしていた。
そんな中、突然現れた男・月山習(松田翔太)から“喰種レストラン”に招待されるのだが、彼は美食家(グルメ)と呼ばれる史上最悪の喰種だった―。
カネキの香りにただならぬ執着を抱き、喰らうためならどんな手段も厭わない月山。
ついに、喰種VS喰種の壮絶なバトルが幕開ける―!

プレゼント:

小笠原海の直筆サイン入りチェキをLiQuest-Press公式Twitter(@LiquestPress)のフォロワーの中から抽選で3名様にプレゼント。LiQuest-Press公式Twitterが投稿している映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』関連のツイートをリツイートしたら応募は完了です。当選者の発表は、Twitterのダイレクトメッセージをもって代えさせて頂きます。当選通知後、指定期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとみなします。また、プレゼントの発送は日本国内に限ります。応募締め切りは、2019年8/4(日)まで。是非ご応募下さい♪

Information


映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』

  • 公開日:2019年7月19日(金)より全国にて公開
  • 配給:松竹
  • 出演者:
    窪田正孝
    山本舞香 鈴木伸之 小笠原海 白石隼也 木竜麻生 森七菜 桜田ひより 村井國夫 / 知英 マギー ダンカン 栁俊太郎 坂東巳之助 / 松田翔太
  • 原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」(集英社ヤングジャンプ コミックス刊)
  • 監督:川崎拓也 平牧和彦
  • 脚本:御笠ノ忠次
  • © 2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©石田スイ/集英社

Gallery