ALL1,500円以下!プチプラアイライナーのおすすめランキング10選

LiQuest編集部

LiQuest編集部

Editorial Dept. -Official-

プチプラアイライナー
プチプラアイライナー

美容のプロでも愛用している人が多い、プチプラ価格の「アイライナー」
最近ではどのメーカーのアイライナーもクオリティが上がっているので、目移りしてしまいますよね。

とはいえ、「プチプラだとにじみそう…」「種類が多すぎてどれがいいかわからない…」なんて方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、1,500円以下の商品に絞った優秀プチプラアイライナーのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介。

マジョリカマジョルカやヴィセ、メイベリン、ヒロインメイク、キャンメイクなどの有名コスメブランドをはじめ、クチコミ評価が高いプチプラアイライナーを徹底比較しました。
第1位に輝いたのは、セザンヌのあのアイライナー!

あわせてプチプラアイライナーだからこそチェックしておきたい、選ぶポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

安さを感じさせない!プチプラアイライナーを選ぶ3つのポイント

プチプラアイライナーは日々新商品が発売され、描きやすさ、仕上がりともに進化し続けています。
今ではデパコスアイライナーと比べても引けを取らないほどキレイに仕上がる商品もたくさん。

ただ高性能のアイライナーばかりだと、どれも良さそうに見えて目移りしてしまいがちですよね。
プチプラ価格とは言えども自分にピッタリのアイライナーを選ぶには、以下3つの項目をチェックすることが大切です。

  1. タイプ
  2. カラー
  3. にじみにくさ

「プチプラだから」といってあまり考えずに直感で選んでしまうと、アイラインが引きにくかったり、色の濃さが物足りなかったり、失敗の原因になります。
基本的な項目ばかりですが、しっかりポイントをおさえて選びましょう。

印象激変!アイライナーのタイプは仕上がりの雰囲気と使いやすさで選ぼう

アイライナーを選ぶうえで重要なのが、自分に合うタイプを選ぶこと。
タイプによって仕上がりの印象がガラッと変わってくるので、普段のメイクを考慮しつつ、自分はどんな印象になりたいかを決めてから選ぶと失敗を防げますよ。

そんなアイライナーのタイプは、主に以下の3つです。

  1. ペンシル
  2. リキッド
  3. ジェル

仕上がりの印象で選ぶことも大切ですが、「なるべく時短でメイクしたい」という方は使いやすさ重視で選んでみるのもおすすめですよ。
それでは、各タイプの特徴について以下でくわしく説明していきます。

ペンシルアイライナーはやさしい印象にしたい人におすすめ

アイライナーの中で、もっとも主流なペンシルタイプ。
ペンシルアイライナーの最大の特長は、3タイプの中でもっともやわらかなアイラインを引けるということ。
しっかり太めにアイラインを引いても肌なじみが良いので、ナチュラルな印象に仕上げられます。

普段ナチュラルメイクの人はもちろん、切れ長の目をやわらげたい場合など目元をやさしい印象に仕上げたい人におすすめです。
失敗しても綿棒などでぼかしやすいのでアイライナー初心者さんにもおすすめですが、にじみやすいという欠点もあるのでこまめな直しが必要になります。

また比較的芯が固めなので、まつ毛の隙間を埋めるように描く「インライン」にもピッタリ
ただなかにはプチプラだと芯が硬すぎてまぶたに色が乗りにくい場合もありますので、注意が必要です。

ペンシルアイライナーに関しては、以下の記事もあわせて参考にしてください。

ペンシルアイライナー

1日中落ちない!ペンシルアイライナーのおすすめランキング10選

2019/8/14

リキッドアイライナーは目ヂカラを出したい人におすすめ

リキッドアイライナーの特長は、筆先やフェルトのペン先ではっきりとしたラインを引けること。
肌へのノリがいいので、アイラインをすっとキレイに引くことができます。
何度も往復してラインを引く必要がないので、まぶたへの負担が少ないこともリキッドアイライナーの魅力。

くっきりしたラインを描けるので、目ヂカラを出したい人におすすめのタイプです。
また筆ペンのようになっているリキッドタイプは、一般的なペンシルタイプより先が細いので、目尻の跳ね上げなど目元の細かい部分にもピッタリ

目頭にラインを入れるときや、アイラインの上からラインを重ねる「ダブルライン」として使うときは、極細タイプのリキッドライナーがとっても便利ですよ。
ただ、あまりにも筆が細いものだと描きにくい場合があるので、描きやすさを求めるなら先は細くても根元が太く安定感のあるモデルを選ぶのがよいでしょう。

リキッドアイライナーに関しては、以下の記事もあわせて参考にしてください。

リキッドアイライナー

にじまずキレイ!リキッドアイライナーのおすすめランキング10選

2019/8/14

ジェルアイライナーは自然なデカ目に仕上げたい人におすすめ

ペンシルとリキッドの中間のような描き心地のジェルアイライナー。
粘着性があり乾くとまぶたにぴったり密着するので、涙や皮脂はもちろんこすれにも強いことが特長です。

一定の濃度が保たれるリキッドと違い、ジェルアイライナーは力の入れ加減によって自然な濃淡が生まれるので、立体感のある目元に仕上げることができます。
はっきりしつつもリキッドアイライナーよりナチュラルな目元になるので、にじみにくさ重視の人はもちろん、「あからさまに描いている感がわかるのは嫌だ」という人におすすめです。
落ちにくいので、化粧直しの時間を取れない日にもピッタリですよ。

たまにはブラック以外も取り入れてみて!カラーアイライナーに注目

「アイライナーはやっぱりブラック!」という人もいらっしゃると思いますが、最近ではブラウンやネイビーなどのカラーアイライナーも人気を集めています。
メイクがマンネリ気味という人でも、目元にカラーを取り入れるだけで雰囲気がガラッと変わるので、一度試してみるのもおすすめです。

代表的なアイライナーのカラーごとに、仕上がりの印象をまとめました。

カラー仕上がりの印象
ブラックはっきりした印象に。ラインを太く引くとモードな仕上がりになる。
ブラウン肌なじみがよくブラックよりナチュラルな印象に。ナチュラルメイクにもピッタリ。
ネイビー涼やかで知的な印象に。白目に透明感を出してくれる。
レッド肌になじみやすく色気のある印象に。赤みメイクにもピッタリ。

カラーは抵抗があるというカラーアイライナー初心者の方は、肌なじみの良いブラウンやネイビーから挑戦すると取り入れやすいですよ。

今回のランキングでは、人気のカラーアイライナーもピックアップ。
価格的にも挑戦しやすい商品ばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

にじみにくさも大事!プチプラアイライナーはウォータープルーフがおすすめ

アイライナーを選ぶときに、やっぱり気になるのが「にじみにくさ」
ほとんどのアイライナーは、汗や涙などの水分に強いウォータープルーフ処方になっています。

にじみにくさを求めてウォータープルーフのアイライナーを選ぶ方も多いと思いますが、実はウォータープルーフは皮脂に弱いという側面があります。
この弱点を克服するために、スマッジプルーフという皮脂に強いタイプのアイライナーもありますが、商品数はかなり少なめ。

メイベリンの「ハイパーシャープ ライナー」のように、なかにはウォータープルーフ処方ながら皮脂にも強い商品もありますので、「皮脂でパンダ目になりやすい…」なんて方はこのような商品から選ぶのもおすすめ。

あくまでスマッジプルーフは皮脂に強いというだけで、全体的な落ちにくさでいうとウォータープルーフの方が優勢です。
今回紹介している商品に関しても、ウォータープルーフ処方のアイライナーを中心にセレクトしています。

安いのに優秀!プチプラアイライナーのおすすめ人気ランキングTOP10

プチプラ商品はデパコスと違って試し塗りができないので、選ぶときの基準がとっても大切。
プチプラのアイライナーを選ぶときは、以下3つの項目をチェックしておきましょう。

  1. タイプ
  2. カラー
  3. にじみにくさ

また同じウォータープルーフタイプであっても、商品によってにじみにくさは変わるもの。
今回は、メーカー公表の情報やクチコミをリサーチして「にじみにくさ」を★5満点で評価しましたので、ぜひ選ぶときの参考にしてみてくださいね。

それでは、プチプラアイライナーのおすすめ人気ランキングTOP10を発表します。

第10位|ドーリーウインク ペンシルアイライナーⅢ ブラック

メーカーコージー本舗
タイプペンシル
カラーブラック
その他のカラー展開ブラウン
にじみにくさ★★★☆☆

ペンシルとは思えない描き心地!くっきり描けるのに優しい仕上がり

つけまつげや二重メイクの老舗メーカー「コージー本舗」が販売する、益若つばさプロデュースのペンシルアイライナー。
かわいらしいパッケージに加えキャップ付きなので、思わず持ち歩きたくなってしまいますね。

こちらのアイライナーは、プチプラなのにスルスル滑るように描けると評判なんです。
クチコミでは「ペンシルがこんなにスルスル描けるなんて!」と驚きの声も上がっていました。
はっきり濃く描けるのに、ペンシル独特のやさしい仕上がりになるのもうれしいポイント。

ただウォータープルーフ処方ではあるものの、人によってはにじみやすいというクチコミがあったので、にじみにくさは星3つとしています。
また、やわらかめの芯で削りにくいという声もあったので、削るときはきちんとシャープナーを使ったほうがよさそう。

やわらかい芯が好きな人や、ペンシルで濃く描きたい人におすすめのプチプラアイライナーです。

第9位|EYEMANIA ミネラルリキッドアイライナー

メーカーEYEMANIA(アイマニア)
タイプリキッド
カラーブラック
その他のカラー展開ブラウン
にじみにくさ★★★★☆

目元にツヤを。ミネラル配合でまぶたの負担を軽減

「敏感肌にも使える!」と評判のまぶたにやさしいリキッドアイライナー。
アイマニアというあまりメジャーではないメーカーが販売していますが、根強い人気のある商品です。

最大の特長は、アイライナーの液にミネラルほか5種類の美容成分を配合していること。
デリケートなまぶたに負担をかけず、つやっぽい目元を演出できます。
クチコミでは、普段アイラインを引くと目がしみるという人でもしみにくいと評判でした。
コシがあってしなるので、描きやすいのもポイント。

しっかり乾かせばにじみにくい商品ですが、なかにはどうしても「にじんでしまった…」という人もいたので、にじみにくさは星を一つ減らしています。
またカラーが薄いグレーよりということなので、漆黒カラーを求めている方には向かないかもしれません。

敏感肌の人や、ブラックでもナチュラルな目元に仕上げたい人におすすめです。

第8位|MAJOLICA MAJORCA クリームペンシルライナー BR611

メーカーマジョリカマジョルカ
タイプペンシル
カラーモカブラウン
その他のカラー展開ココアブラウン / ビターブラック
にじみにくさ★★★★☆

ツルっとまぶたに乗るのが気持ちいい!乾燥肌でも書きやすいのが◎

なめらかな描き心地がクセになる、マジョリカマジョルカのクリームペンシルライナー。
芯がやわらかく太めだから、やさしい雰囲気に仕上がることが特長です。
とくにこのモカブラウンは赤みのある濃いめのブラウンで、やわらかいのにはっきり目元を演出できる人気カラーなんです。

ペンシルアイライナーながら、一度でしっかり色がのるからまぶたへの負担が少ないのも魅力ですね。
またウォータープルーフ処方なので、にじみにくさも十分
ただペンシルなぶん、リキッドタイプのウォータープルーフよりは多少落ちやすいので星は一つ減らしています。

まぶたにやさしいペンシルアイライナーをお探しの人や、やわらかく仕上げたい人におすすめの商品です。

第7位|ロングラスティングアイライナー ダークブラウン

メーカーコージー本舗
タイプペンシル
カラーダークブラウン
その他のカラー展開ブラック / ブラックラメ
にじみにくさ★★★★☆

これぞプチプラ!にじまず描きやすい優秀アイライナー

10位で紹介した商品と同じコージー本舗の、「スプリングハート」という別ブランドから売り出されているペンシルアイライナー。
なんといっても、400円以下の衝撃プチプライスが魅力です。

ご紹介しているダークブラウンは、ほとんどブラックよりの色味。
「ブラックではきつすぎるけど、ブラウンだとなんだか肌になじまない…」という方にぴったりの絶妙な色味なんです。

「総合的に書きやすい・にじまない・発色よし、で毎回こちらに戻ります」
と、クチコミでは安定してずっと使えるアイライナーとして評判でした。
超プチプラなので、まとめ買いしやすくストックを常にもっておけるのもポイントですね。

ウォータープルーフですが、「下まぶたに色が移ってしまう」というクチコミもあったので、にじみにくさの評価は星を一つ減らしています。
下まぶたにフェイスパウダーをつけるとにじみにくくなるということなので、気になる方は参考にしてみましょう。

ブラウンカラーのアイライナーだと肌になじみにくい人や、とにかく安さ重視の人におすすめです。

第6位|Visee リシェ カラーインパクト リキッドライナー

メーカーVisee(ヴィセ)
タイプリキッド
カラーバーガンディ
その他のカラー展開全6色
にじみにくさ★★★☆☆

こんな色味が欲しかった!目じりにガツンと入れたいインパクトカラー

チークも人気のコスメブランド、「ヴィセ」のリキッドアイライナー。
ほかのメーカーにはない、水彩絵の具のような描き心地と明るめのカラーが特長的な商品です。

あの安室ちゃんも使っていたという、「大人のかわいさ」を出せる色味が魅力。
6色展開とカラーのバリエーションも豊富です。
キレイに発色するので、「カラーアイライナーを使ったけどなんだか色がくすんでしまう」なんてこともありません。

また水彩のように水分の多い筆先ですが、肌に乗せるとしっかり密着するのでにじみにくいこともポイント。
ただこすれには弱く、「うっかり手で擦ってしまった日にはにじんで大変なことになります」というクチコミも。
よって、にじみにくさの評価は星3つとしています。

発色がキレイなカラーアイライナーをお探しの人や、いろんなカラーを試してみたい人におすすめです。

第5位|インテグレート スナイプジェルライナー シャドウタッチ ディズニー映画「白雪姫」80周年記念デザイン

メーカーインテグレート
タイプジェル
カラースパークルピンク
その他のカラー展開ライトブルー / ナイトパープル / ブロンズブラウン
にじみにくさ★★★★☆

白雪姫デザインがかわいすぎ!ラメ配合で周りと差がつく目元に

「資生堂」インテグレートのペンシル型ジェルライナーは、ジェルだけどやさしく描けると評判の商品。
このディズニー映画『白雪姫』のパッケージはため息もののかわいさで、なかには「パッケージにひかれて全色買いしてしまった…」なんて人も。

最近大注目のラメ入りカラーライナーで、プリンセスのようなきらめく目元を演出できます。
別売りのカートリッジにも対応していて、反対側にセットできるようになっているのも便利ですね。

「太さがあるので奥二重で細いアイラインだとバランス悪い人や、タレ目っぽくしたい人に合う」
というクチコミの通り、細いラインを引くより太さを活かしてがっつりラインを入れるメイクと相性のいいアイテムです。

なお資生堂のテストでは10時間仕上がりが持続したという実績を誇ります。
ただ皮脂には弱く、「半日でカラーパンダになった…」というクチコミもあったので、にじみにくさは星4つとしました。

奥二重・一重まぶたの人や、華やかな目元に仕上げたい人におすすめしたいプチプラアイライナーです。

第4位|MAYBELLINE NEWYORK ハイパーシャープ ライナー R

メーカーメイベリン
タイプリキッド
カラーソフトブラック
その他のカラー展開全8色
にじみにくさ★★★★☆

極細だから目のキワまでラインが引きやすい!カラー展開の多さも魅力

超極細の筆先で、ラインがきれいに引けると話題の「メイベリンニューヨーク ハイパーシャープ ライナー R」。

超極細タイプは描きにくいこともあるのですが、こちらはブラシの根元を従来より太くすることでコシを出し、手ブレを軽減してくれるのでとっても描きやすいんです。
目尻や目頭などの細かい部分はもちろん、根元の部分で太いラインも描けるのがポイント。

メイベリン独自のインクフィルムを採用することで、ウォータープルーフながら皮脂にもにじみにくくなっています
「今の時期汗をよくかきますが、全然ヨレません。フェスに行っても平気でした!」
とクチコミでもにじみにくさが優秀だと評価されていました。
ただ「マスクをしているととてもにじんだ」という声があったので、惜しくも星を一つ減らしています。

細かい部分まで丁寧に描けるリキッドアイライナーをお探しの方におすすめの商品です。

第3位|ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

メーカーヒロインメイク
タイプリキッド
カラーブラウンブラック
その他のカラー展開漆黒ブラック / ビターブラウン
にじみにくさ★★★★★

信者多し!とにかく落ちない・にじまないアイライナーならこれ

美容系YouTuberの方も多数紹介している、とにかく「落ちない・にじまない」アイライナーといえばこのヒロインメイク。

夜になってもアイラインが消えない、強力なウォータープルーフが特長です。
朝描いたアイラインがきれいにそのまま残ってくれるのが、働く女性にはうれしいポイント。
「手に試し書きしたとき、お風呂から出ても残っていてギョッとしました」
なんてクチコミもあるくらい落ちませんが、クレンジングを使うとすっきり落ちるのでご安心を。

今回ご紹介しているブラウンブラックは茶色よりの黒で、はっきりしつつ漆黒ブラックよりもやさしい印象を与えられる人気カラー。
「仕上がりがほんとうにきれいです」というクチコミもあるように、発色もばっちりなんです。
また「アイライナーの中では群を抜いて描きやすい」と描きやすさも絶賛されていました。

にじみにくさの評価は文句なしで星5つなので、とにかくアイメイクを崩したくないという人にぜひおすすめしたいプチプラアイライナーです。

第2位|CANMAKE クリーミータッチライナー

メーカーキャンメイク
タイプジェル
カラーミディアムブラウン
その他のカラー展開ディープブラック / ダークブラウン
にじみにくさ★★★☆☆

安定のキャンメイク!超極細ジェルライナーでまつ毛の隙間うめも楽勝

これまでに数々のプチプラ優秀メイクアイテムを生み出し、美容家たちを驚かせてきたキャンメイク。
このクリーミータッチライナーも@cosmeのジェルアイライナー部門で2位に入る実力を誇ります。

特筆すべきは、650円とは思えない描き心地
ジェルアイライナーは太芯の商品が多いですが、こちらは1.5mmの超極細タイプなので細かい部分もきれいにラインが引けます
スルスル引けるので、まつ毛の隙間を埋めるように描く「インライン」に使用しても、皮膚をムダに引っ張りません。

リキッド並みにはっきり描けるだけでなく、自然な濃淡が表現できるので目が浮いたような仕上がりにならないのもポイントです。
ただ、「汗をかくとどうしてもにじむ」というクチコミも見受けられたので、にじみにくさの評価は星3つとしました。

リキッドだと目元が浮くという人や、インラインを描くときにペンシルだと痛いという人にもおすすめですよ。

第1位|CEZANNE ジェルアイライナー

メーカーCEZANNE(セザンヌ)
タイプジェル
カラーネイビー
その他のカラー展開ブラック / バーガンディー / ブラウン
にじみにくさ★★★★☆

リピ確定!ジェルライナー初心者でも失敗しない色味と描き心地

お値段以上!と評価が高いのが、「セザンヌ」のジェルアイライナー。
芯が適度な太さで描きやすいので、ジェルタイプのアイライナーがはじめての方にもピッタリなんです。

ザクザクとしたラメが入っていて、さりげなく印象的な目元を演出してくれます。
全4色展開ですが、ダントツで人気なのがこのネイビー。
「ブラックよりもやわらかい印象にしたいけど、ブラウンだとぼやけてしまう…」という方にピッタリなカラーです。
明るすぎない色味で肌なじみも良く、お肌の透明感も引き出してくれます

またウォータープルーフで「インラインに使っても落ちない」というクチコミもあるように、にじみにくさはなかなかのもの。
ただ、「時間がたつと下まぶたに落ちてきます」という声もあったので、惜しくも星を一つ減らしました。

描きやすいジェルライナーをお探しの人や、ネイビーのアイライナーをお探しの人におすすめです。

まとめ

プチプラアイライナー

今回は、ALL1,500円以下で優秀プチプラアイライナーのおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介してきました。

プチプラ価格のアイライナーを選ぶときは、仕上がりの雰囲気をイメージしてペンシルやリキッドなどのタイプを選択することが大切。
あわせて、カラーやにじみにくさもチェックしておきましょう。

プチプラ価格と言っても、なかなか侮れない実力の商品ばかり。
日々進化していくアイライナーですが、必ずしも新商品が自分にとって良いものとは限りません。

大事なのは、自分にピッタリ合っているかどうか
選び方をきちんとおさえて、満足のいくアイライナーを手に入れてくださいね。

アイライナー 女性

目元バッチリ!アイライナーのおすすめ人気ランキング10選!

2018/5/25
プチプラマスカラ

ALL2,000円以下!プチプラマスカラのおすすめ人気ランキング10選

2019/8/13
アイブロウパウダー ケイト

500円以下も!プチプラアイブロウのおすすめ人気ランキング10選

2019/9/4

アイライナーの売れ筋ランキングをCheck!!