おしゃれなローベッド・フロアベッドのおすすめ人気ランキング10選

和田 平助

和田 平助

メンズ用品アドバイザー

ローベッド フロアベッド
ローベッド フロアベッド

一般的なベッドに比べて高さが低く、お部屋に開放感を演出できる「ローベッド」
おしゃれなデザインの商品も多いため、インテリアにこだわりたい方にもピッタリです。

とはいえ、「通気性は大丈夫?マットレスに湿気が溜まらない?」「フロアベッドとの違いは?」などなど、お悩みポイントも多くあるのではないでしょうか。

そこで今回は、ローベッドとフロアベッドの違いや選び方を解説するとともに、おすすめ商品10選を人気ランキング形式でご紹介。
収納スペースやコンセント口が充実したニトリのベッドや、湿気を効率よく逃がせるすのこベッド、モダンな雰囲気でおしゃれなフロアベッドなど、デザインや機能性に注目して厳選しました。

ローベッドの魅力は開放感。デメリットは?

ベッドフレームには、脚のあるスタンダードなタイプのほか、収納付きタイプや折りたたみベッド、ロフトベッドなど、さまざまな種類があります。
そのなかでもローベッドは、上の写真のようにベッド高が低くなっていることが特徴。

短い脚が付いているタイプと、大きな板にマットレスを置くようなタイプがありますが、両者ともに背が低いのでお部屋がスッキリとして広く見える効果があり、開放感が生まれます。

そのため、「ベッドを置くと部屋がせまく見えてしまう…」とお悩みの方にピッタリ。
デザイン性の高い商品も多いので、一人暮らしをしている方はもちろん、おしゃれなベッドフレームを探している方にもおすすめです。

デメリットとしては、ベッド下を収納スペースに使えないこと、一般的なベッドに比べてマットレスが床から近いため、ホコリを感じやすいことなどが挙げられるでしょう。

ローベッドとフロアベッドの違いは?

bed

出典:moshimo.com

ローベッドとよく比較されるベッドフレームとして、「フロアベッド」と呼ばれるタイプがあります。
これらの一番の違いは、マットレスを床面に「置く」のか、「はめ込む」のか、ということ。

ローベッドには脚がない商品もあれば、短い脚が付いている商品もありますが、どちらもフラットな床面にマットレスを置くように敷きます。
いっぽうのフロアベッドには脚がなく、床面に床板やすのこを配置してその周りをフレームで囲み、フレームにはめ込むようにマットレスを敷きます。

そのためフロアベッドはローベッドよりもさらに低くなるので、より開放感が増すいっぽうで、より通気性が悪くなり、ホコリも感じやすくなるという欠点も。
万が一ベッドから転落してしまっても、怪我をしにくいといった安全性の高さは、人によってはメリットになるでしょう。

インテリア性を最重視したい人にはフロアベッド、「インテリア性も重視したいけど、マットレスの湿気やホコリは気になる」という人にはローベッドがおすすめです。

ローベッド・フロアベッドの選び方

高さが低く、お部屋に開放感を演出できることが魅力のローベッドとフロアベッド。
それぞれの特徴を確認したところで、次は両者に共通する選び方のポイントを見ていきましょう。
注目すべきは以下の2項目です。

  1. サイズ
  2. 棚・コンセントの有無

サイズはベッドを使う人数によって左右されますし、棚やコンセントの有無は扱いやすさに直結する項目です。

ベッドのサイズとおすすめ人数

ローベッドとフロアベッドには、マットレスと同じくシングル〜キングまでのサイズがあります。
これらのサイズとおすすめの人数を、以下の表にまとめました。

サイズ こんな人におすすめ
シングル
約100×200cm
1人で使う方におすすめだが、体格のよい方はワンサイズ上を選ぶべき
セミダブル
約120×200cm
1人で広々と使いたい方におすすめ。成人2人の使用ではやや狭いと感じることも
ダブル
約147×200cm
一般的な2人用ベッド。2人での使用はもちろん、1人で贅沢に使いたい方にもおすすめ
クイーン
約170×200cm
2人でゆったり使いたい方におすすめ
キング
約185×200cm
2人で広々と使いたい方や、家族で使用する方におすすめ

上の表はあくまで目安ですので、身長や体格に合わせてワンサイズ上か下の商品を選ぶとよいでしょう。
またお部屋のどの場所に置くかをあらかじめ決めておき、スペースを測っておくと後々困ることがありません。

ちなみにフロアベッドの場合は、マットレスをフレーム内に落とし込む構造になっているので、マットレスのサイズが内寸より小さくなければ設置することができません。
とはいえマットレスが小さすぎると隙間が生じ、ずれたりホコリが溜まりやすくなるので、マットレスとの組み合わせには注意が必要です。

ベッドフレームに棚やコンセントがあると便利

就寝前に本を読んだり、就寝中にはスマホの充電をする方もいらっしゃるかと思います。
そんなときにあると便利なのが、棚やコンセント

棚があれば本やスマホ、メガネなどを置くこともできますし、コンセントがあれば充電はもちろん、間接照明を使ったりすることもできます。
より高い利便性を求める方は、棚やコンセントの有無をチェックして選びましょう。
なかには、ヘッドボードがついていても棚がない商品もありますので、注意してくださいね。

ちなみにベッドの枕元にある棚のことを「宮」といい、「宮付き」「宮なし」のように表記している商品もありますので、覚えておきましょう。
枕元をスッキリさせたい方は、宮なしのスマートなベッドを選ぶのがおすすめです。

ローベッドのおすすめ人気ランキングTOP5

それでは、まずはローベッドのおすすめ人気ランキングTOP5から発表していきます。
ローベッドは、インテリア性を重視しつつも、マットレスに湿気を溜めたくない方やホコリが気になる方におすすめです。

ベッドのサイズや、棚・コンセントの有無を確認しながら選びましょう。

第5位|DORIS Comodo ベッド セミダブル ロー すのこ仕様

メーカー Doris(ドリス)
サイズ シングル(97×210.5×78.5cm)
コンセント

収納力の高さが魅力!脚付きタイプのローベッド

ドリスの「Comodo」は、4枚の脚板の間に収納ボックスなどを入れられるタイプのローベッド。
収納力を高めるとともに、床下の通気性も確保しています。
床板はすのこ仕様になっているので風通しも良好です。

棚のついていないタイプですが、ワンサイズ下のマットレスを置くことで、空いたスペースをサイドテーブルとして使用可能
小さいマットレスを置いても違和感のないデザインのため、棚付きタイプよりもお部屋をスマートに見せつつ、スマホなどを枕元に置いておくことができますよ。

クチコミでは耐久性を評価する声もありますが、値段なりといった意見も見られました。
価格が安めのモデルですので、コスパのよいローベッドを探している方におすすめです。

第4位|インテリアバザール フラットローベッド カルバン フラット

メーカー インテリアバザール
サイズ シングル(101×219×49cm)
コンセント

マットレスでも敷布団でも使いやすい!耐久性の高さも魅力!

インテリアバザールのローベッドは、耐久性や機能性の高い商品です。
格子状に板を配置することにより、ベッドにかかる体重を分散させるとともに通気性も確保しています。
またフレームも二重構造になっているので、耐久性の高さはかなりのもの
保証が2年間ついている点でも安心感があります。

棚の奥行きは17.5cmありますので、本やスマホはもちろん、小型の空気清浄機やアロマランプを置いてリラックスすることもできるでしょう。
コンセントは2口ついており、どちらにもホコリ防止シャッターがついています。

クチコミではデザイン性の高さも評価されていて、男女ともに満足度が高い印象です。
シンプルで高品質なローベッドを探している方におすすめです。

第3位|ベッドフレーム ローベッド コンセント付 宮付き

メーカー 株式会社イーナ
サイズ シングル(105×218.5×53.5cm)
コンセント

ヴィンテージ感あふれる寄木柄がおしゃれ!存在感バツグンのローベッド

株式会社イーナのローベッドは、ヴィンテージ感のある寄木柄が特長的な商品です。
長年使い込んだような味のある木がプリントされているので、観葉植物や木の家具が多くあるお部屋にピッタリ。

棚は目覚まし時計や文庫本を並べておくのにちょうどよいサイズで、大きすぎる感じもなく、圧迫感もありません。
コンセントは2口ついていて、スマホやタブレットを同時に充電することも可能。
また床板がカンタンに取り外せるので、床下の掃除もしやすくなっています。

格子状の板によって支える構造のため、通気性が確保されているのも嬉しいポイント。
クチコミでは、作りの丈夫さや軋みの少なさも評価されています。
存在感のあるローベッドを探している方におすすめです。

第2位|ニトリ シングルベッドフレーム コンソン LBR LOW

メーカー ニトリ
サイズ シングル(98×212×90cm)
コンセント

オープンスペースが便利な、高機能ベッドフレーム

ニトリが販売する「コンソン LBR LOW」は、収納スペースやコンセント口などが充実した高機能なローベッドです。
棚の両サイドには雑誌やティッシュなどの小物を入れることができるスペースが備えられており、ローベッドのなかでも高い収納力を誇ります。

さらにコンセントは2口ついていて、枕元を照らす照明も搭載されています。
機能性の高さもさることながら、棚部分はスッキリとしたデザインですし、両サイドの収納スペースは見えにくくなっているのでお部屋の景観を乱すことがありません。

クチコミはありませんが、高機能であることや5年間の長期保証がついていることもあり、おすすめ商品としてセレクトしました。
機能性の高いローベッドを探している方におすすめです。

第1位|LOWYA すのこベッド ロータイプ 木製

メーカー LOWYA(ロウヤ)
サイズ ダブル(160×202×60cm)
コンセント

シンプルなデザインが美しい、スタンダードなローベッド

ロウヤが販売するローベッドは、どんな部屋にもマッチするシンプルなデザインが魅力の商品。
後述するカラー展開の多さや豊富なサイズ、耐久性などの総合面からみて優秀ですので、第1位に選出しました。

カラーはブラウン・ウォルナット・ナチュラルの3種類があり、インテリアの雰囲気にあわせて選べるのも嬉しいポイント。
サイズはダブルのほかにシングル・セミダブルを揃えているので、すでにマットレスをもっている人でも大きさをあわせやすくなっています。

さらに脚の高さが16cmありますので、床下の湿気を効率よく逃すことができます。
そのため、オールシーズン快適に過ごすことが可能。
また3本脚ですので安定感もあり、ガタつきもおさえられています。

クチコミではデザインや色の美しさのほかにも、軋みの少なさが評価されています。
シンプルでデザイン性の高いローベッドを探している方におすすめです。

フロアベッドのおすすめ人気ランキングTOP5

続いては、フロアベッドのおすすめ人気ランキングTOP5をご紹介します。
フロアベッドはフレームにはめ込むようにマットレスを敷くため、ローベッドよりもさらに高さが低くなります。

それゆえに開放感がさらに増すいっぽうで、マットレスとの組み合わせには注意が必要です。
マットレスのサイズが内寸より小さくなければ設置できませんので、サイズには注意して選びましょう。

第5位|IRIS PLAZA ベッドフレーム 349725

メーカー IRIS PLAZA(アイリスプラザ)
サイズ シングル(101×206.5×33cm)
コンセント

棚と2口コンセントが付きながらも低価格を実現!

アイリスプラザが販売するフロアベッドは、低価格を実現しつつも機能性の高いモデルです。
棚にはコンセントが2口備え付けられていて、照明を点けながらスマホやタブレットの充電が可能。

コンセントはスライド式ですので、加湿器や扇風機を枕元に置いて使いたいときにも便利そうです。
床板はすのこになっているため通気性が高く、カビやダニの発生を抑えることができます。
また棚下にも空間があるため、さらに湿気を逃がしやすくなっています。

クチコミではコスパのよさが高評価されていますが、値段なりといった声も見られました。
低価格なフロアベッドを探している方におすすめです。

第4位|ベッドフレーム フロアベッド コンセント付き 照明付き

メーカー 株式会社イーナ
サイズ シングル(100×210×47cm)
コンセント

大きめのライト特長!照明棚付きのフロアベッド

株式会社イーナのフロアベッドは、中央に大きめのライトが搭載された商品です。
写真で見ると「あまりオシャレじゃないかも」と思われるかもしれませんが、マットレスを置くことで表情は大きく変わります。

ライトを含めて曲線のあるデザインですので、北欧テイストやミッドセンチュリー系の家具にマッチしそうですね。
コンセントはライトのスイッチの横に1口ついていて、スマホを充電したりドライヤーで髪を乾かしたりと、さまざまな使い方ができるでしょう。

クチコミではデザインの上品さが評価されています。
丸くて可愛らしいフォルムですので、女性の方におすすめです。

第3位|W.coRe フロアベッド

メーカー W.coRe
サイズ シングル(106×215×45cm)
コンセント

モダンなデザインが部屋を引き締める。シャープさが印象的なフロアベッド

シャープでモダンなデザインがおしゃれなフロアベッド。
カラーバリエーションは落ち着いた雰囲気のウォルナットブラウンと、ナチュラルな味わいのオークホワイトの2種類。
インテリアにあわせて色を選択することができます。

コンセントは1口付いており、棚はフラットなタイプですので見た目より多くのものを置くことができます。
また、一般的な木目をプリントした商品と比べて汚れや傷に強い仕上げになっているので、タフに使えるのも魅力です。

クチコミではデザインのかっこよさや、組み立てのしやすさも評価されています。
モダンでソリッドな印象があるベッドですので、男性の方におすすめです。

第2位|ベッド 低床 ロータイプ すのこ

メーカー ベストバリュースタイル
サイズ シングル(192×213×45cm)
コンセント

落ち着いたデザインが魅力!コスパも良好!

ベストバリュースタイルが販売するフロアベッドは、あたたかみのある木のテイストが活かされたデザインが印象的な商品です。
カラーはナチュラルとブラウンの2種類で、どちらも落ち着いた雰囲気なので、あわせるインテリアを選びません

棚は前板が出ているため、物が落ちにくくなっているのもメリットです。
とくに寝相の悪い方にとっては、嬉しい工夫なのではないでしょうか。
また床面はすのこになっており、カビにくくて通気性もバツグンで、1年を通して快適に使えます。

クチコミではデザイン性のほかにも、コスパが高く評価されています。
そのため、手頃な価格のフロアベッドを探している方におすすめです。

第1位|ニトリ フラップ扉式フロアベッドフレーム

メーカー ニトリ
サイズ セミダブル(125×210×45cm)
コンセント

タブレットやスマホが立てかけられる!高機能なフロアベッド

ニトリの「フラップ扉式フロアベッドフレーム」は、フラップ扉式の棚が特長的な商品です。
棚の両サイドに取っ手のついた扉があり、引き上げると収納スペースが現れます。

扉があることでホコリを防ぐことができ、細々したものを詰め込んでもベッド周りをスッキリと見せることが可能です。
扉の下には出っ張りがあるため、スマホやタブレットを立てかけることもできます。

また中央部には照明が搭載されているので、別に用意する必要がないのも大きな魅力。
クチコミはありませんが、多機能であること、5年間の長期保証がついていることから耐久性も高いと考え、第1位に選出しました。
機能性の高いフロアベッドを探している方におすすめです。

まとめ

ローベッド フロアベッド

今回は、おしゃれでお部屋に開放感を演出できるローベッドとフロアベッドのおすすめ人気商品10選を紹介しました。
シンプルなデザインが美しいローベッドや、収納力が魅力の機能性の高い商品をセレクトしましたが、気になるモデルは見つかりましたか?

自分にあったローベッド・フロアベッドを選ぶときには、ベッドのサイズや棚・コンセントの有無をチェックしていきましょう。
ローベッド・フロアベッドは空間を広く見せられることから、一人暮らしの方やお部屋が狭い方にピッタリです。

もちろん、大きめのサイズをチョイスしたり、2台連結したりすることで家族でも使えますよ。
そのほかのベッドフレームも候補に入れてお探しになりたい方は、以下の関連記事もあわせて参考にしてください。

ベッドフレーム

ベッドフレームのおすすめ人気ランキング10選!選び方も解説

2019/12/11
すのこベッド

すのこベッドのおすすめ人気ランキング10選!すのこマットも紹介

2019/12/18
一人暮らしにおすすめの収納付きベッド

一人暮らし向けベッドのおすすめランキング10選!ワンルームにも

2019/12/21

ベッドフレームの売れ筋ランキングをCheck!!