料理好きこそ選びたい!鉄製フライパンのおすすめランキング10選!

鉄製フライパン
鉄製フライパン

料理をおいしく作りたいなら、一度は使ってみてほしいのが「鉄製フライパン」です。
熱が伝わりやすく、食材の味わいを短時間で封じ込めるため、野菜はシャキッと、お米はパラパラに仕上がります!

でも、どれを選べばいいのかわからない…
普通の鉄製フライパンだと、すぐに錆びそうで心配…
長年愛用できるこだわりの逸品が欲しい…

そんなあなたのために、おすすめの鉄製フライパン10選をランキング形式でご紹介します。
どれも人気商品ばかりなので、ぜひこの中から吟味して選んでみてくださいね!

相棒を見つけよう!鉄製フライパンのおすすめ人気ランキングTOP10!

鉄製フライパンは熱伝導がとっても優秀なので、高温で一気に加熱することができます。
「フッ素加工のフライパンよりおいしく仕上がった!」とのクチコミが多く、まさに料理のクオリティを上げたいなら試すべきアイテムなんです。

そんな鉄製フライパンを選ぶときは、以下4つの項目をチェック!

  1. サイズ
  2. 重量
  3. 空焼きが必要かどうか
  4. IH対応

一つ目の「サイズ」はもっとも基本的なポイント。
一般的とされるフライパンのサイズは直径26~28cmです。
直径20cm前後のとても小さなフライパンも売られていますが、食材が飛び出しやすいため、鉄製フライパンの「炒め物がおいしく仕上がる」という利点を活かしにくくなってしまいます。
ひとり暮らしでも、「直径26~28cm」を目安に選ぶと◎です。

続いて「重量」ですが、鉄製フライパンは900~1100g前後であることが多く、アルミやステンレスのフライパンより1.5倍近く重いです。
「鉄製フライパンのずっしり感が好き!」という人も多いものの、女性にとってはだいぶツラい重さ。
側面が薄くなっているものや、持ち手が木になっているものなら比較的軽量ですよ。

次に見るべきポイントは、「空焼き」が必要かどうか。
購入直後の鉄製フライパンは、表面に錆止め塗装がされています。
直火にかけて塗装を焼き切る「空焼き」という作業を行うのですが、これが不要な製品も売られています。
IHクッキングヒーターでは空焼きができないので、必ず「空焼き不要」の鉄製フライパンを選びましょう。

また、鉄製フライパンのほとんどは「IH対応」ですが、中には非対応の製品もあるので、よく確認して購入を。

それでは、鉄製フライパンのおすすめ人気ランキングTOP10を発表します。
ここまでで紹介した4つの項目に注目して選べば、きっとあなたにピッタリな鉄製フライパンが見つかりますよ。

第10位|IEOKE フライパン

メーカーIEOKE
直径26cm
重量1500g
空焼き不要
IH対応

初心者さんも安心!

ふつうの鉄製フライパンに必要な「空焼き」や、使用後の油塗りを必要としません。
初回のみ油ならしが必要ですが、片付けるときの手入れは「水で流して拭く」だけなのでラクチン!

また、デコボコした加工を施すことで、フライパンの表面と食材がくっつきにくくなっています。
鉄製フライパンをきちんと扱えるか不安な人におすすめです。
お値段も比較的手ごろですよ!

「火の通りがよく料理時間がかなり短縮されたと感じています。」
「値段的にすぐへこんでしまう様な物を想像していましたが、全然違いました。
つくりは頑丈で、取っ手も丸ではなく三角でにぎりやすいです。」
など、Amazonでは使い心地のよさが好評。

デザインもあたたかみがあり、すっきりしていて素敵ですね。

第9位|山田工業所 打出し鉄フライパン

メーカー山田工業所
直径28cm
重量1690g
空焼き必要
IH対応

プロの味に仕上がるフライパン

鉄製の中華鍋やフライパンといえば、「山田工業所」が有名!
鉄を何度も繰り返し打って作る製造方法が特長。
職人の手仕事を感じることができます。

鉄製フライパンの中でも重めなので、女性はやや扱いづらいかもしれませんが、料理の仕上がりは最高!

「山田の中華鍋は利用してましたがこのフライパンも最高ですね。
とくにお肉は表面カリッと中はふんわりと焼きあがるので、テフロン加工の物とは比べ物にならない仕上がりです。」
「ステーキがふっくらと、美味しく焼きあがります。
山田工業所というと中華鍋で有名ですが、鉄フライパンでも、他の日本製メーカーの鉄フライパンとは一線を画すように思います。」
など、Amazonでもこのフライパンで作った料理のおいしさが評判ですよ。

料理のクオリティを上げたい!という人におすすめな、本格仕様のフライパンです。

第8位|和平フレイズ 燕三 鉄 木柄フライパン

メーカー和平フレイズ
直径16~28cm
重量390g
空焼き必要
IH対応

こぼれにくい深め設計

「燕三」シリーズは、食材がこぼれにくいように1.6mmの鉄材で少し深めに設計されています。
「一度にたくさん調理したい」という人におすすめです。

持ち手が木でできており、熱くならないため素手で掴めるのもいいですね。
さらに、その柄の先端には吊り下げ収納できるリングが付いています。
キッチンに収納スペースがなくても安心ですね。

「ズボラなためにサビさせるかなと心配でしたが、使い始めに火入れ・油ならしをしっかりと行い毎日の使い終わりにはしっかりお手入れすれば大丈夫です。
お手入れといっても、タワシで軽く擦り洗いし、火にかけて油を引いておくだけです。」
とAmazonで言われている通り、鉄製フライパンとはいえ簡単なお手入れだけで錆びずにきれいな状態を保てます。

第7位|パール金属 鉄職人

メーカーパール金属
直径18~28cm
重量520g
空焼き必要
IH対応

コスパ優秀!

パール金属の鉄製フライパン「鉄職人」は、ものづくりで有名な新潟県燕三条産。
ガス火はもちろん、IHなどすべての熱源に対応しています。
どんなキッチンでも使える、安心の日本製です。

信頼できるメーカーの商品ながら低価格で、Amazonでは現在1,000円を切っています!
コスパ重視の人におすすめですよ。

「安いけどしっかりしていて、焚火でステーキを焼いたり本格的な雰囲気を楽しめてます!」
「まず軽いし、鉄フライパンのよさはしっかりあって品質にはまったく問題なしです!
おすすめです。」
など、Amazonのクチコミでも安いのに鉄製フライパンの本格的な雰囲気が味わえると好評です。

炒め物に最適な深型鍋や、木柄ハンドルのタイプも同シリーズから販売されていますよ。

第6位|FD STYLE 鉄フライパン

メーカーFD STYLE
直径20~26cm
重量975g
空焼き不要
IH対応

ズボラさんでもOK!?鉄製なのに錆びにくい!

鉄製フライパンの大きな欠点といえば、水分で錆びてしまうことですよね。

「洗ったあとに拭くのがめんどくさい…」
「前に錆びてしまったことがあるから、今度は錆びないフライパンがいい…」
そんなズボラさんにおすすめなのが、こちらの鉄製なのに錆びにくいフライパンです!

ポイントは「オキシナイト加工」。
鉄に窒化処理をほどこし、酸化皮膜でコーティングしたことで、他の鉄製品よりも錆びにくく仕上がりました。
これなら鉄のフライパンでも管理しやすいですね。

持ち手は天然木なのであたたかみがあり、素手で持っても熱くないですよ。
見た目もおしゃれです。
鉄製フライパンの中では高級ですが、ずっと大切に愛用できそう!

第5位|デバイヤー 鉄 フライパン

メーカーデバイヤー
直径12~28cm
重量1893g
空焼き必要
IH対応

プロも愛用、フランス生まれのブランド

de BUYER(デ バイヤー)は、1830年にフランスで創業した調理器具メーカーの老舗。
一流シェフも愛用しているブランドです。

厚みと重さが特長で、野菜はシャキッと、肉は香ばしく仕上がります。
女性は扱いづらいと感じるかもしれませんが、この厚みと重さがあるからこそ、おいしくできるのです。
ちなみに、体格差からか海外製は日本製より重いものが多いため、気になる人は国産に絞って探すのも手。

最初は銀色ですが、使い込むと酸化被膜が蓄積されて黒くなります。
どんどん油なじみがよくなり、育てていく楽しさを目で見て味わいたい人におすすめです。

なお酸化を防ぐため、オーガニックビーワックス(蜜蝋)が塗られています。
最初は油ならしが必要です。

第4位|柳宗理 鉄フライパン ファイバーライン加工

メーカー柳宗理
直径18~25cm
重量1080g
空焼き不要
IH対応

実用性バッチリ!嬉しいフタ付き

鉄製フライパンは趣味性が高いものや、職人技にこだわったものが多いですが、こちらは「家庭で使うこと」をよく考えてある印象です。

まず、左右に張り出した注ぎ口が便利。
料理の残り汁を注ぐことができるほか、牛乳をあたためるのに使ったり、スープを作ってみたりしてもよさそうですね。

さらにフタつきなので、餃子などの蒸らす必要がある料理もおいしく作れます。
フタをしておくことで熱が効率よく伝わり、時短や光熱費削減にも効果的です。

空焼き不要でIH対応なのも便利ポイント!

素材は「ブルーテンパ」という、熱を伝えやすく丈夫な特殊鉄材を採用しています。
台所で毎日使える実用性を重視したい人におすすめです。

第3位|ビタクラフト スーパー 鉄

メーカービタクラフト
直径20~33cm
重量963g
空焼き不要
IH対応

メイドインジャパンの逸品

すべての製造を国内で行っている、純粋なメイドインジャパンの製品!
船舶や航空機に使われる加工技術を応用したフライパンです。
鉄の内部に窒素を浸透させ、表面強度を高めることで錆びにくく丈夫に仕上がっています。

空焼きや使用後の油ならしは必要ないので、鉄フライパンの初心者さんにおすすめ。

「まずは目玉焼きを作ってみましたが、まったく焦げず、しかもテフロンのフライパンでは味わえなかった滋味深い美味しい目玉焼きができて感激しました!」
「毎日使っていて感激です。もっと早く買えばよかった。
野菜炒めも手早く美味しい状態で出来上がり、時短、エコになります。」
など、Amazonのクチコミではとにかく料理がおいしくできるという意見が目立ちます。

第2位|turk Classic Frying pan

メーカーturk(ターク)
直径24~30cm
重量1300g
空焼き必要
IH対応

ドイツの鍛冶職人が手作り

「ターク」は150年以上前にドイツの鍛冶職人が作ったブランド。
驚くべきことに、現在も一つひとつドイツの職人が手作りしているんです。

鉄の塊を高温で加熱し、何度も叩いて鍛造する製法を取っているため、つなぎ目がありません。
他社の鉄製フライパンよりずっしりと重く、クラシックな魅力があります。
アウトドア映えも抜群で、男性はとくに心惹かれるのではないでしょうか。

「ザ・男のフライパンって感じでカッコいいです。
少し重いのと、持ち手が優しくないのでやや使いづらいですが、真の男はそんなこと気にしないので星五つです」
「単純に焼きを追求できるレジェンド的存在で、ムラなく美味しく焼き上げてくれます。
オススメできる1品です」
などとAmazonで言われている通り、かっこよさを重視して選びたい人、遊び心のあるものを選びたい人、「炒める」より「焼く」の用途で使おうと考えている人におすすめ。

IHのみならず、オーブンでも使用できる優れものです。

第1位|リバーライト 極

メーカーリバーライト
直径16~28cm
重量948g
空焼き不要
IH対応

鉄製フライパンをもっと身近に

はじめての購入でも、より高い品質を求めたい人におすすめ!
空焼き不要で、しかも錆びにくいフライパンです。
もちろんIHにも対応しています。

錆びにくいのは、鉄の表面が窒化鉄層+酸化鉄層で覆われているから。
しかも特殊熱処理が施されているので、ふつうの鉄より5倍も強度があります。

「錆びにくいため、扱いも通常の鉄製品ほど気を遣う必要はありません。」
「色んな鉄フライパンを持っていますが、リバーライトはその中でも一番軽くて使いやすく、鉄初心者にももってこいです。」
とAmazonレビューで言われている通り、鉄製フライパン特有の手入れや準備といった面倒さがないため、はじめての購入に最適。
Amazonレビュー800件越えの人気商品なのも納得です!

まとめ

鉄製フライパン

使っているとだんだんコーティングがはがれてきてしまうテフロン加工に比べて、鉄製フライパンならコーティングはがれの心配はありません。
なので買い換えはほとんど必要なく、ひとつのものを長く愛用したい人にピッタリ。

鉄製フライパンは、焦げつきやお肉などのくっつきを防ぐために、「油ならし」というひと手間が必要です。
油ならしの手順は以下の通りです。

  1. 中火以下でフライパンを2分ほど熱する
  2. 0.5~1カップの油を入れ、弱火で3分ほど熱する
  3. 油煙が出てきたら、油をオイルポットに戻す

使い始めの10回前後は、上記のステップで油ならしをするようにしましょう。

ちなみに、鉄製フライパンを洗うときに食器用洗剤を使うのはNG。
せっかく油ならしをしても、なじんだ油が流れてしまいます。
使用後はお湯とタワシで洗って、水分をふき取ってから片付けるようにしましょう。

少し面倒に感じてしまうかもしれませんが、優れた鉄製フライパンは一生モノの相棒になるはずです!

オイルポット

油、ムダにしてない?オイルポットのおすすめ人気ランキング10選!

2018/12/24
中華鍋

これで炒め物マスター!中華鍋のおすすめ人気ランキング10選!

2018/12/18
卵焼きフライパン

もう失敗しない!卵焼きフライパンのおすすめランキングTOP10!

2018/12/9

鉄製フライパンの売れ筋ランキングをCheck!!