きらめくツヤ肌へ!ハイライトのおすすめ人気ランキング10選!

あなたは普段のメイクに、「ハイライト」を使っていますか?
ハイライトはひと塗りでお肌のくすみを飛ばしたり、ツヤのあるイキイキした顔色にしてくれる、メイクの仕上げアイテム。

しかし実際は、「ファンデーション塗ってチーク塗って終わり!」「ハイライトは一歩上の上級者アイテムでしょ」と思っている人も多いはず。

ハイライトって使っても変わらないのでは?
ハイライトってどれも同じに見える…

となんとなく思ってチャレンジするのをやめているのは、すごくもったいないんです!
ハイライトをするそのひと手間だけで、メイクの出来上がりがまったく違ってきますよ。

今回はそんなハイライトを選ぶポイントや、おすすめの人気ハイライトを10個セレクトしました!
今まで使っていなかった人も、今使っているハイライトが気に入っていない人も、ぜひ参考にしてみてください。

ハイライトで光をコントロール!メリハリのある小顔を演出

ハイライトの効果はおもに、光をコントロールして立体感をだし、肌をキレイにみせること。

日本ではメイク上級者アイテムのような位置づけにされがちなハイライトですが、海外ではハイライトとシェーディングを使った、陰影を深く描くメイクが一般にも流行しています。

しかしもともと顔立ちがのっぺりしている日本人は、シェーディングに慣れていないと不自然な印象になってしまうことも。
その点ハイライトを使えば、ナチュラルに立定的な顔をつくることができるため「メイクで小顔になりたい!」というときにとっても取り入れやすいですよ。

ちなみに、ハイライトで得られる効果はざっと以下のようなことが挙げられます。

  • ツヤ感をだして美肌に見せる
  • 顔を立体的・小顔に見せてくれる
  • 顔のくすみをとってトーンアップさせる
  • シミ・たるみ・毛穴などお肌の悩みを目立たなくする
  • メイク直しでハイライトを使うと、疲れ顔が元気な顔になる

ハイライトをひとつ持っておくだけで、こんなに嬉しい効果がたくさん得られるとは驚きですね!

とくに肌のツヤがなくなってくる30代~のメイクには、積極的に取り入れたいアイテムです。

買ったあとガッカリしないために!ハイライトを選ぶ2つのポイント

ハイライトを買うのがはじめてであれば、どんなものがいいのかまったく検討もつきませんよね。
クチコミの評価がよくても、自分の好みと合わなければ意味がありません。

自分にピッタリのハイライトを選ぶには、以下2つの項目をしっかりおさえておきましょう。

  1. パウダー・クリーム・リキッドなどのタイプ
  2. ホワイト・ピンク・ベージュなどのカラー

ハイライトは最近いろいろなタイプ・カラーが販売されています。
適したタイプ・カラーは人それぞれなので、まずは自分に合うタイプ・カラーを知りましょう。

ハイライトのタイプは4つ!初心者はパウダータイプがおすすめ!

ハイライト 1

ハイライトといえばパウダータイプ、そんな印象が強いかもしれません。
たしかにパウダータイプのハイライトが主流ではありますが、今は4タイプほどのバリエーションがあります。

それぞれのタイプごとにどんなメリット・デメリットがあるのか、さっそく見ていきましょう。

パウダータイプは初心者におすすめ!

ナチュラグラッセ ハイライトパウダー

出典:Amazon.co.jp

ハイライトの中でも一番オーソドックスなのが、パウダータイプ。
ブラシで簡単にハイライトを入れることができ、量の調節もしやすいので初心者におすすめのタイプです。

パウダータイプは、4タイプの中でもカラーのバリエーションがダントツで豊富なのが魅力。
ふんわりしたツヤ感を演出できますよ。

デメリットとしては、粉っぽいので季節や肌質によって乾燥しやすい、キープ力が弱いという点があげられます。

クリームタイプはキープ力重視の人におすすめ!

コスメデコルテ ディップイングロウ

出典:Amazon.co.jp

クリームタイプは、しっとりしたテクスチャーを指で直接顔にのせて使うのが特徴。
のせたい場所にピンポイントでハイライトを入れることができます。

キープ力に優れているので、頻繁に塗り直したくないというキープ力重視の人におすすめ
パウダータイプにくらべると肌なじみがよく、じゅわっとしたツヤ感を演出できます。

デメリットとしては、初心者だと量の調節や均一に伸ばすことが難しいという点や、ベースメイクの上からのせるとヨレやすいということがあげられます。

リキッドタイプは保湿力重視の人におすすめ!

ディオール フラッシュイルミナイザー

出典:Amazon.co.jp

リキッドタイプは、コンシーラーも兼ねていることが多いタイプ。
ファンデーションを塗る前に使って「仕込みハイライト」にする使い方が一般的です。

リキッドタイプは美容成分が配合されているものが多く、保湿しながらメイクすることができるので保湿力重視の人にもおすすめ
クリームタイプよりさらに肌なじみがよく、より素肌に近いツヤ感を演出できます。

デメリットとしては慣れないと量の調節が難しいという点、クリームタイプと同じくベースの上から塗るとヨレやすいという点があげられます。

スティックタイプは手軽に使いたい人におすすめ!

RMK グロウスティック

出典:Amazon.co.jp

スティックタイプは口紅のような形状で、肌にそのままのせることができるタイプ。
他のタイプにくらべてコンパクトなのでポーチに入れてもかさばらず、メイク直しにも最適です。

スティックタイプの魅力はなんといってもその手軽さ!
落ちやすいハイライトを、リップを塗りなおす感覚で手軽に塗りたいという人におすすめです。

デメリットとしては種類が少ないという点、慣れるまではキレイに塗るのが難しいという点があげられます。

ハイライトのカラーは自分の肌色となりたい雰囲気で選ぶのがベスト

ハイライト2-2

ハイライトのカラー選びはとっても大事。
どれほどよい商品であっても、自分に合わないカラーを選ぶと違和感のある仕上がりになってしまいます。

そうならないためにも、「自分の肌色」と「なりたい雰囲気」にあわせてカラーを選ぶことが大切です。
それぞれのポイントについて見ていきましょう。

あなたの肌はブルーベース?イエローベース?

自分にピッタリのカラーを選ぶには、まず自分の肌色が「ブルーベース」か「イエローベース」かを把握したうえで、なりたい雰囲気に合わせて選ぶのがポイント。

イエローベースとブルーベースの見分け方ですが、もっとも簡単に見分ける方法は、日焼けしたら黒くなるか赤くなるかという見分け方。
黒くなる場合はイエローベース、赤くなる場合はブルーベースです。

一般的に、イエローベースは暖色系(オレンジ・コーラル・サーモン)、ブルーベースは寒色系(ベビーピンク・ローズ・マゼンタ)が似合うとされているので、自分に似合う色を覚えておくと便利ですよ。

仕上がりの雰囲気も意識してカラーを選ぼう

自分の肌色に似合う色がわかったら、続いて確認したいのが「仕上がりの雰囲気」。
以下、ハイライトで使われているカラーの特長と仕上がりの雰囲気を表にまとめました。

ホワイト●少量でハイライト効果がでる
●メリハリある立体的な仕上がり
ベージュ●肌なじみ抜群
●ナチュラルな仕上がり
ブルー・ラベンダー●くすみを飛ばしてくれる
●透明感のある仕上がり
ゴールド・シルバー●きらめき感が強い
●華やかな仕上がり

このようにナチュラルに仕上げたければベージュ系、華やかに仕上げたければゴールドやシルバー系など、仕上がりの雰囲気にも考慮してカラーを選びましょう。

また同じカラーでも、パールやラメの配合量や大きさによって、肌にのせたときのきらめき感が変わってくるので注意が必要です。
「パールやラメの細かいハイライトを使ったらなんだか逆に毛穴が目立ってしまった!」という経験がある人もいらっしゃるかもしれません。
これは、粒子が毛穴に入り込んでしまういわゆる「毛穴落ち」という現象。

毛穴落ちを防ぐには、ベースメイクをしっかりしてお肌を均一にならしておくことが重要ですよ。
ベースメイクが気になる方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

旬のツヤ肌へ!ハイライトのおすすめ人気ランキングTOP10!

ハイライトを選ぶときはタイプとカラーにくわえて、「美容成分の有無」もチェックすると◎。
乾燥肌の人は「ヒアルロン酸」や「スクワラン」、お肌を少しでもいたわりたい人は、「ビタミンC」などの成分が入った商品がおすすめですよ。
肌にのせる量は少量ですが、毎日使うならなるべく肌ストレスのないものがいいですよね。

それでは、気になるハイライトのおすすめ人気ランキングTOP10を発表します!

第10位|ETVOS ミネラルハイライトクリーム

エトヴォス ミネラルハイライトクリーム

出典:Amazon.co.jp

メーカーETVOS(エトヴォス)
価格4,200円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプクリームタイプ
カラーベージュ
美容成分〇(ビタミンC誘導体)

あらゆるベースのうえから使える!肌にやさしいハイライト

ヘアメイクアップアーティストの河北裕介さんとミネラル化粧品で有名なETVOSがコラボしてつくられた、クリームタイプのハイライトです。

「どんな肌質の人でも簡単に美しく、肌がキレイになれるものを」というコンセプトのもとつくられており、肌荒れしやすい頬や額のお肌を整える成分も入っているのがポイント。
界面活性剤や紫外線吸収剤も不使用なので、敏感肌の人でも安心して使えます。

パウダーファンデーションのうえからクリームタイプのものを塗ると、ヨレたり仕上がりがキレイにならなかったりしがちですが、こちらはあらゆるベースメイクのうえから使えるようになっています。
なので、パウダーファンデでマットな肌質をつくっても、これを塗るだけで簡単にクリームタイプ特有のしっとりしたツヤ感がだせますよ。

クチコミでは「パウダータイプのような塗ってます感がなく自然な仕上がりになる」と好評価でした。

敏感肌の人や、ベースに左右されないハイライトをお探しの人におすすめです。

第9位|GIVENCHY タン・クチュール・シマー・パウダー

ジバンシイ タンクチュール

出典:rakuten.co.jp

メーカーGIVENCHY(ジバンシィ)
価格8,000円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプパウダータイプ
カラーゴールド
美容成分

ひと塗りで健康的なツヤ感GET

「タン・クチュール・シマー・パウダー」のNO.1シマーピンクは、その人気から発売後すぐ店頭から消え、「幻のハイライト」とまでいわれた商品。
しかし、こちらNO.2シマーゴールドもピンクに負けず劣らず人気なんです。

ピンクとはまた違い、さっと塗ると上品なきらめきで健康的な肌ツヤを与えてくれます。

パウダータイプのハイライトは一見してよさそうでも、つけてみるとイマイチ予想と違った…ということが起こりやすいアイテムです。
しかしこちらのハイライトは、クチコミによるといい意味で予想を裏切られる商品とのこと。

薄づきでもしっかりとしたツヤ感がでて、さらに夜までツヤ肌がキープされるというから驚きです。
プレスされた柄も高級感ただよう美しさで、持っているだけでテンションが上がりそうですね。

健康的なツヤ肌に見せたい人や、イエローベースでピンクがあまり似合わないという人におすすめです。

第8位|DIOR フラッシュ イルミナイザー

ディオール フラッシュイルミナイザー

出典:Amazon.co.jp

メーカーDIOR(ディオール)
価格4,820円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプリキッド
カラーアイボリー(薄ベージュ)
美容成分〇(ヒアルロン酸)

コンシーラーの代わりにも!ペン型で塗りやすい

顔に輝きを与えるブースター効果とハイライトが一体になった、珍しいペン型リキッドタイプのハイライトです。
目の下のクマや小鼻のワキなど、肌の暗い部分を明るくしたいときにも活躍します。

光を集めるホワイトライトピグメント配合で、一般的なラメラメ感のある仕上がりではなく、ごく自然に肌が明るくツヤっとします。

目の周りや口元の乾燥しやすい部位は、ベースのうえからハイライトを重ねづけするとヨレることが多いもの。
こちらはベースを塗る前にも使えるので、顔の気になる部分を隠しつつ、しっとりした質感に仕上げることができます。

クチコミでは「美容成分もたっぷり入っているからメイクを落としたあとも調子がいい!」という声もあったので、保湿効果も期待できそうです。

カバー効果のあるハイライトをお探しの人や、乾燥してヨレやすい人におすすめです。

第7位|コスメデコルテ ディップイングロウ

コスメデコルテ ディップイングロウ

出典:Amazon.co.jp

メーカーコスメデコルテ
価格3,780円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプクリーム
カラーホワイト
美容成分〇(スクワラン)

じわっと内側からにじむようなツヤ肌へ

コスメデコルテの中でも高い人気を誇っているのが、このクリーム状のハイライト、ディップイングロウ。
手の温度で溶けるメルティ処方で、ピタッと肌に密着して透明感あるツヤ肌に導きます。

使い勝手のいいホワイトカラーで、頬や鼻筋はもちろんのこと、鼻下のくぼんだ部分や唇につけてもOK。
肌と親和性のあるオイルを使っているので、なじみもよく、つけたてのうるおいを長時間保ってくれます。

クチコミでは「なかなかほかではないツヤがあり、香りもローズ系のいい匂いがする!」とのことで、きらめき感よりもツヤ感をとくに重視する人にピッタリな商品です。

ただオイルを使っているため、相性の悪いベースだと崩れやすい可能性があります。
崩れにくくするためには、少量をサッと塗ることがポイントのようです。

しっとりした肌感になりたい人や、きらめきをおさえたツヤが欲しい人におすすめです。

第6位|資生堂 シンクロスキン イルミネーター

資生堂 シンクロスキン

出典:Amazon.co.jp

メーカー資生堂
価格4,829円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプリキッド
カラーピュアゴールド
美容成分〇(ヒアルロン酸)

ファンデーションに混ぜて使える!マルチユースなアイテム

「ファンデーションのうえからハイライトを塗ると、わざとらしくなりそうで嫌!」という人にご紹介したいのが、このファンデーションに混ぜて使うハイライト。
ファンデーション以外にも、下地や日焼け止めなどと混ぜて使うことができます。

ファンデーションに混ぜることで、普通のハイライトのようにポイントでツヤ感をだすのではなく、肌全体に均一にツヤをだすことができますよ。

使用するときは、イルミネーターといつも使っているファンデーションを1:4の割合で混ぜて使います。
更にツヤ感が欲しいときはベースを仕上げたうえから、頬やまぶたにごく少量とって伸ばしましょう。
パーティーなど首元の開いた服を着るときは、デコルテや首筋に日焼け止めと混ぜて使ってもキレイなツヤがでます。

クチコミでは「よく見るとラメでキラキラなのに、遠目からは自然なツヤが出て素晴らしい逸品!」と、ラメ感はありますが、主張しすぎない自然な仕上がりになるようです。
ただリキッドタイプなので、パウダーをベースで使っている方は少し使いづらいかもしれません。

うえから足したようなツヤ感が嫌いな人や、ハイライトを入れるのが苦手な人におすすめです。

第5位|naturaglace ハイライトパウダー

ナチュラグラッセ ハイライトパウダー

出典:Amazon.co.jp

メーカーnaturaglace(ナチュラグラッセ)
価格4,104円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプパウダータイプ
カラーホワイト・ライトピンク・ベージュ
美容成分〇(スクワラン・ホホバ種子油)

カラーを自分好みに調整できるのが◎

4色が一つのパレットになっているので、自分好みにカラー調節できるのが魅力のハイライト。
ブラシと鏡がついているため、コンパクトを開けてサッと塗ることができるのも忙しい女性にはうれしいところです。

肌の油分と水分のバランスを保つ成分配合なので、ふんわりツヤをまといながらメイク崩れの予防も期待できます。

クチコミによると各色ごとにパールやラメ感が違い、ホワイトがパール感、ライトピンクが光沢感、一番下のベージュが大粒のラメ感となっているようです。
光沢感を増やしたければ真ん中の色を多めにするなど、自分好みに調節するのはもちろん、上から下までサッとなでて頬にのせるとキレイなグラデーションが簡単につくれます。

ラメ感はありますが目立たない程度なので、ナチュラルに上品なツヤをまとえますね。
ナチュラルメイク派の人や、グラデーションをつくるのが苦手な人におすすめです。

第4位|CEZANNE パールグロウハイライト

セザンヌ パールグロウハイライト

出典:Amazon.co.jp

メーカーCEZANNE
価格648円(CEZANNE公式サイトにて2018年11月6日時点)
タイプパウダータイプ
カラーシャンパンベージュ
美容成分〇(ヒアルロン酸)

肌なじみのよい万人向けのカラーが嬉しい、プチプラ優秀ハイライト

プチプラとは思えない上品な輝きと大絶賛されているのが、CEZANNEのパールグロウハイライト。
一見してラメの粒子が粗く、ラメラメ感が強そうですが、意外なほどに肌になじみます。
プチプラながら美容成分も配合されているので、パウダータイプによくある粉っぽさも感じず、しっとりとお肌にのります。

とくに注目なのが、ありそうでないシャンパンベージュのカラーです。
うすピンクよりのベージュなので、どんな肌色の人でも使いやすくなじみやすい、万人向けのカラーといえます。

クチコミでは「ハイライトを入れたところがはっきりわかるくらいレフ板効果がある!」という声もあり、光を受けたときのきらめきがよくわかるハイライトのようです。
ただ塗りすぎるとテカテカして見えるため、ごく薄くとってブラシでサッとのせる方がよさそうです。

しっかりハイライトを入れたい!という人や、プチプラでお探しの人におすすめです。

第3位|RMK グロースティック

RMK グロウスティック

出典:Amazon.co.jp

メーカーRMK
価格2,274円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプスティックタイプ
カラーベージュ
美容成分〇(ローヤルゼリーエキス)

スティックタイプで肌なじみ抜群・使いやすい

朝はしっとりしたツヤ肌でも、夕方になるとなんだかツヤがない…なんてことありませんか?

ブラシや指でのせるパウダーやクリームタイプだと密着感が弱く落ちやすいですが、スティックタイプだとぐっと密着感が増してメイクのもちがよくなりますよ。

このRMKのハイライトは、パウダータイプのキラキラするラメ感がなく、スッと肌の上で伸びるテクスチャーが絶妙なツヤ感をつくってくれると人気の商品。
少量でよく伸びるのでもちもよく、デパコスで2,000円台と手が届く範囲なのも人気の理由です。

クチコミによると、直に塗るとヨレることがあるということなので、指に取って塗るほうが安心かもしれません。
コンパクトタイプよりもポーチの中がかさばらないので、持ち歩きにも便利なハイライトです。

落ちにくいハイライトをお探しの人や、メイク直し用のハイライトが欲しい人にもおすすめです。

第2位|クレ・ド・ポー ボーテ レオスールデクラ

クレドポーボーテ レオスールデクラ

出典:Amazon.co.jp

メーカークレ・ド・ポー ボーテ
価格8,858円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプパウダータイプ
カラーブルー・グリーン・ホワイト
美容成分〇(ヒアルロン酸)

くすみを消して、なめらかなツヤ肌に

肌がぱっと明るく、いきいきして見えると話題のデパコス有名ハイライト。
巻き貝からインスピレーションを得たというカラーで、とくにブルー系の17番がくすみを飛ばしてくれる人気カラーです。

美容成分配合で、肌へ溶け込むように伸び、パウダーながらしっとりした仕上がりになります。
ラメ感が多少強めのハイライトですが、ギラギラすることなくしっかり肌になじんでくれるので、上品な印象になります。

クチコミでは「素肌が発光しているような、なんともいえないキレイなハイライトカラー!」と高評価でした。
ただ「17番は明るすぎた…」という声もあったので、自身の肌色と合うかどうか試してからのほうがよさそうです。

肌色が明るめ・ブルーベースの人や、ラメ感が好きな人におすすめです。

第1位|M・A・C ミネラライズスキンフィニッシュ

MAC ミネラライズスキンフィニッシュ

出典:Amazon.co.jp

メーカーM・A・C(マック)
価格3,700円(Amazonにて2018年11月6日時点)
タイプパウダー
カラーライトスカペード
美容成分

コンシーラーがいらないほど透明感ある仕上がり

堂々の1位に輝いたのは、雑誌などでも紹介されたことのあるM・A・Cのベストセラー商品。
年齢肌のファンデーションでは隠しきれないくすみや毛穴を、つややかに隠してくれる救世主的なハイライトです。

とくにこのライトスカペードというカラーが人気で、マーブル模様になっています。
パールの粒がかなり細かく、ぴたりと密着して光をキレイに反射してくれるので、毛穴までもハイライト効果でカバーすることができる優れもの。

ベースがベージュっぽい色なので、ハイライトにありがちな白浮きもせず、色白さんから色黒さんまで違和感なくなじみます。

クチコミでは「光で小じわやシミを飛ばす効果があり、コンシーラーがいらないのでベースメイクが簡単になった!」と喜びの声が。
塗り方次第でナチュラルメイクからしっかりメイクまで使える、万能ハイライトです。

ハイライトでお肌のお悩みをカバーしたい人や、デパコスでハイライトをお探しの人など、さまざまな人におすすめできる商品です。

まとめ

さまざまな種類のハイライトをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ハイライトとひとくちにいっても、ラメ感や色によって仕上がりの印象はまったく違ってきます。
自分のなりたい印象をイメージして、自分に合ったハイライトを選びましょう。

ひと塗りで顔をぱっと明るく元気にしてくれるハイライトは、ポーチに必ず一つは入れておきたい、おつかれ顔の救世主アイテム。
今までハイライトを使ったことがない人も、この機会にぜひ使ってみてくださいね。

ハイライトの売れ筋ランキングをCheck!!

【Amazon】売れ筋ランキング

【楽天】売れ筋ランキング

【@cosme】売れ筋ランキング