モテ眉毛の秘訣!アイブロウのおすすめ人気ランキング10選!

アイブロウ

眉毛は、流行り廃りが顕著にあらわれるポイント。
それだけに、眉メイクを変えるだけで一気に垢ぬけた雰囲気になります。

そういえば5年前から同じ眉の描き方…
パウダーやリキッドなど種類が多すぎてどれが合うのかわからない…

なんてお悩みの方も多いはず。

ペンシルとパウダーが1本になったものや、リキッドなのに乾くとパウダーになるものなど、アイブロウは日々進化しています。
また、プチプラなのに素晴らしい仕上がりの商品もたくさんあり、どれがいいのか迷ってしまうのは仕方ないことかもしれません。

今回はまず、パウダーや眉マスカラなどの使い分けや、それぞれどんな人に向いているかをご説明。
そのうえで、本当におすすめしたいアイブロウの人気商品10選をランキング形式でご紹介いたします。

今までずっと眉の描き方を変えてこなかった人や、アイブロウ初心者の人はぜひ参考にしてみてくださいね。

アイブロウを選ぶときはこの4タイプに注目!うまく使い分けることが大切!

アイブロウパウダー

アイブロウとひと口にいっても、その種類は本当にさまざま。
その中でも代表的なタイプは以下の4つといえます。

  1. パウダータイプ(アイブロウパウダー)
  2. ペンシルタイプ(アイブロウペンシル)
  3. リキッドタイプ(リキッドアイブロウ)
  4. 眉マスカラ

これら4タイプをうまく使い分けることがキレイな眉を描くポイント!
眉尻を描くときは先の細いペンシルやリキッド、眉頭はくっきりしすぎないパウダーを使うなど、数種類を使い分けることで、立体的な眉に仕上がります。

ではさっそく、それぞれの特徴や仕上がりの違いについてみていきましょう。

アイブロウ初心者・自眉が濃い人にはパウダータイプがおすすめ!

ケイト アイブロウ

出典:Amazon.co.jp

ブラシでパウダーをのせる、一般的なアイブロウのタイプ。
2色から3色のパレットで、色を混ぜて好みの濃さにできるのが特徴です。

眉全体にのせて色ムラをなくしたり、薄い色で眉に影をつけるのに使います。
細い線を描くのには向いていないので、眉頭から眉山をぼかしながら描くのがおすすめ。

パウダーで少しずつ色をのせるため、ふんわりした仕上がりになります。
他のタイプにくらべて薄づきで、失敗しても修正しやすいので、アイブロウ初心者の人や、地眉が濃い人に向いているタイプです。

パウダータイプは、アイブロウとして使うほかにも、ノーズシャドウやアイシャドウとしてマルチに使用できるのも魅力。
一つ持っておくといろいろ便利なパウダータイプについては、以下の記事もあわせて参考にしてみてくださいね。

ナチュラルに仕上げたい人・毛量が少ない人はペンシルタイプがおすすめ!

エクセル パウダー&ペンシル

出典:Amazon.co.jp

パウダーと並んで、アイブロウのポピュラーなタイプ。
芯が硬く安定感があるので、力の入れ加減で線の太さや濃淡を調節することができます。

細い線を引くことができるので、基本的には眉の中央から眉尻にかけて使用するのがおすすめ。

毛を一本一本生やすように描くことができるので、いかにも描きましたというような不自然さがなく、ナチュラルな仕上がりになります。
眉の毛量が少なくてパウダーでは色がのりにくい人や、自然な仕上がりにしたい人に向いているタイプです。

そんなペンシルタイプには、鉛筆タイプと繰り出しタイプがあります。
それぞれの特徴を以下にまとめました。

特徴
鉛筆タイプ 芯が硬く、力の入れ加減で太さの調節が可能
定期的に削る必要がある
繰り出し式 いつでも細い芯を繰り出せる
力を入れすぎると折れやすい

ちなみに、ペンシルだけで眉を描くとカクカクしたかっちり眉毛になりやすいため、ペンシルで描いたあとはパウダーでぼかすのが一般的です。
「両方買うのはめんどくさい!」という方は、パウダーとペンシルがセットになったペンシル&パウダータイプ(一体型)もありますので、そちらがおすすめですよ。

定番ながら描きやすく、カラーも豊富なのがペンシルタイプの最大の魅力。
「しっかりペンシルで描き込みたい!」という人は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

自然に太くしたい人・まろ眉の人にはリキッドタイプがおすすめ!

アディクション リキッドパウダー

出典:Amazon.co.jp

最近定番化しつつある、先端が筆のようになっていて細い線が描きやすいリキッドタイプ。
パウダーやペンシルにくらべて乾くと落ちにくく、コスパがよいのが特徴です。

かなり細かい線が引けるので、眉尻の形を整えたり、毛を書き足したい場所に使うのがおすすめ。
筆先を使って一本一本毛を書き足すように描きますが、細い線で毛流れまで演出できるので、つけ足した感のないリアルな眉に仕上がります。

もともと眉毛が少ない「まろ眉」の人や、細い眉を自然に太くしたい人に向いているタイプです。

髪の毛が明るめの人には眉マスカラがおすすめ!

ヘビーローテーション 眉カラーリング

出典:Amazon.co.jp

まつ毛のマスカラと同じ要領で、眉毛そのものの色を変えるタイプ。
明るめの髪にすると、黒い眉のままではどうしても浮いてしまいがち…
そんな不自然さを解消するためにつくられたのがこの眉マスカラです。

こちらは眉毛全体のトーンアップに使用するのがおすすめです。
眉マスカラで地肌に描いている方もおられますが、眉マスカラは眉毛のカラーリング専用につくられており、そのまま地肌に描くものではないので注意が必要です。

眉マスカラは髪色に合わせて眉毛の色を変えることができるので、一体感のある垢ぬけた印象に仕上がります。
髪の毛が明るめの人や、垢ぬけた雰囲気に仕上げたい人に向いているタイプです。

アイブロウの中でも少々扱いが難しく、うまく塗れるようになるまでに時間がかかる眉マスカラですが、髪が明るめの人にとってはかなり重宝するアイテム。

「ヘアカラーを変えて今までのアイブロウがあわなくなった…」なんて方は、以下の記事もあわせて参考にしてみてくださいね。

理想の眉へ!アイブロウのおすすめ人気ランキングTOP10!

アイブロウのタイプによる仕上がりの違いやおすすめ使用シーンについてご紹介しましたが、アイブロウは選ぶ「カラー」によっても印象が大きく変わります。

一般的に、髪の色より少し明るめのブラウンカラーを選ぶと顔が明るく見えるといわれていますが、印象を変えたいときはグリーンやレッドなどを取り入れるなど、なりたい印象に合わせてカラーを選ぶのがおすすめ。
また、落ちにくさを求めるなら「ウォータープルーフ」かどうかにも注目してみましょう。

それでは、さまざまなアイブロウから本当におすすめしたい順に10個ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

第10位|Visee カラーリング アイブロウパウダー

Visee カラーリング アイブロウパウダー

出典:Amazon.co.jp

メーカーVisee(ヴィセ)
価格1,429円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプアイブロウパウダー
カラーカシスブラウン
ウォータープルーフ
カラー展開全3色

4色を混ぜて抜け感のある色っぽ眉へ!

パウダータイプのアイブロウは2~3色のパレットが多いなか、こちらは定番のブラウン3色にくわえてレッド系のカラーが入った珍しいタイプ。
レッドを少量ブラウンに混ぜて眉にのせることで、今っぽい赤み眉が簡単につくれます。

パウダーですがしっとりした質感でのびがよく、眉にしっかりのるのも魅力。

「抜け感のあるナチュラルメイクにぴったり」
「とても品のよい色味、ブラシも使いやすい」
など、頑張りすぎない抜け感眉メイクにちょうどよく、上品な色味なので年代問わず使いやすいと評判でした。
ただ、自分で色を混ぜてよいカラーをつくる必要があるので、アイブロウ初心者には難しいかもしれません。

眉の印象を変えたい人や、赤みのある眉をつくりたい人におすすめです。

第9位|CANMAKE ナチュラルシフォン アイブロウ

CANMAKE ナチュラルシフォン アイブロウ

出典:Amazon.co.jp

メーカーCANMAKE(キャンメイク)
価格638円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプアイブロウパウダー
カラースウィートティラミス
ウォータープルーフ
カラー展開全4色

皮脂吸収パウダー入りでふんわり眉が長持ち!

発色は控えめですが、2色パレットで使いやすく、ふんわり感が長時間続くと人気の商品です。
プチプラですが、バラ柄にプレスされたパウダーが上品で、あまり安っぽく見えないのも◎。

パウダータイプのアイブロウは、ブラシが付属でついてきますが、こちらはブラシとチップが一体になったものがついてきます。
ブラシだけでは描ききれない眉尻も、チップを使って描くことができるのは嬉しいところです。

「付属のブラシが使いやすく、気に入っています」
「描きやすく落ちにくい!」
など、付属のブラシについての評価が高く、また安いのに落ちにくいと人気でした。
しかし、発色が弱く、眉がもともと薄い人には色がのりづらいというデメリットもあるようです。

眉毛の毛量が多く、普通のアイブロウでは濃くなりすぎる人におすすめです。

第8位|FASIO パーフェクトアイブロウN(リキッド&パウダー)

FASIO パーフェクトアイブロウN(リキッド&パウダー)

出典:Amazon.co.jp

メーカーFASIO(ファシオ)
価格1,580円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプリキッド&パウダー
カラーBR301 ライトブラウン
ウォータープルーフ
カラー展開全2色

リキッドとパウダーの合わせ技で立体的な美眉へ!

「もう何本もリピートしてる!」という愛用者も多い、リキッドとパウダーが一体になったアイブロウです。
リキッドで毛を一本一本描き、上からパウダーをのせて仕上げることで、立体的で自然な仕上がりを叶えます。

チップにパウダーがあらかじめ含まれており、必要な分量だけ眉にのせることができるので、取りすぎで濃くなりすぎるなどの失敗もありません。

「もう10本目くらい。パウダーがいい感じのふんわり眉になって好みの眉毛が作れます」
「リキッドの量が他のブランドにくらべて多いのでお得」
など、仕上がりがキレイで扱いやすく、コスパにも優れていると評価されていました。

細かく眉尻を調節したいけど、ふんわり感も欲しい人におすすめです。

第7位|CEZANNE クリア マスカラR

CEZANNE クリア マスカラR

出典:Amazon.co.jp

メーカーCEZANNE(セザンヌ)
価格432円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプ眉マスカラ
カラークリア
ウォータープルーフ
カラー展開1色

トリートメント効果でケアしつつ、毛流れの美しい眉へ

眉毛をあまり短く揃えず、毛流れがわかるような自然な眉が今のトレンド。
このクリアマスカラは、ナチュラルに眉毛の存在感を底上げできるので、そんな今っぽい眉をつくるさいにもってこいの商品なんです。

また、セレブメイクで眉頭を逆立てるときに使うのも◎
しっかりした地眉をお持ちの方は、これで毛流れを整えるだけできちんと感がでます。

「眉毛が濃いので、毛流れを固めるために使っています。変にテカらずいいかんじです」
「眉頭を逆立てるさいに使用しています」
など、眉毛の毛流れを固める、整えるのにちょうどいいと評価されていました。

地眉がしっかりある人や、カラー付きのアイブロウに抵抗がある人におすすめです。

第6位|kingdom パウダリーリキッドアイブロウ

kingdom パウダリーリキッドアイブロウ

出典:Amazon.co.jp

メーカーkingdom(キングダム)
価格2,980円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプリキッドアイブロウ
カラーナチュラルブラウン
ウォータープルーフ
カラー展開全2色

ひと筆でふんわり自然な眉に!新感覚なアイブロウ

リキッドタイプは扱いづらそう…というイメージを覆した、リキッドなのにパウダー風に仕上がる新感覚の人気アイブロウ。
液体状のアイブロウを眉にのせて乾かすと、塗ったところがパウダーに変化する、というびっくりな仕様になっています。

扱いやすい平筆なので、初心者でも簡単に眉尻まで描くことができるのもポイント。
さらにウォータープルーフなので落ちにくいという優れものです。

「パウダーとリキッドの間のような仕上がりで、とても気に入っています」
「濃すぎて失敗することがなく、はじめてでもキレイに眉を描けます」
など、仕上がりのキレイさや扱いやすさには定評のある商品です。

リキッドアイブロウを試してみたい人や、手早く眉を仕上げたい人におすすめです。

第5位|shu uemura ハード フォーミュラ

shu uemura ハード フォーミュラ

出典:Amazon.co.jp

メーカーshu uemura(シュウウエムラ)
価格2,300円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプアイブロウペンシル(鉛筆タイプ)
カラーシールブラウン/ハード6
ウォータープルーフ
カラー展開全17色

肌なじみ抜群!鉛筆タイプでコスパも◎

全17色もあり、カラー選びも楽しめるシュウウエムラの鉛筆タイプアイブロウ。
使うたびに先が丸まっていくので、定期的に削る必要はありますが、削れば細かい部分も描きやすく肌なじみもよい逸品です。

かなり長めの鉛筆タイプなので、1年使ってもわずかしか減らず、値段だけ見れば少々高めですが、減りやすいパウダーよりコスパもよい商品です。

「黒髪のときも茶髪のときもどちらも浮くことなく使えます」
「芯が硬いのでちょっとの衝撃では折れないのが安心」
など、繰り出しタイプのペンシルにくらべて、折れにくい安心感が魅力のひとつです。
また、黒髪でもナチュラルな明るさの色味で使いやすいと評判でした。

黒髪で暗すぎないアイブロウをお探しの人や、コスパ重視の人におすすめです。

第4位|ドクターTS MAYU LINE

ドクターTS MAYU LINE

出典:@cosme

メーカードクターTS
価格1,980円(公式サイトにて2018年6月12日時点)
タイプ眉ティント
カラー薄いブラウン
ウォータープルーフ
カラー展開全2色

スッピンでも怖くない!ナチュラルアートメイクを自宅で簡単に!

「毎日毎日、眉を描くのはもうめんどくさい!」という人にとっては救世主的な存在の、アートメイクのような眉墨がこちら。
チップで液を眉に塗り、乾かしてはがすだけで3日から1週間眉が持続する、画期的なアイテムです。

落ちないという点から、肌に悪そうと思われる方もおられると思いますが、美容専門家監修で14種類もの美容成分が配合されており、肌への安全性もバッチリです。

「丁寧に描かないと失敗しますが、しっかり色がのり、素晴らしい商品です」
「色味もちょうどよく、美容成分が入っているのも嬉しいです。メイクの時短になります」
など、朝が忙しいワーママさんを中心に、思っていたより使いやすいと評判でした。
ただ、慣れるまでは少々時間がかかるようです。

少しでもメイク時間を短くしたい人や、スッピンに自信を持ちたい人におすすめです。

第3位|excel パウダー&ペンシルアイブロウEX

excel パウダー&ペンシルアイブロウEX

出典:Amazon.co.jp

メーカーexcel(エクセル)
価格1,566円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプパウダー&ペンシル
カラーナチュラルブラウン
ウォータープルーフ
カラー展開全8色

ペンシル・パウダー・ブラシの3機能一体型で、毛流れを整えながら美眉に!

繰り出しタイプのペンシルと、チップインパウダー、スクリューブラシが1本にまとまった、非常に使い勝手のいいアイブロウ。
ペンシルで輪郭を描いてパウダーをふんわりのせ、最後にスクリューブラシで毛流れを整えながらぼかして仕上げます。

ブラシで毛流れを整えることができるので、パウダーやペンシル単体ではつくれない、毛先まで整った美眉になれます。

「8色の中から選べるのがよい。眉の化粧に自信が持てるようになった」
「一本で3役なので、ポーチがかさばらなくてよいです」
など、これを使いだして眉メイクがうまくなったという声もあるほど、扱いやすくキレイに仕上がると評判です。
また、ポーチにいれてもかさばらないのも、持ち歩きコスメが多い方にとっては嬉しいですね。

眉毛に長さがあって毛流れが乱れやすい人や、一本でキレイに仕上がるアイブロウをお探しの人におすすめです。

第2位|HEAVY ROTATION カラーリングアイブロウR

HEAVY ROTATION カラーリングアイブロウR

出典:Amazon.co.jp

メーカーHEAVY ROTATION(ヘビーローテーション)
価格1,600円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプ眉マスカラ
カラーアッシュブラウン
ウォータープルーフ
カラー展開全7色

黒くて濃い眉もしっかり染まる!明るい発色が人気の眉マスカラ

「とにかく発色がいい!しっかり染まる!」と眉マスカラでは根強い人気をほこる、こちらのヘビーローテーションの商品。

眉マスカラは塗りすぎるとガビガビになり、薄く塗ってもムラになってしまう、初心者には難しいアイブロウ。
しかしこちらはブラシがコンパクトで地肌につきにくいうえ、眉毛への色づきもよいのでストレスなく塗れるのが魅力なんです。

「地眉が太く、髪を染めても眉だけ黒々しているのが悩みでしたが、こちらを使って解決しました」
「使用感が素晴らしい。とくにブラシはよく考えてつくられている」
など、1,600円と安価ながら、眉マスカラとしてはカラバリ、もち、色づきなどすべてにおいてバランスがよい印象でした。

髪の色が明るめの人や、眉が濃い・太くて目立ちやすい人におすすめです。

第1位|KATE デザイニングアイブロウ3D

KATE デザイニングアイブロウ3D

出典:Amazon.co.jp

メーカーKATE(ケイト)
価格1,188円(Amazonにて2018年6月12日時点)
タイプアイブロウパウダー
カラーライトブラウン系
ウォータープルーフ
カラー展開全2色

プロも使用するパウダーアイブロウの鉄板商品!

「パウダーアイブロウといえばこれ!」というほどその実力を評価されているのは、ケイトのデザイニングアイブロウ3D。

ノーズシャドウとしても使用でき、コンパクトを開けるとミラーになっているので出先でちょとなおすのにもピッタリです。
涙袋に影をつけるのにも使われ、これさえあればOKのオールインパウダーとまでいわれています。

パウダーのりが抜群にいいことや、付属のブラシの使いやすさ、カラーの発色のよさが、年代を問わず愛されている理由です。

「初心者でも、メイク玄人でも、年代問わずずっと使える使いやすさです」
「描きやすいブラシと絶妙な色で、これ以外使う気はありません」
など、愛用者の方々からの絶大な人気をうかがえるクチコミが多く、目立って悪いクチコミがみられないほどでした。

パウダーアイブロウでどれがいいか迷っている人や、流行り廃りに左右されない定番アイブロウが欲しい人におすすめです。

まとめ

アイブロウ

さまざまなタイプのアイブロウを計10個ご紹介してきましたが、使ってみたいと思えるアイブロウは見つかりましたか?

アイブロウとひと口にいっても、「パウダー」「ペンシル」「リキッド」「眉マスカラ」など、その種類は本当にさまざま。
眉尻を描くときは先の細いペンシルやリキッド、眉頭はくっきりしすぎないパウダーを使うなど、これら4タイプをうまく使い分けることがキレイな眉を描くポイント!

眉が整っているだけで顔全体が引き締まり、垢ぬけた雰囲気になります。
ぜひ、あなたにピッタリなアイブロウを見つけて素敵なモテ眉を手に入れちゃいましょう!

アイブロウの売れ筋ランキングをCheck!!

【Amazon】売れ筋ランキング

【楽天】売れ筋ランキング

【@cosme】売れ筋ランキング