もう失敗しない!卵焼きフライパンのおすすめランキングTOP10!

卵焼きフライパン

丸いフライパンを使うよりも、簡単にキレイな卵焼きを作れる「卵焼きフライパン」

卵焼きフライパンが欲しい…
どうやって選べばいいんだろう…

そんなあなたのために、卵焼きフライパンのおすすめ10選をランキング形式で紹介!
卵焼きフライパンを選ぶにあたっては、「素材」「表面加工」に注目して選ぶことが大切です。
また最近では、「IH対応」の商品も多く販売されています。

ベストな卵焼きフライパンを選ぶためのポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ふわっと仕上がる!卵焼きフライパンのおすすめ人気ランキングTOP10!

卵焼きフライパン

卵焼きフライパンは、「焼きやすさ」と「手入れのしやすさ」を重視して選びたいところ。
それらを左右するのが、「素材」「表面加工」です。

卵焼きフライパンに用いられる主な素材について、それぞれの特徴を以下の表でまとめました。

熱伝導率保温性耐久性手入れのしやすさおすすめの人
高い錆びやすい耐久性重視
アルミニウム衝撃に弱い手入れが簡単バランス重視
普通手入れが大変仕上がり重視

上記の素材以外にも、「鋳物」「南部鉄」を使ったフライパンもあります。
鋳物は鉄よりも油なじみが良く、南部鉄は焦げつきにくいという特長があります。

またアルミニウムのフライパンは、衝撃に弱く手入れが大変なのでステンレスと多層構造になっている商品も多いです。
そのほか、焦げつきにくくするために「フッ素樹脂加工」「セラミック塗装加工」が施されている鉄製のフライパンや、錆びにくくするためのすず引き加工」が施された銅製のフライパンもあります。

最近では直火だけでなく、「IH対応」の卵焼きフライパンも販売されているのでチェックしてくださいね。

それでは、卵焼きフライパンのおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。

第10位|アサヒ 食楽工房 本職用玉子焼き 18cm 木蓋付

メーカーアサヒ
サイズ40×180×180mm
素材
表面加工
IH対応

熱伝導の違いを実感

高級感と熱伝導の優秀さなら、銅製がおすすめ!
焼きムラが少なく、均一に仕上がります
味もまろやかに仕上がるため、プロに多く選ばれている素材ですよ。
お値段は高めですが、ふわふわにおいしく仕上げたい、卵焼きのクオリティにこだわりたい人におすすめです。
こちらの製品はフタつきなので、よりいっそう本格的な仕上がりに。

最初は卵がくっつきやすいので、油を多めに塗って使いましょう。
回数をこなすうちに、だんだん油がなじんできますよ。
油がなじんだら、少ない量の油でOK。
使用すればするほど程度がよくなり、焼きやすくなる卵焼きフライパンです。

18cmと大ぶりなフライパンは珍しいので、大家族で大きい卵焼きを作りたい方にもおすすめです。
サイズ違いの販売もあるので、比べてみてください。

第9位|EBM 銅 玉子焼 関東型

メーカー丸新銅器
サイズ150×150×30mm
素材
表面加工錫引き加工
IH対応

銅製フライパンをもっと身近に

銅製のフライパンは高いのがお決まりですが、こちらは大変お買い得です。
アルミニウム製と変わらない価格で、プロ御用達の銅製を体感できますよ。

Amazonのレビューでも、
「ほかの商品は大体4000円前後することを考えたら格安です」
と、お値段の安さがたいへん好評です。
コスパのよさと評価の高さから、Amazon’s Choiceにも選出されています。

調理に慣れるには少し時間がかかりますが、お手頃価格なので「銅製品って憧れるけど、高いから…」と購入をあきらめてしまいがちな人におすすめです!

第8位|匠JAPAN 玉子焼き〈小〉/MGEG-S

メーカー日本洋食器株式会社
サイズ98×325×58mm
素材
表面加工シリコン塗装加工
IH対応

健康・おいしさにこだわる人が選ぶ

鉄製の卵焼きフライパンで、Amazonのベストセラー商品!

こだわりは、独自開発した「マグマプレート」。
デコボコした凹凸があり、食材と凸部で接触するので、ほかの鉄製品よりも油なじみがよく、使っていくほどにコゲつきにくくなります

錆びやすく重い鉄製品ということもあって、最初は扱いが難しく感じるかもしれませんが、使うほど馴染み、味が出ますよ。
ほかの素材にはない重厚感が楽しめます。

Amazonのレビューでも、「鉄のフライパンは面倒、使いこなせないイメージがありましたが、ちゃんと油ならし等をすればくっつかないし、野菜を炒めてもテフロンよりおいしくできます」と評価されています。

フライパンから鉄分を摂取できるという説もあるので、健康とおいしさで選ぶ人におすすめです。

第7位|中村銅器製作所 玉子焼鍋

メーカー中村銅器製作所
サイズ120×160mm
素材
表面加工錫引き加工
IH対応

プロの伝統技をご家庭で

プロも愛用する銅製品を製作している、「中村銅器製作所」の特別な卵焼きフライパンです。
中村銅器製作所は、親子4代に渡って続いてきた信頼できるメーカー。
一つひとつ職人さんが手造りしています。

銅製品ならではの美しい見た目、熱伝導のよさはもちろん、銅に厚みがあるので、余熱調理しやすいのがポイント。
火を止めてからも冷めにくく、ふんわりとした卵焼きが作れます。
ずっと大事にしたくなる、高級感抜群のフライパンです!

もち手の角度もちょうどよく、卵焼きを返しやすいつくりになっています。
信用できるモノにこだわりたい人におすすめですよ。

また、大きさのラインナップが豊富なのも注目したいポイント。
人気は画像の12長サイズですが、さらに小さい「ミニ」、ひとまわり大きな「13長」もご家庭で使いやすいでしょう。

第6位|Le Creuset TNS エッグパン

メーカーLe Creuset(ル・クルーゼ)
サイズ370×150×45mm
素材アルミニウム
表面加工フッ素樹脂加工
IH対応

やっぱりル・クルーゼ!

キッチンウェアの人気ブランドといえば、フランスの「ル・クルーゼ」。
卵焼きフライパンも販売しているんですよ。

ル・クルーゼ製品は、ずっと使える耐久性の高さがポイント。
この卵焼きフライパンも、一般的なアルミニウムに皮膜層を厚くする処理が施されており、高い耐久性を実現しています。
内側にも外側にもフッ素加工つきでコゲにくく、さらに熱伝導率も優秀です。

本体そのものが高いので、初期費用はかかるブランドですが、できるだけ買い換えを少なくしたい人におすすめですよ。
IH対応なので、いつガスコンロからIHの家へと引っ越しても安心ですね。

第5位|リバーライト 極ジャパン たまご焼き 大

メーカーリバーライト
サイズ184×352×87mm
素材
表面加工特殊熱処理
IH対応

鉄製フライパンのいいとこ取り

熱量豊富な鉄製フライパンは、料理をおいしく仕上げることができます。

そのいっぽうで錆びやすいのがデメリットですが、こちらの製品は、表面の窒化鉄層と酸化鉄層のおかげで錆びにくいのが特長。
さらに、サビ止めの塗装はされていないので、使いはじめの空焼き不要です。

鉄製の高い調理力はそのままに、お手入れしやすく長もちする商品です。
まさに鉄製フライパンのいいとこ取りをしている製品と言えるでしょう。
ただし、鉄製フライパンなので重いのが欠点。

鉄にこだわりたいけど、錆びるのが面倒と感じている人におすすめですよ。

第4位|和平フレイズ フライパン 卵焼き ACM-9575

メーカー和平フレイズ
サイズ380×150×80mm
素材アルミニウム
表面加工フッ素樹脂加工
IH対応

2種類のマーブルで強くてなめらか

安さ重視のモノ選びなら、こちらの卵焼きフライパンがリーズナブル
「和平フレイズ」の深型タイプです。

お値段だけでなく、軽さも魅力
Amazonのレビューでも、
「安いのに軽く、1年常用していますが品質は変わりません」
「はじめての軽さに驚きました」
「大きいのに軽い」
「こんなに軽いフライパンで、どうして焼きムラがでないのか不思議で感動しました」
と、皆さん軽さを実感されているのがわかります。
軽くて安くて使いやすいなんて、まさに理想の商品ですね!

軽さと安さ重視の人におすすめの卵焼きフライパンです。

第3位|T-fal キャストライン エッグロースター

メーカーT-fal(ティファール)
サイズ350×147×80mm
素材アルミニウム
表面加工フッ素樹脂加工
IH対応

ワンランク上の「おいしさ」を実現

ティファールから、はじめてのIH対応卵焼きフライパンが登場です。

蓄熱率の高さが魅力のシリーズ「キャストライン」は、厚底(5.5mm)が特長。
温度が急激に上昇しないので、火を強くしすぎて卵焼きがあっという間に焦げる……ということを防げます。

またティファール製品の魅力は、予熱完了が中央のマークでわかること。
予熱が完了すると、中央の赤いTマークが変化します。
繊細な火加減で仕上がりの固さが変わる卵焼きも、これなら調理しやすいです!

しかも焦げつきにくく、キレイな仕上がりで、洗うのも楽。
取っ手が取れるのも、ティファールならでは。
IH対応の、焦げにくくてお手入れがカンタンな卵焼きフライパンがほしい人におすすめです。

ティファールは卵焼き用のフライパンを複数出しているメーカーなので、ぜひほかのシリーズとも比較検討してみてください。

第2位|ドウシシャ エバークック 卵焼き

メーカードウシシャ
サイズ145×367×37mm
素材アルミニウム
表面加工フッ素樹脂加工、アルマイトコーティング
IH対応

フッ素のはがれに悩まない

ドウシシャの「エバークック」は、ずっと使いたくなるフライパンであることをコンセプトにしています。

「フッ素加工がはがれる」なんて話、聞いたことありませんか?
この「エバークック」は、アンカーという独自構造がフッ素をつかんで離さず、加工がはがれにくくなっています。
万が一はがれてしまっても、塩分に強いアルマイトコーティングがアルミニウムの腐食を防ぎ、長もちさせます。
表面加工にこだわりのある商品です。

銅製かと思わせるような見た目ですが、アルミニウム製です。
ピカピカしたゴールドの内側と、赤や黒の組み合わせがおしゃれ。
卵焼きフライパンは黒系が多く、どうしても地味でつまらない…という見た目になりがちですが、こちらのフライパンなら使うのが楽しくなりそう!

おしゃれで、しかも長く使える卵焼きフライパンがほしい人におすすめです。

第1位|T-fal インジニオ・ネオ グランブルー・プレミア エッグロースター

メーカーT-fal(ティファール)
サイズ206×146×50mm
素材アルミニウム
表面加工チタンプレミアコーティング
IH対応

さわやかなブルーが食卓のアクセントに

第1位はコレ!
Amazonでも楽天市場でも売れている、大人気の卵焼きフライパンです。

メーカーは「取っ手が取れる」でおなじみの「ティファール」。
分解できるので、収納のときや洗うときに便利です。
フライパンというと、女性にとっては重量が気になりますが、ティファールなら取っ手を取り外すことでカンタンに扱えます。

ほかのティファール製品同様、中央の赤い印で予熱完了がわかりますよ!
深さがあるつくりになっているので、分厚い卵焼きや少人数分のパスタをつくるときに重宝します。
人気メーカーの卵焼きフライパンで、安定した調理がしたい人におすすめです。

食卓に映える「インジニオ・ネオ グランブルー・プレミア」というシリーズで、同じ色のフライパンやソースパン(鍋)も販売されていますよ。
キッチンを同じシリーズで統一しても素敵ですね。

「油ならし」で焦げつきや食材がくっつくのを防ぐ

油ならし

卵焼きフライパンを購入して使い始める前に、焦げつきや食材がくっつくのを防ぐ、「油ならし」という作業をするようにしましょう。
油ならしの手順は、以下のとおりです。

  1. フライパンをお湯でよく洗う
  2. 火をかけて水分を蒸発させる
  3. フライパンに油を塗る
  4. 中火で2~3分加熱して油を十分に染み込ませる。

油ならしの後、すぐ調理する場合はそのままで使用し、保管する場合はキッチンペーパーなどで軽く拭きとってください。
ひとつのフライパンを長く使うためにも、「油ならし」をしてキレイな卵焼きを作りましょう。

まとめ

卵焼きフライパン

いかがでしたか?
今回は、卵焼きフライパンのおすすめ商品をランキング形式で紹介してきました。

熱伝導率・保温性を重視する方は「銅」、耐久性重視の方には「鉄」がおすすめです。
手入れがしやすく、長く使えるフライパンを探している方は、アルミとステンレスの多層構造のフライパンがおすすめですよ。

そのほかにも、「表面加工」や「IH対応」も忘れずにチェックしましょう。
あなたにピッタリな卵焼きフライパンを見つけて、美味しい卵焼きを作ってみてください。

中華鍋

これで炒め物マスター!中華鍋のおすすめ人気ランキング10選!

2018/12/18
天ぷら鍋

サクサクに揚がる!天ぷら鍋のおすすめ人気ランキングTOP10!

2018/12/7
オイルポット

油、ムダにしてない?オイルポットのおすすめ人気ランキング10選!

2018/12/24

卵焼きフライパンの売れ筋ランキングをCheck!!