ツヤめく頬へ!クリームチークのおすすめ人気ランキング10選!

今やチークの主流といってもよいほど人気の「クリームチーク」

クリームチークは塗りにくくて苦手…
いろんなタイプがあって、どれがいいかわからない…

たしかにクリームチークは、ティントタイプスティックタイプなど種類が豊富で選ぶのが難しいアイテム。
でも、日々進化するクリームチークには、使いやすく優秀な商品がたくさんあるんです。

クリームチークを使ってみたけれどよさがわからなかった、なんて人はその商品が合わなかっただけの可能性もありますよ。

今回はそんなクリームチークの魅力や選び方と、おすすめの人気クリームチークを10個ご紹介!
お気に入りの商品を見つけてみてくださいね。

クリームチークの魅力はやっぱりツヤ感

モデル ツヤ肌

クリームチークがおしゃれ女子に支持されている理由はいろいろありますが、とくに「マルチに使える機能性」「色持ちのよさ」が挙げられます。

クリームチークは、リップやアイカラーとして使えるものが多く、クリームチーク一つでメイクを仕上げることができるので節約や時短にもなります。
一つで何役も兼ねる機能性は、パウダータイプやリキッドタイプにはないクリームチークならではの特長です。

さらに、クリームチークはほかのチークタイプよりも、肌への密着度が高いため落ちにくいのもポイント。
チークはメイクのなかでもとくに落ちやすい部分であり、範囲が広いため落ちると目立ちやすいところでもあります。

クリームチークはツヤのある血色感をだせるうえ、落ちにくいという点から、働く大人の女性にかなりおすすめのアイテム。
また、クリームチークは保湿効果のある商品も多いので、乾燥肌の人にもおすすめです。

クリームタイプは濃いカラーが多いので、最初は使いづらいと感じるかもしれませんが、慣れてしまえばひと塗りで色づくので、忙しい朝のお助けアイテムになりすよ。

今回はクリームチークをご紹介していますが、ふんわりサラサラに仕上げたいなら「パウダーチーク」
内側からポッとにじむような、マットで自然な仕上がりにしたいなら「リキッドチーク」がおすすめです。
クリームチーク以外のチークも気になる!という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

クリームチークはカラーや使いやすさで選ぼう

なんとなくで選ぶと、失敗しがちなクリームチーク。
商品によってテクスチャーのやわらかさや発色がかなり違います。

なりたいイメージや自分の肌にぴったりなクリームチークを選ぶには、選定ポイントをおさえておくことが大事。
クリームチークを選ぶうえで注目したいポイントは、以下の2つです。

  1. ベースカラーをふまえてカラーを選ぶ
  2. 自分に合ったタイプを選ぶ

チークのなかでも大人気のクリームチークですが、扱い方が意外と難しいアイテム。
一つひとつポイントを解説していきますので、自分に合う使いやすいクリームチークを選ぶための参考にしてください。

カラー選びは肌の色に合わせると失敗なし

クリームチーク カラー

モデルさんが使っているものと同じカラーを使ってみたけど、なんだかイメージと違った…
なんてことはありませんか?

日本人の顔色は一般的に黄みよりですが、そのなかでも「イエローベース」「ブルーベース」にわけることができます。
なんだかしっくりこないのは、自分のベースカラーに合っていないことが原因の場合もあります。

「イエローベース」はどちらかというと肌が浅黒い人で、暖色系のコーラルピンクやオレンジ系と相性がいいです。
いっぽう「ブルーベース」はどちらかというと肌が青白く、寒色系のローズピンクやマゼンタといったカラーと相性がいいといわれています。

これらをふまえたうえで、元気さを演出したいなら「イエローベース」はオレンジ系、「ブルーベース」はクリアなホットピンクなど、なりたい印象に合わせて色の明度やニュアンスを変えて楽しむのがおすすめです。

使いやすさで選ぶならチークのタイプにも注目!

クリーム チーク 形状

クリームチークとひとくちにいっても、そのタイプ(形状)はさまざま。
毎日使うとなると、ムダなストレスがかからないように使いやすいタイプにも注目したいところです。

クリームチークのタイプとそれぞれの特徴について、以下の表にまとめました。

タイプ特徴
コンパクト●もっともポピュラーな指でつけるタイプ。カラーが豊富。
いろんなカラーを楽しみたい人におすすめ。
スティック●口紅のように繰り出して使うタイプ。リップとしても塗りやすい。
リップと併用したい人や、持ち歩いて使う人におすすめ。
ポンポン●最近でてきたタイプ。パウダーインのものもあり、仕上がりがサラサラ。
ベタっとした仕上がりが苦手な人や手軽にメイクしたい人におすすめ。

クリームチークは指でとってなじませるのが一般的ですが、新しくでてきたポンポンタイプのように指を汚さず手軽にメイクできるものもあります。
自分の使うシーンや仕上がりに合わせて、より使いやすいタイプを選びましょう。

しっとり色づく!クリームチークのおすすめ人気ランキングTOP10!

ベースカラーをふまえたカラー選びや、クリームチークのタイプのほかに、プチプラからデパコスまで幅広いアイテムから選ぶこともポイント。

最近は、プチプラでもお値段以上の優秀商品が揃っていますよ。
また、デパコスはハードルが高いと感じている人も、クリームチークなら比較的安価なので試しやすいのではないでしょうか。

それでは、クリームチークのおすすめ人気ランキングTOP10の発表です。

第10位|ADDICTION チーク スティック

ADDICTION チーク スティック

出典:Amazon.co.jp

メーカーADDICTION(アディクション)
価格3,020円(Amazonにて2018年7月7日時点)
カラー03アフリカンサンセット
カラー展開全8色
タイプスティック

軽いタッチでスルスル伸びる、ワンストローク完結チーク

「ADDICTION」から出ているスティックタイプのクリームチークは、スティックタイプながらまるでグロスインの口紅のようなテクスチャー。
口紅・アイカラーにも使え、とろけるようなテクスチャーが肌のうえで均一に伸び、しっかり色づきします。

「03アフリカンサンセット」のカラーは、落ち着きすぎないベージュ系のオレンジで、大人のフレッシュさを演出できます。

「内側からじわっと広がっているような仕上がりとツヤ感がかわいい」
「肌にピタッと密着する感じで、もちもよくキレイに発色してくれます」
など、密着感があり落ちにくい高発色のスティックタイプクリームチークとして人気です。

伸びがよく摩擦の少ないテクスチャーが好みの人や、口紅としても使いたい人におすすめです。

第9位|LUNASOL カラーリングクリーミィチークス

ルナソル カラーリングクリーミィチークス

出典:Amazon.co.jp

メーカーLUNASOL(ルナソル)
価格3,780円(Amazonにて2018年7月7日時点)
カラー01ソフトピンク
カラー展開全2色
タイプコンパクト

肌そのものが色づいたかのような自然な発色

クリームチークにありがちな仕上がりのべたつきをまったく感じさせない、サラッとした仕上がりに驚く人続出のクリームチーク。

肌に溶け込んで透けるように発色するから、まるで肌自体が自然に色づいたような雰囲気を演出できます。
塗るときはしっとりしつつも、塗り終わりはサラサラの表面になっているので、ムダなストレスもありません。

「クリームチークは苦手でしたが、このチークはパフですごく薄くつきます」
「色も上品で発色もよく、なじみもよかったです」
など、肌なじみがよすぎるのかクリームチークには珍しいかなり薄づきのタイプで、付属のパフでなじませるクリームチークとして支持されています。

量の調節がうまくできずクリームチークが苦手な人や、サラサラに仕上げたい人におすすめです。

第8位|MiMC ミネラルクリーミーチーク

MiMC ミネラルクリーミーチーク

出典:MiMC

メーカーMiMC(エムアイエムシー)
価格3,300円+税
カラー06ライブリーピンク
カラー展開全8色
タイプコンパクト

肌を美しくみせる「美容液」チーク

濃厚なマンゴーバターとオーガニックアルガンオイルなど、美容成分をふんだんに使った「MiMC」のミネラルクリーミーチーク。
ただの「美容液を配合したコスメ」ではなく、「メイクアップ効果の高い濃縮美容液」をコンセプトにつくられています。

高い保湿力の美容液成分が、乾燥しがちなチークラインをしっかりケアし、いつでもみずみずしい肌へ導きます。

「発色がいいのと、時間がたっても色がくすまないので、愛用しています」
「しっとり!細かなゴールドのラメが入っていてとてもかわいいです」
など、少量でも高発色でつやめく肌になれる、お肌にやさしい美容液クリームチークとして好評です。

メイクしながらお肌のケアもしたい人や、みずみずしい仕上がりにしたい人におすすめです。

第7位|MAQuillAGE ビューティースキンクリエーター

マキアージュ ビューティースキンクリエーター

出典:Amazon.co.jp

メーカーMAQuillAGE(マキアージュ)
価格2,480円(Amazonにて2018年7月7日時点)
カラーRD344(コーラルピンク系)
カラー展開全2色
タイプポンポン

ポンポンなじませるだけの簡単クリームチーク

美肌クリエーター処方でクリームのツヤ感とパウダーのサラサラ感を両立する、ポンポンタイプの新しいクリームチーク。
発色が控えめなので、ポンポンタイプが苦手な方でも濃くなりすぎないのがうれしいポイントです。

内側からにじむような血色感を演出する「錯覚ブライトカラー」が魅力。
黄みよりと赤みよりの2色展開なので、いろいろ迷わず選びやすいですね。

「手が汚れずチークができるので、お化粧直しも簡単です」
「モチもよく、終日崩れないのも魅力です」
など、手が汚れず簡単にチークを入れられる、時短メイクに最適なクリームチークとして人気上昇中のアイテムです。

時短メイクをしたい人や、化粧直し用に使いたい人におすすめです。

第6位|CHANEL レ ベージュ スティック ベル ミン

シャネル スティックチーク

出典:Amazon.co.jp

メーカーCHANEL(シャネル)
価格4,980円(Amazonにて2018年7月7日時点)
カラーN°21
カラー展開全3色
タイプスティック

ほのかなパールがかわいさと上品さを引き出す

デパコスブランドでも一目置かれている、「CHANEL」のスティックタイプクリームチーク。
テクスチャーがほどよい固さで、肌になじんでヘルシーな血色感を演出してくれます。

お肌に直接つけてスポンジでトントンとなじませるのが、ヨレずにつけるコツのようです。
色味はかわいらしいですが、ツヤ感がでるので色っぽい雰囲気にもなりますよ。

「とても使いやすく、発色もいいので最高です」
「この繰り出し式の面の大きいタイプはとても使いやすいです」
など、じんわり自然な発色が人気で、繰り出したときの面が広めで塗りやすいということでした。

デパコスに挑戦してみたい人や、色っぽく仕上げたい人におすすめです。

第5位|Visee リップ&チーク クリーム

ヴィセ クリームチーク

出典:Amazon.co.jp

メーカーVisee(ヴィセ)
価格1,080円(Amazonにて2018年7月7日時点)
カラーPK-2ガーリーピンク
カラー展開全10色
タイプコンパクト

落ちにくさ抜群のクラシックカラーがかわいい

クリームチークのなかでも落ちにくさや発色のクオリティが有名な、「Visee」のリップ&チーククリーム。
各カラーは一見かなり濃いめですが、意外なほどに薄づきで、自然な華やかさを演出してくれます。

ほかにはないクラシックなカラーも人気の理由ですが、値段もお手頃なので買いやすいのも魅力です。

「自然な血色感がお気に入りです!体温ですぐ溶けるので伸ばしやすい」
「色持ちが良く、いつまでも塗りたてのようなきれいな色」
など、色持ちが非常にいい、塗りたて感を長時間持続できるお手頃なクリームチークとして称賛されています。

絶対にチークを落としたくないという人や、汗をかきやすい人におすすめです。

第4位|24h cosme ミネラルスティックカラー

24コスメ ミネラルスティックカラー

出典:Amazon.co.jp

メーカー24h cosme
価格1,944円(Amazonにて2018年7月7日時点)
カラー04シュガー
カラー展開全4色
タイプスティック

顔中どこでも使用OKのお肌にやさしいミネラルクリームチーク

「24時間落とさなくてもOK!」をコンセプトに、お肌にやさしいコスメを良心価格で提供する「24cosme」のクリームチーク。
保湿成分がたっぷり配合され、色だし成分にもタール系色素を使わずに天然ミネラル成分を使用しています。

チークのほかに口紅やアイカラーとしても使用できるので、お肌をいたわりながら統一感のあるメイクに仕上がります。

「メイクする前よりも落とした時の方が肌の調子が良かったりする」
「メイクが苦手な私でもとても使いやすい商品」
など、メイクしつつ保湿もできるマルチなクリームチークとして高い評価を獲得しています。

使いやすくて落としやすいクリームチークをお探しの人や、肌荒れしやすいけど高価なコスメは手が届かないという人におすすめです。

第3位|COSME DECORTE クリーム ブラッシュ

コスメデコルテ クリームブラッシュ

出典:Amazon.co.jp

メーカーCOSME DECORTE(コスメデコルテ)
価格3,780円(Amazonにて2018年7月31日時点)
カラーPU150(パープル系)
カラー展開全8色
タイプコンパクト

「買える透明感」と呼ばれる、驚きの仕上がり

ハイライトとしても仕込みチークとしても使える、「COSME DECORTE」のクリームブラッシュ。
独自製法で練り上げたスフレのような質感のテクスチャーが、お肌のうえで引っかかることなく伸び広がります。

「買える透明感」とまでいわれるPU150のカラーは、ハイライト・チークのどちらとして使っても、一瞬で透明感のあるツヤ肌にしてくれます。

「色黒な私でも透明感が出ました!」
「パウダーの上から塗ってもヨレないし、重ねてつけても問題ありません」
など、クリームがやわらかくてパウダーの上からでもヨレないと評判の、透明感を演出できるクリームチークです。

とにかく透明感のある仕上がりにしたい人や、パウダーファンデを使っている人にもおすすめです。

第2位|CANMAKE クリームチーク

キャンメイク クリームチーク

出典:Amazon.co.jp

メーカーCANMAKE(キャンメイク)
価格626円(Amazonにて2018年7月10日時点)
カラーCL01クリアレッドハート
カラー展開全8色
タイプコンパクト

塗ったあとはパウダーに変化する、新感覚ジェルクリームチーク

プチプラ王道コスメメーカーの「CANMAKE」から発売されている、超ロングセラー商品。
1,000円以下のプチプラ価格ながら、保湿もできて仕上がりがサラッとする機能性の高い逸品です。

クリアカラーの4色はラメが入っていないので、より自然にマットな質感に仕上がりますよ。

「コスパもよく発色もよく、チークはずっとこれを使っています。保湿にもなります。」
「お手頃な値段でカラーバリエーションも豊富。流行カラーを取り入れたい時に購入します」
など、気軽に買える高機能プチプラクリームチークとして評判でした。

コスパ重視の人や、流行カラーに挑戦してみたい人におすすめです。

第1位|THREE シマリング グロー デュオ

スリー シマリンググローデュオ

出典:Amazon.co.jp

メーカーTHREE(スリー)
価格4,599円(Amazonにて2018年7月7日時点)
カラー01(ライトピンクベージュ系)
カラー展開全2色
タイプコンパクト

こんなの欲しかった!リアルな素肌感を生み出すナチュラルクリームチーク

ファンデーションだけではつくれない、リアルな素肌感をつくり出すためのマストアイテム!

ファンデーションで隠れた地肌の血色を呼び起こすかのような、究極のナチュラルツヤ肌が一瞬で手に入ります。
チークラインだけでなく、テカりやすいTゾーンに塗ることでテカリをおさえつつ、旬なツヤ肌がつくれます。

「一つの商品でこんなにも顔の印象が変わるのかと驚きました」
「キレイにツヤがでて、垢ぬけた今どきのお顔になれる気がします」
など、色味は控えめですが、塗るのと塗らないのとではまったく印象が違うと評判でした。

旬なツヤ肌をつくりたい人や、人工的なチークカラーが苦手な人におすすめです。

クリームチークは塗るタイミングが大切!パウダーの後はNG!

クリームチークを使いこなすには、塗るタイミングがとっても大切!
実は、使用するファンデーションがリキッドかパウダーかで、塗るタイミングが変わってくるんです。

「リキッドファンデーション」を使っている場合は、

  1. 下地
  2. リキッドファンデーション
  3. クリームチーク
  4. フェイスパウダー

という順番がおすすめです。

いっぽうの「パウダーファンデーション」の場合は、

  1. 下地
  2. クリームチーク
  3. パウダーファンデーション

という順番がおすすめですよ。

ポイントは、「パウダーアイテムを塗る前に、クリームチークを塗る」ということ。
なぜかというと、パウダーをのせた上からクリームチークを塗ると、伸ばすときにパウダーが巻き込まれダマやムラになってしまうからです。
リキッドファンデーションや下地をなじませた、滑らかな肌にクリームチークを使用しましょう。

まとめ

さまざまな質感・タイプのクリームチークをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
商品によって、血色感やツヤ肌へのアプローチの仕方がかなりちがうことに驚かれたかもしれません。

クリームチークが得意とするツヤ肌づくりは、商品の選び方を間違えると変にテカテカしたり、べたついたりするもの。

自分がなりたいのは華やかなツヤほっぺなのか、大人っぽい自然な血色感のほっぺなのか、なりたい印象をしっかりイメージして、最適なチークを選びましょう!

クリームチークの売れ筋ランキングをCheck!!

【Amazon】売れ筋ランキング

【楽天】売れ筋ランキング

【@cosme】売れ筋ランキング











応募〆切 1/20(日)まで
~読者プレゼント企画~

姉妹サイト『LiQuest-Press』公式Twitter(@LiquestPress)のフォロワーの中から抽選で2名様にプレゼント!