お掃除楽々!コードレス掃除機のおすすめ人気ランキング10選!

コードレス掃除機

毎日の掃除をもっと楽にしたい…
掃除機を買い替えたい…
コードが邪魔…

家中どこでも電源なしで使用できるコードレス掃除機は、いまや一家に一台と言っても過言ではない家電です。
最近では吸引力や機能もどんどんパワーアップしており、コード式と比べてもひけをとりません。

今回はそのなかでも、とくに優れた商品を厳選してランキング形式で紹介していきます。
集じん方法の違いやバッテリー交換方法など、気になる疑問点やチェックポイントも丁寧に解説しますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

コードレス掃除機を選ぶときに最低限チェックしたい2つのポイント!

コードレス掃除機を選ぶときに注目したいポイントは、ズバリ以下の2点です。
どちらも、長く快適にコードレス掃除機を使うための重要な項目ですので、しっかりチェックしてください。

  1. 集じん方式(サイクロン式・紙パック式)
  2. バッテリーの寿命・交換方法

この2つの項目について、以下でくわしく説明していきます。

集じん方式に注目!サイクロン式と紙パック式を比較!

掃除機

掃除機の集じん方法には、「サイクロン式」「紙パック式」の2種類があります。

サイクロン式は、吸い込んだゴミやホコリをダストカップに集めるタイプです。
紙パック式は、掃除機内にセットされた紙パックにゴミやホコリを集めるタイプです。

両タイプを以下の表にて細かく比較してみました。

サイクロン式比較項目紙パック式
ゴミと空気を分離するため、持続する。吸引持続力紙パック内を空気が通るため、ゴミが溜まると弱くなる。
ほぼ不要。ランニングコスト紙パック代がかかる。
カップから捨てるのでホコリが舞うことがある。ゴミ捨て時の特徴パックごと捨てられるので衛生的。
フィルターの掃除が必要。メンテナンスとくに必要なし。
ゴミを通らないのでキレイ。排気ニオイが気になることもある。

このように、サイクロン式や紙パック式にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

ゴミに極力触れたくない、中身を見たくない方は、簡単に捨てられる紙パック式を選ぶとよいでしょう。
また、紙パックがフィルターの役目も果たすため、メンテナンスが面倒な方にもおすすめです。

紙パック購入などのランニングコストをかけたくないといった方には、サイクロン式がよいでしょう。
また排気がキレイなため、ペットを飼っていたり、小さなお子さんがいる方にもおすすめです。

バッテリーの寿命・交換方法は必ずチェック!

バッテリー

コードレスで使うために必要不可欠なバッテリーには、当然ながら寿命があります。
コードレス掃除機を選ぶときには、バッテリーの寿命や交換方法も合わせてチェックするようにしましょう。

バッテリーの寿命に関しては、だいたい1,000〜2,000回くらいの充放電で交換目安とする商品が多く流通しています。
気温や保管状態、バッテリーの劣化具合にもよりますが、毎日フル充電して使っていればだいたい2~3年ほどで交換時期がやってくるケースが多いようです。

交換方法については大きく分けて2種類あり、自分で交換するタイプできないタイプにわかれます。
後者の場合は、販売店に持ち込んだり郵送して交換してもらわなければなりません。

自分で交換できるタイプは、今回ご紹介する商品ですとSHARPPanasonicの製品などが当てはまります。
販売店に持ち込むタイプは、TOSHIBAHITACHIが当てはまります。
Dysonもこちらのタイプですが、人気商品なだけあって、自分で交換できる互換品も販売されています。

互換品を使ってバッテリーを交換すると、うまく動作しなかったり、メーカーの保証を受けられなかったりする可能性がありますので注意が必要です。

どちらにせよ、バッテリー交換のさいは一度サポートセンターに問い合わせると間違いがないでしょう。

もう縛られない!コードレス掃除機のおすすめランキングTOP10!

それでは、コードレス掃除機のおすすめ人気ランキングTOP10を発表していきます。

商品を選ぶときには、集じん方式バッテリーの寿命・交換方法に注目しましょう。
また、連続使用時間や充電時間、本体重量も選ぶうえでの決め手になります。

家の大きさや、どんなところをよく掃除するかなどもイメージしながら、あなたにピッタリな掃除機を探していきましょう。

第10位|SHARP FREED EC-SX320

EC-SX320

出典:Amazon.co.jp

メーカーSHARP
価格20,800円(Amazonにて2018年5月20日時点)
本体重量2.1kg
集じん方式サイクロン式
連続使用時間強標準モード:約30分~強モード:約8分(充電時間:約80分)
バッテリー寿命充電約1,100回
バッテリー交換方法自分で交換(価格:8,000円+税

床みがき機能を搭載したコードレスクリーナーのスタンダードモデル

大風量ターボモーターを搭載し、サイクロン式の遠心分離をより強力にしたモデルです。

ヘッド部にはファイバー素材を使用した「床みがきブラシ」が取りつけられているため、吸引だけでは取りきることのできないゴミを効率的に吸い取ることができます。

また、「マジックバランス」という機構を採用しており、壁や家具に立てかけなくても本体のみで自立可能です。
このタイプのコードレス掃除機は自立できないタイプが多いので、地味ながらもあると便利な機能ですね。

カップやフィルターは丸洗いできるため、メンテナンスが簡単なことも嬉しいポイントです。
ふとん掃除ヘッドやすき間ノズルも付属しているので、床やカーペットだけでなく、ソファやベッドなどにもしっかり掃除機をかけたい方におすすめです。

第9位|makita 充電式クリーナー CL070DS

 CL070DS

出典:makita

メーカーmakita
価格16,800円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量0.81kg
集じん方式カプセル集じんタイプ
連続使用時間約8分(充電時間:約30分)
バッテリー寿命
バッテリー交換方法自分で交換(価格:3,654円

「奥の奥までしっかり届く」T型ノズル採用

愛知県の総合電動工具メーカーである、株式会社マキタが販売するコードレス掃除機です。

床に密着する「T型ノズル」を採用し、ベッドやソファの下など、通常であればヘッドが入らない場所もストレスなく掃除することができます。

内蔵されたカプセルのなかにゴミを溜める「カプセル集じんタイプ」を採用しているので、サイクロン式のようにごみ捨てが可能です。

付属品のサッシノズルを使えば、窓やドアのサッシをはじめとした隙間のゴミも簡単に吸い取れます。
重量も軽いため、毎日サッと掃除機をかけたい方におすすめです。

第8位|Dyson DC35 モーターヘッド

DC35 モーターヘッド

出典:Amazon.co.jp

メーカーDyson
価格30,980円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量2.2kg
集じん方式サイクロン式
連続使用時間通常モード:約15分~強モード:約6分(充電時間:約210分)
バッテリー寿命
バッテリー交換方法自分で交換(価格:2,580円)/製品オンラインサポートへ問い合わせ

吸引力の変わらないコードレスクリーナー。

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」のキャッチコピーでお馴染み、Dysonのコードレスクリーナーです。

Dysonが開発した「ルートサイクロン」テクノロジーにより、他社製品と比較してより細かいゴミやホコリを吸い取ることができます。

特徴的なポイントは、吸引力だけではありません。
ロングパイプは取り外しができますので、ハンディクリーナーとしても使えます。

車内やデスク周りなど、細かい場所を掃除するときにも力を発揮してくれることでしょう。
さまざまなシーンで使えますので、気がついたらすぐ掃除をしたい、吸引力にもこだわりたいといった方におすすめです。

第7位|TOSHIBA トルネオ V コードレス VC-CL1300

VC-CL1300

出典:Amazon.co.jp

メーカーTOSHIBA
価格45,800円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量1.4kg(延長管・ヘッド込み1.9kg)
集じん方式サイクロン式
連続使用時間セーブ:約25分~強:約8分(充電時間:約300分)
バッテリー寿命充電約2,000回
バッテリー交換方法店舗に持ち込みor東芝生活家電ご相談センターに問い合わせ

わっ、軽い!あっ、取れる!

TOSHIBAの人気シリーズ「トルネオ」のコードレス掃除機です。

重心バランスにこだわった「らくわざフリーグリップ」設計により、取り回しのよさはピカイチです。
天井の隅や階段など、通常ならば面倒な場所もストレスを感じずに掃除機をかけられます。

さらに、ヘッド部には3種類のファイバーブラシが搭載されていますので、畳でもフローリングでも、床材を問わず高いパフォーマンスを実現しています。

ほかにも風でゴミを掃き出す「エアブローノズル」や布団用ブラシなども付属しているので、これ一本あれば家の掃除には困りません。
楽に動かせる掃除機ですので、広い家に住んでいる方や、家が散らかりやすいタイプの方におすすめです。

第6位|Panasonic 電気掃除機 MC-HS700G

MC-HS700G

出典:Amazon.co.jp

メーカーPanasonic
価格37,746円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量6.8kg
集じん方式サイクロン式
連続使用時間自動モード:約20分~強モード:約15分(充電時間:約300分)
バッテリー寿命充電約1,500回
バッテリー交換方法自分で交換(価格:23,760円

業界初、コード式でもコードレス式でも使えるサイクロン掃除機誕生!

Panasonicが販売している、キャニスタータイプのコードレス掃除機です。
本商品の特徴は、何と言ってもコード式・コードレス式の両方で使えることでしょう。
充電のし忘れも気になりませんし、コンセントの位置も問題になりません。

外側と内側の風が逆方向に流れる「ダブル反転気流」を採用することで、集じん力を持続させることにも成功しています。

ダストボックス内でゴミを圧縮してくれるため、ゴミを出すときにホコリが舞うといったサイクロンタイプのデメリットを解消している点も高く評価できます。

吸引力の高いコード式と、手軽に掃除できるコードレス式とで使い分けることができるので、1台2役の掃除機をお探しの方におすすめです。

第5位|Panasonic コードレススティック掃除機(紙パック式) MC-PBU510J-T

MC-PBU510J-T

出典:Amazon.co.jp

メーカーPanasonic
価格48,129円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量1.7kg(スティック込み:2.3kg)
集じん方式紙パック式
連続使用時間自動:約30分~強:約10分(充電時間:約180分)
バッテリー寿命1回6分(強モード)で約3,000回
バッテリー交換方法自分で交換(価格:14,040円

見えないゴミまで逃がさない。「すき間」「壁ぎわ」のゴミもこれ一本

「ハウスダスト発見センサー」や「ガバとり」構造など、特徴的な機能を搭載した紙パック式コードレス掃除機です。

ハウスダストやゴミを発見すると自動で吸引パワーを上昇させ、目に見えない微細なゴミなどもしっかりと吸い取ってくれます。
発見時はランプの色で知らせてくれるので、吸い残しもありません。

壁に当たるとヘッドの前部が開き、壁際のゴミを吸い込む「ガバとり」構造も「ありそうでなかった」機能で、一度使うとほかの掃除機には戻れないほどの魅力があります。
さらにノズルがI字型に変形するので、細くせまい場所の清掃も楽々おこなえます。

見えないゴミも「見える化」してくれるため、アレルギーやハウスダストが気になる方にもおすすめです。

第4位|SHARP RACTIVE Air EC-AP700

EC-AP700

出典:Amazon.co.jp

メーカーSHARP
価格52,790円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量1.8kg(ホース、延長管、吸込口込み:2.9kg)
集じん方式紙パック式
連続使用時間弱:約60分~強:約16分(充電時間:約80分/1個)
バッテリー寿命充電約1,100回
バッテリー交換方法自分で交換(価格:8,000円+税

軽量、清潔・簡単ごみ捨て

「EC-AP700」は、SHARPが販売しているコードレス掃除機です。
キャニスタータイプなので集じん容積が大きいことが魅力で、紙パック式との相性はバツグンです。
パックは5層構造高捕集紙を採用していますので、ハウスダストもしっかりキャッチしてくれます。

ブラシの回転する力を用いてヘッドを進ませる「自走パワーアシスト」機能を搭載しているので、スムーズに掃除ができるとともに、従来の製品よりも軽い力で動かせます。

掃除の手軽さや衛生面でも優秀な掃除機ですので、お子さんがいる家庭におすすめです。
また軽い力で動かせるので、高齢者にもおすすめできるモデルです。

第3位|IRIS OHYAMA 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4

IC-SLDC4

出典:Amazon.co.jp

メーカーIRIS OHYAMA
価格12,684円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量0.9kg(延長パイプ、フロアヘッド装着時:約1.2kg)
集じん方式紙パック式
連続使用時間自動モード:約30分〜ターボモード:約9分(充電時間:約180分)
バッテリー寿命充電約500回
バッテリー交換方法自分で交換(価格:5,796円

業界最軽量クラス

1.2kgの軽さと、優れた集じん能力が魅力のベストセラー商品です。

ヘッド部にサイクロン気流を発生させる「サイクロンストリームヘッド」を採用することで、従来の製品と比べて細かなゴミを、より強い吸引力で吸い取ることが可能です。
また、自動でパワーを制御するほこり感知センサーも搭載されているため、ムダな充電消費もありません。

ハンディタイプとしても使える2way仕様ですので、ソファや机周りなどの清掃も効果的におこなうことができます。
小型で軽量、パワーもある優等生のような使いやすいモデルです。

軽くて扱いやすいので、女性やお年寄りにもおすすめです。
また、一人暮らしの方にも向いています。
掃除機としては手ごろな価格設定なので、セカンドマシンとしての購入もよいでしょう。

第2位|HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BD700

PV-BD700

出典:Amazon.co.jp

メーカーHITACHI
価格24,800円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量2.3kg
集じん方式サイクロン式
連続使用時間標準:約30分~強:約8分(充電時間:約210分)
バッテリー寿命充電約1,100回
バッテリー交換方法店舗に持ち込み/お客様相談室へ問い合わせ

サッと使えてパッと置ける、強力パワーのコードレス。

手元のレバーでパイプの長さを調整できる、万能タイプの商品です。
パイプ長は4段階に調節でき、スティックからハンディタイプまで簡単に切替可能です。

小柄で取り回しやすいモデルですが、「小型ハイパワーファンモーター」と「パワーブーストサイクロン」の採用により、吸引力は他機種と比べてもひけをとりません。

ダストケースは部品も含めて丸洗いが可能なため、メンテナンスの手間がかからず、いつでも清潔にしておけます。
気になる箇所をちょくちょく掃除したり、メンテナンスが楽なサイクロン式掃除機を探している方におすすめです。

第1位|Dyson V8 Fluffy

V8-Fluffy

出典:Amazon.co.jp

メーカーDyson
価格49,780円(Amazonにて2018年5月13日時点)
本体重量1.58kg(スティック込み:2.61kg)
集じん方式サイクロン式
連続使用時間通常モード:約40分~強モード:約7分(充電時間:約300分)
バッテリー寿命充電約1,200回
バッテリー交換方法自分で交換(価格:6,980円)/製品オンラインサポートへ問い合わせ

コードつき掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります。

数あるDysonのコードレス掃除機のなかでも、とくに人気なのがこちらのモデルです。
「コードつき掃除機よりも確実にゴミを吸い取ります」に偽りはなく、文字通り驚きの吸引力でゴミやホコリをどんどん除去してくれます。

吸引力も圧倒的ですが、連続使用時間も40分(通常モード使用時)と群を抜いています。
これだけの時間があれば、多くの人は家中の掃除を終わらせられるのではないでしょうか。

また、Dysonのコードレス掃除機は、ノズルを取り外せばハンディクリーナーとしても利用できます。
布団クリーナーの代用にもなりますし、ソファや車のなかなど、扱う人によってさまざまな使い方が考えられます。

吸引力、機能ともに申し分ありませんので、どなたにもおすすめできる掃除機です。

まとめ

今回はコードレス掃除機のおすすめ商品を、選び方のコツなどと一緒にご紹介してきました。

紙パックを買う手間をかけたくない方や、吸引力を重視する方はサイクロン式がおすすめです。
ゴミを直接見たくない、触れたくない方や、掃除機のメンテナンスが面倒な方は紙パック式がおすすめです。

また、バッテリーの寿命や交換方法は必ずチェックするようにしましょう。
バッテリーの寿命はだいたい2~3年ほど。
交換方法は自分で交換できるタイプと、店舗に持ち込んだり郵送で交換依頼するタイプがあります。

そして、連続使用時間や充電時間、重量にもこだわりましょう。
使用時間が長ければ、いちどに色々な箇所を掃除できますし、軽ければ取り回しが効きやすく毎日の掃除も苦になりません。

これらの項目を忘れずに比較・検討していけば、きっとあなたにピッタリのコードレス掃除機が見つかるはずです。

コードレス掃除機の売れ筋ランキングをCheck!!

【Amazon】売れ筋ランキング

【楽天】売れ筋ランキング

【価格.com】売れ筋ランキング











応募〆切 1/20(日)まで
~読者プレゼント企画~

姉妹サイト『LiQuest-Press』公式Twitter(@LiquestPress)のフォロワーの中から抽選で2名様にプレゼント!