素材で選ぶ!掛け布団カバーのおすすめ人気ランキング10選

和田 平助

和田 平助

メンズ用品アドバイザー

掛け布団カバー
掛け布団カバー

汗や皮脂などの汚れから布団を守ってくれる「布団カバー」
衛生面だけでなく、理想的な寝床内気象を保つことにも貢献しています。

布団カバーにこだわりを持っている人は少ないですが、素材によって肌触りや通気性、吸放湿性も異なります。
そこで今回は、布団カバーの選び方とあわせて、おすすめの掛け布団カバー10選を人気ランキング形式でご紹介。

東京西川や無印良品、ニトリ、アイリスオーヤマなどの有名メーカーを中心に、防ダニ加工が施された布団カバーや、安いのに高品質な商品など、幅広く比較しました。

布団カバーを使うべき本当の理由

寝床内気象

出典:日本睡眠科学研究所

布団カバーには、汗や皮脂などの汚れから布団を守るだけでなく、理想的な「寝床内気象」を保つという役割もあります。

「日本睡眠科学研究所」によると、寝床内気象とは就寝時に寝具と身体の間に生じる空間の温度と湿度のこと。
「温度33±1℃」「湿度50±5%RH」が気持ちよく就寝できる目安とされ、使っている寝具の保温性や吸放湿性、吸水性、通気性などが影響します。

ちなみに「RH」とは相対湿度のことで、飽和水蒸気量に比べてどの程度の水分を含んでいるかを示す値です。
上記の説明だと難しいかもしれませんが、一般的に湿度を表すときに使われるので「湿度50±5%RH」の場合では、湿度50%から±5%の間という意味になります。

布団カバーでいうならば、寝床内気象に影響する保温性や吸放湿性などの要素は、主に「素材」によって左右されます。
次項でそれぞれの素材の特徴について確認していきましょう。

掛け布団カバーは素材に注目して選ぶ

前述したとおり寝床内気象には、寝具に使われている素材の保温性や吸放湿性、吸水性、通気性などが影響します。
掛け布団カバーによく使われる素材としては、綿や麻、シルクといった天然素材と、化学繊維のポリエステルが挙げられます。

これらの素材は寝床内気象に影響するだけでなく、肌触りやお手入れのしやすさ、使用に適した季節も変わりますので、各素材の特徴をチェックしていきましょう。

綿は吸湿・吸水性に優れる

コットン

綿はもっともポピュラーな天然素材で、布団カバーだけでなく洋服やタオルなど、さまざまな商品に使われています。
なめらかな肌触りで、吸湿・吸水性に優れているのが魅力。
保温性もそれなりにあり、薄手の生地であれば通気性もかなりのもの。

生地の厚さにもよりますが、春〜秋口まで、幅広い季節におすすめできます。
また耐久性もあり、洗濯機で気軽に洗えることからお手入れもしやすくなっています。
洗濯時にシワになりやすいという欠点がありますが、綿はアイロンがけできる素材でもあるので、そこまで気にする必要はありません。

価格も比較的安いので、気軽に買い換えができることも大きなメリットだといえるでしょう。
吸湿・吸水性が高いので、汗っかきさんにはとくにおすすめの素材です。

麻は吸放湿性・通気性に優れる

麻 リネン

麻は綿と並んでポピュラーな天然素材で、亜麻(リネン)・ちょ麻(ラミー)とも呼ばれます。
通気性がとても高く、吸水性・吸放湿性にも優れていますが、保温や保湿は苦手ですので夏に使うのがおすすめ。

生地には独特の凹凸があるので、綿と比べてややザラザラとした、涼しさを感じる肌触りです。
しかし、人によっては「チクチクする」と感じてしまう場合がありますので、皮膚が敏感な人は注意が必要です。

また繊維のなかでもとくにシワになりやすい素材ですので、洗濯後にシワを伸ばす手間がややかかります。
商品によっては、麻と綿をあわせたシワになりにくい布団カバーもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
夏でも快適に使えるような掛け布団カバーを探している人には、とくにおすすめの素材です。

シルクは高級感あふれる光沢と肌触りが魅力

シルク

絹ともいわれるシルクは、上品で美しい光沢感のある素材です。
保温性と吸放湿性、通気性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かいので1年を通して使えます。

軽量で肌触りがとても気持ちよく、人肌の成分に近い数十種のアミノ酸が結合してできているので触れたときに違和感がありません。
また、保湿性が高いので静電気が起こりにくいのも大きな魅力。

総じて上質な素材ですが、水に濡れると縮みやすく、熱に弱いなどデリケートな面があり、シルクの割合が多いと洗濯機で洗うことができないのがネック。
布団カバーにおいては、シルク100%というよりは綿などの素材をあわせたものがポピュラーです。
肌触りがよい掛け布団カバーを探している方にはとくにおすすめの素材です。

ポリエステルは丈夫で速乾性に優れる

ポリエステル

ポリエステルは化学繊維のなかでもとくにポピュラーな素材で、ナイロン・アクリルと並んで三大合成繊維と呼ばれています。

さらさらとした肌触りが特長で、軽くて丈夫で速乾性に優れています。
また保温性が高いので、冬場の使用がおすすめ。
いっぽうで吸放湿性、通気性はやや悪く、吸水性も低いことが弱点です。

洗濯機で洗ってもシワになりにくいため、お手入れのしやすさはかなりのもの
防ダニや抗菌・防臭加工をほどこしやすいことも魅力ですので、アレルギー体質の方はチェックしてみるとよいでしょう。
そのため、衛生面が気になる方にはとくにおすすめの素材です。

掛け布団カバーのおすすめ人気ランキングTOP10

布団が汚れることを防ぎ、快適な睡眠をとるために大切な「寝床内気象」を適切に保つことをサポートしてくれる布団カバー。
自分にあった商品を選ぶためには、使われている素材の特徴に注目していきましょう。

またアレルギーや衛生面が気になる方は、抗菌・防臭・防ダニ加工が施されている商品がおすすめです。
それでは、掛け布団カバーのおすすめ人気ランキングTOP10を発表していきます。

第10位|西川リビング あたたか掛けふとんカバー ME40

メーカー西川リビング
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開セミダブル / ダブル / クイーン
素材綿100%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節秋 / 冬

抗菌・防臭加工がほどこされた、やわらかくてあたたかい布団カバー

西川リビングが販売する「あたたか掛けふとんカバー ME40」は、シンプルなボーダー柄がオシャレな商品です。

抗菌・防臭加工のほかにも防縮加工がされていて、洗濯機で丸洗いをしても縮みにくくなっているのが大きな魅力。
両面にファスナーがついているため、取り外しがとてもしやすく、ホック付きエステルテープが8ヶ所ついているので布団をカンタンに固定できる扱いやすさも嬉しいポイントです。

クチコミでは取り外しのカンタンさに加えて、肌触りも高く評価されています。
やわらかくてあたたかいことも特長ですので、秋・冬に使う掛け布団カバーを探している方におすすめです。

第9位|EMOOR 掛け布団カバー プレッソ

メーカーEMOOR(エムール)
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開ジュニア / セミダブル / ダブル / クイーン / キング
素材綿100%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節春 / 秋

豊富なカラーバリエーションが魅力の、シンプルな布団カバー

エムールの布団カバー「プレッソ」は、国内工場で1枚1枚丁寧に仕上げられた信頼性の高い商品です。
シンプルなホワイトやグレーのほかにも、ブルー、グリーンなどの淡いパステルカラーなど8色が展開されており、お部屋の雰囲気にあわせて選べることが大きな魅力。

綿100%なので丸洗いができ、ファスナー部もスムーズに開閉ができるYKKファスナーを採用するなど、扱いやすさも特長です。
クチコミでは生地のよさや、色合いが評価されています。

シンプルで質のよい布団カバーを探している方におすすめです。

第8位|サカイ アレルガード カバーリング防ダニ 掛け布団カバー

メーカーサカイ
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開ダブル
素材ポリエステル80%、綿20%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節秋 / 冬

ダニやホコリをシャットアウトする、ペットがいる家庭にもおすすめの布団カバー

サカイの「アレルガード カバーリング防ダニ 掛け布団カバー」は、高密度な生地を採用することでダニやホコリの侵入をブロックする布団カバー。
繊維の隙間を少なくすることでダニを防止するため、徐々に効果が落ちてくる薬剤よりも防ダニ効果が長持ちするとともに、健康面でも安心感のある商品です。

また生地の凸凹が少ないので、ペットの毛やほこりがつきにくいのも大きなメリット。
衛生面や健康面に優れた布団カバーだといえるでしょう。

そのためアレルギー持ちの方や、ペットを飼っている家庭の方におすすめです。
クチコミでは防ダニ性能のほかに、肌触りも評価されています。

第7位|無印良品 麻綿格子サッカー織掛ふとんカバー

メーカー無印良品
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開セミダブル / ダブル
素材麻53%、綿47%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節春 / 夏 / 秋

麻と綿を交互に織り込んだ、清涼感のある布団カバー

無印良品が販売する麻綿格子サッカー織の布団カバーは、麻と綿を交互に使い、凹凸感のあるサッカー織りをほどこした商品です。

さらりとして清涼感のある肌触りが特長で、夏の暑い時期や梅雨時には大活躍してくれることでしょう。
もちろん春や秋の過ごしやすい季節にも、快適な睡眠をサポートしてくれます。

またホテルでも使われる業務用布団カバーを手本として作られているため、着脱がカンタンで扱いやすいのも大きな魅力。
洗濯機での丸洗いも可能ですので衛生面も安心で、クチコミでは肌触りも高く評価されています。
涼しい印象の掛け布団カバーを探している方におすすめです。

第6位|ニトリ 掛ふとんカバー Nグリップホテル

メーカーニトリ
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開セミダブル / ダブル
素材綿100%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節春 / 秋

取り付け・外しがカンタン!ホテルの布団カバーのような高級感も魅力

ニトリが販売する「Nグリップホテル」は、綿100%のサテンストライプ生地を使用した、高級感のある光沢となめらかな肌触りが特長的な布団カバー。

一般的に250本以上であれば高密度といわれる、1インチあたりの縦糸と横糸の合計本数を表す「打ち込み本数」は284本と多く、しっかりとした商品です。
また取り外しがカンタンな構造になっており、従来の商品に比べて付け替えの手間も少なくなっています。
さらに洗濯機での丸洗いも可能です。

クチコミでは取り付けのしやすさが高く評価されており、肌触りも称賛されています。
耐久性の高い掛け布団カバーを探している方におすすめです。

第5位|アイリスオーヤマ シルキードリーム SKC-D

メーカーIRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)
サイズダブル(190×210cm)
その他のサイズ展開なし
素材表生地:綿100%
裏生地:シルク50%、綿50%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節通年

シルクの肌触りに綿をプラスすることで耐久力をアップ!扱いやすい布団カバー

アイリスオーヤマの「シルキードリーム SKC-D」は、綿とシルクを採用した布団カバー。
裏面にシルクが使われているため、なめらかで気持ちのよい肌触りが大きな特長。

綿とコットンの長所をあわせたような商品となっており、夏はさわやかに冬はあたたかく、年間を通して快適に使うことができます。
シルクはデリケートな素材ですが、綿を織り込むことにより耐久性をアップさせています。
また水洗いもできますので、衛生面も安心です。

クチコミでは肌触りが高く評価されており、シルクの特長もしっかりと出ている商品だといえるでしょう。
肌触りのよい掛け布団カバーを探している方におすすめです。

第4位|東京西川 SEVENDAYS 掛け布団カバー

メーカー東京西川
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開セミダブル / ダブル
素材ポリエステル100%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節

シワになりにくくて軽量!北欧柄がオシャレな布団カバー

東京西川の「SEVENDAYS」シリーズの布団カバーは、軽量でシワになりにくい生地を使った商品です。

バンダナ柄のほかにもリーフ柄や手書き柄など、北欧にちなんだオシャレなデザインから選ぶことができます。
また、本商品は裏面が無地になっているリバーシブル仕様。
柄と無地を気分やお部屋の雰囲気にあわせて選べるので、汎用性の高さも好印象です。

洗濯機での丸洗いが可能で、速乾性に優れていることもあり、お手入れのしやすさも魅力といえるでしょう。
クチコミではデザインはもちろんのこと、中の布団がズレない点も評価されています。
デザイン性の高い布団カバーを探している方におすすめです。

第3位|日本製 麻 リネン100% Lino 掛け布団カバー

メーカーSleep Tailor(スリープテイラー)
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開セミダブル / ダブル / クイーン
素材麻100%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節

ヨーロッパ産の上質なリネン(麻)を100%使用した布団カバー

本商品はスリープテイラーの「Lino」シリーズの掛け布団カバーで、ヨーロッパ産のリネンを使い、国内生産で作られた信頼性の高い商品です。

「エコテックス規格100」という国際規格のなかでも、誤って赤ちゃんが口に含んでしまっても唾液により有害物質が出ることのない「クラス1」を取得しているため、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使うことができます。

洗濯機で丸洗いも可能で、繰り返し洗うことでやわらかくなっていくといった特長もあわせもっています。
クチコミでは、麻特有の肌触りのよさや涼しさのほかにも、扱いやすさが評価されている商品です。
夏に使う掛け布団カバーを探している方におすすめです。

第2位|アイリスオーヤマ カラー掛け布団カバー CMK-S

メーカーIRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開セミダブル / ダブル
素材綿100%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節春 / 秋

シンプルな綿100%の布団カバー

アイリスオーヤマの「カラー掛け布団カバー CMK-S」は、綿100%のシンプルな布団カバーです。
価格と品質のバランスがとれている印象で、コスパも優秀なため、タフに使って買い換えるといった使い方も考えられます。

カラーバリエーションはパステルブルーやベージュ、ピンクなど全8色が展開されており、ベッドや家具にあわせて色を選べるのが大きな魅力。
またファスナーが端までしっかりと開くため、布団の出し入れがカンタンで、内部8ヶ所のヒモで布団とカバーを結べるのでズレにくいことも利点です。

クチコミでは主にコスパの良さが評価されています。
洗濯機での丸洗いもできますので、扱いやすい掛け布団カバーを探している方におすすめです。

第1位|Teijin 掛け布団カバー

メーカーTeijin(テイジン)
サイズシングル(150×210cm)
その他のサイズ展開セミダブル / ダブル
素材ポリエステル100%
抗菌・防臭
防ダニ
おすすめの季節通年

防ダニ・花粉・ノンダストの衛生面に優れた布団カバー

テイジンが販売する掛け布団カバーは、ダニや花粉、ハウスシック症候群の原因となるハウスダストなどを防ぐ加工がほどこされた布団カバー。
衛生面と後述する吸放湿性・通気性など、すべての面で優れていることから第1位にセレクトしました。

極細の繊維を隙間なく織り込むことで、薬剤を一切使わずにダニの通過率0.0%実現しています。
また花粉に対しても99.6%をカットでき、とにかくアレルギー物質に対して強い商品です。

本商品はテイジンが開発した高密度な生地を使っているため、ポリエステルながら吸放湿性と通気性に優れており、汗を素早く吸収して拡散できるため速乾性もかなりのもの。
お手入れのしやすさも大きな魅力で、もちろん洗濯機で丸洗い可能です。

クチコミでは防ダニなどの加工が高く評価されているほかにも、手触りも称賛されています。
アレル物質や衛生面が気になる方には、とくにおすすめの掛け布団カバーです。

まとめ

掛け布団カバー

今回は、掛け布団カバーのおすすめ人気商品10選をランキング形式でご紹介しました。

布団カバーを選ぶときは、理想的な「寝床内気象」を保つためにも素材に注目してみましょう。
素材によって保温性や吸放湿性、吸水性、通気性などが異なります。

布団カバーは毎日使うものですし、肌に直接触れるものですから、なるべく自分にあったものを選ぶことで、快適に眠ることができますよ。
また掛け布団の買い替えを検討の方や、枕カバーを探している方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

掛け布団

季節別に紹介!掛け布団のおすすめ人気ランキング10選

2019/11/30
羽毛布団を羽織る女性

選び方も徹底解説!羽毛布団のおすすめ人気ランキングTOP10

2019/11/29
枕カバー

素材と生地で選ぶ!枕カバーのおすすめ人気ランキングTOP10

2019/9/14

掛け布団カバーの売れ筋ランキングをCheck!!