これで炒め物マスター!中華鍋のおすすめ人気ランキング10選!

三ツ矢 ナオ

三ツ矢 ナオ

レディース用品アドバイザー

中華鍋
中華鍋

炒め物をはじめ、揚げ物などを美味しく作ることができる「中華鍋」

使いやすくて美味しく調理できる中華鍋がほしい…
中華鍋はどうやって選べばいいんだろう…

そんなあなたのために、おすすめの中華鍋10選をランキング形式で紹介します!
定番の鉄製や超軽量なチタン製の中華鍋、プロ御用達のメーカー品、IH対応の商品まで、幅広くセレクトしました。

満足のいく中華鍋を選ぶポイントについても解説していますので、買い替えを検討中の方も、はじめて購入する方も、ぜひ参考にしてください。

炒め物に最適!中華鍋のおすすめ人気ランキングTOP10!

中華鍋でおいしい炒飯や野菜炒めを作るためには、「熱伝導率」「蓄熱性」が大切。
熱伝導率が高い中華鍋ほど、すばやく素材に火を通すことができます。
また蓄熱性が高いと、冷たい具材を入れても温度が下がりにくく、適温を保つことができるのです。

そんな熱伝導率や蓄熱性は、「素材」によって変わります。
中華鍋の素材には、主に「鉄」「チタン」「アルミニウム」が使われており、それぞれのメリット・デメリットを以下の表にまとめました。

素材メリットデメリット
●熱伝導率・蓄熱性が高い
●油がよくなじむ
●強火に強い
●錆びやすい
●重い
チタン●軽い
●錆びにくい
●強火に強い
●価格が高い
●熱伝導率・蓄熱性が悪い
アルミニウム●熱伝導率がいい●蓄熱性が悪い
●油がなじみにくい

このように、仕上がり重視の方は「鉄製」、軽さ重視の方は「チタン製」の中華鍋がおすすめですよ。

また中華鍋の板厚が薄いと、熱伝導率がよくなるいっぽうで蓄熱性が悪くなり、食材が焦げやすくなります。
目安として、板厚が「1.2~1.6mm」くらいの中華鍋を選ぶとよいでしょう。

さらに中華鍋には、持ち手が1つの「片手鍋」と、持ち手が2つの「両手鍋」があります。
チャーハンなどの強火でサッと炒める料理には「片手鍋」、揚げ物や八宝菜などの料理には「両手鍋」がおすすめですよ。
片手鍋は、文字どおり片手で鍋を振って調理するので、「重さ」や「持ち手が熱くならない素材になっているか」は要チェック。

また最近では、「IH対応」の中華鍋も多く販売されています。
自宅のコンロがIHしかない…という方にも最適な中華鍋を紹介しているので、ご家庭のコンロに合った商品を選びましょう。

それでは、中華鍋のおすすめ人気ランキングTOP10を発表します。

第10位|パール金属 片手中華鍋 27cm H-8981

重量890g
サイズ直径27cm×深さ12cm/板厚1.2mm
素材
IH対応

強火でパワフル調理

安心の国産!
人気メーカー「パール金属」の中華鍋です。
鉄製の中華鍋は使い込むほどに油がなじみ、どんどん料理しやすくなります。
ただ錆びやすいので、使用後のお手入れは欠かせません。

熱がよく伝わるので、強火で思いっきり炒めたい方にピッタリ。
少し重い点と取っ手が熱くなる点が難点なので、長時間調理を想定される方は要注意です。

サイズは27、30、33cmの3種類です。
いちばん小さなサイズでもやや大きい感じがするかもしれませんが、中華鍋は中身を動かしながら使うもの。
「ちょっと大きいかな?」という大きさの方が、こぼれにくいですよ。
パワフルな強火の本格調理がしたい人におすすめです。

第9位|T-fal グランブルー・プレミア ディープパン

重量912g
サイズ直径26.5cm×深さ11.2cm
素材アルミニウム(チタンコーティング)
IH対応

大人気の「ティファール」は耐久性あり

フランスの有名メーカー「ティファール」の中華鍋です。
実際にティファールのお鍋や、フライパンを使っているご家庭も多いのではないでしょうか。
ティファールだけの技術で、予熱が完了すると中央のマークが色づいて知らせてくれます。

5層のチタン・プレミアコーティングが表面を守るので、たくさん使ってもなかなか劣化せず、長もちします。
アルミニウム製のため鉄製に比べると熱伝導率は落ちますが、摩耗への強さや傷のつきにくさは優秀

「いかに強火で炒めるか?」というより、「いかに長もちするか?」を重視して選ぶ人におすすめです!

また、ティファールブランドの同シリーズでほかのお鍋やフライパンも揃えることができます。
キッチンツールの見た目を統一したいときにもおすすめ!

第8位|EBM 純チタン 超軽量 中華片手鍋 27cm

重量460g
サイズ直径27cm×深さ8cm/板厚1.2mm
素材チタン
IH対応

軽さで選ぶ中華鍋

とにかく軽い!
460gと、ふつうの中華鍋に比べて半分の重さしかありません。
疲れにくく、洗うときもかんたんです。
毎日の料理をもっと手軽で楽しいものにしてくれますね。

扱いやすいので、キッチンが狭い方や女性におすすめですよ。
Amazonのレビューでも、やはり軽さ重視の人から好評。
「値段が高いのが欠点ですが、実際に使用するとこの軽さは抜群!手放せません。」など、扱いやすさが人気です。

表面に施したショット加工が鍋表面に凸凹を形成し、油なじみをアップさせています。
「火を止めたあと、わりとすぐに冷えてしまう」「加熱にムラがある」「やや焦げやすい」といった欠点もありますが、家事の負担を少しでも減らしたいあなたにおすすめです。

第7位|スゴ軽 鎚目鉄炒め鍋

重量798g
サイズ直径30cm×深さ8.6cm/板厚1.2mm
素材鉄(もち手:木)
IH対応

鉄製なのに軽い!

ひとつ前も軽量中華鍋のご紹介でしたが、こちらも軽さが売りの製品です。
重くなりがちな鉄製にも関わらず、フチに向かって薄くする「スピン仕上げ」で軽量化を実現しました。

とはいえ、やはり純粋な軽さの面だけではチタン製に敵いません。
が、IH対応であることや、強火調理ができる鉄製であること、汚れの目立ちにくい黒であることなど、ほかにも注目ポイントが多い商品です。

「とにかく軽い中華鍋を!」という人にはひとつ前の商品、「中華鍋だから、やっぱり強火にこだわりたい」「軽くて、汎用性の高い中華鍋がいい!」という人にはこちらの商品がおすすめですよ。
軽さ以外にも付加価値のある中華鍋です。

第6位|アイメディア IHゴールドマーブル中華鍋

重量1.1kg
サイズ直径30cm×深さ9cm
素材アルミニウム(もち手:樹脂)
IH対応

コゲつきにくいゴールドボディ

IH・ガス火の両方に対応した、大きめサイズの中華鍋です。
本品の「ゴールドマーブルコーティング」は、少ない油でも焦げつきにくいのがポイント。
もし汚れがついてしまっても、水を入れるとスルリと落ちるように作られています。
ヘルシー調理を心がけたい人、洗いやすさを重視したい人におすすめ!

家族数人分の調理に便利なたっぷり作れる30cm
スープや酢豚、焼きそばなどの調理にちょうどいい中華鍋です。

もち手の部分は樹脂なので、熱くならないのも嬉しいポイント。
ただし1kg以上と重いので、長時間の調理には不向きです。

第5位|エボラス 魚菜 共柄中華鍋

重量1.7kg
サイズ直径36cm×深さ14.5cm/板厚1.6mm
素材
IH対応

鉄製だけど錆びにくい本格中華鍋

スタンダードな形の鉄製両手鍋。
通常、鉄製鍋は錆びやすいのでお手入れが大変ですが、本品は防錆加工を施してあるため多少の水分では錆びません。
あまり買い換えずに長く使える、鉄製の両手中華鍋がほしい人におすすめですよ。

サイズが30cm・33cm・36cmと細かく設定されているのも嬉しいポイントですね。
ただし重さは1.7kgと、両手鍋とはいえ今回ご紹介してきた鉄製中華鍋のなかでもひときわ重くなっています。

鉄製の中華鍋はよく火が通るため効率的に調理ができるのですが、女性には重く扱いづらいでしょう。
お皿に具材を移すのも大変なので、下に何か敷いてそのままテーブルに並べてもいいかもしれません。

第4位|和平フレイズ 鉄いため鍋 28cm GR-9749

重量1.26kg
サイズ直径28.5cm×深さ15cm/板厚1.6mm
素材
IH対応

フライパン?!なんでもこの1台で

炒め物用の鍋としてだけではなく、煮込みや焼き物にも使えるフライパンに近い商品です。
汎用性の高さを重視したい人におすすめ!

Amazonのレビューでは、「こげつきにくい」「丈夫でフッ素はがれの心配がない」といった意見が目立ちます。
加工が剥がれる心配がないので、たわしでゴシゴシこすれて手入れがカンタン。

さらに「野菜が中華料理店のようにシャキシャキで甘くなり、肉は今までのものとは別物。これまではテフロン加工のせいで不味くなっていたことに気づきました」と、この鍋で作った料理の味についても高評価。
素材のおいしさを引き出す調理ができるんですね。
お手入れのしやすい中華鍋で本格料理を作りたい方におすすめです。

第3位|山田工業所 鉄打出し 中華鍋

重量1.1kg
サイズ直径33cm×深さ9cm/板厚1.2mm
素材
IH対応

プロ向けメーカー「山田工業所」

中華鍋の専門メーカー「山田工業所」が販売している、大人数分の調理に適した33cm両手鍋。
1枚の鉄をたたいて作られており、料理のプロも使用するという逸品。
鉄製のため重いですが、強い火力で本格的な炒め物ができるため、レストランで調理しているかのような気分になれますよ。
大きめサイズで本格的な中華鍋がほしい人におすすめ!

ムダな装飾がないデザインも、職人的でかっこいいですね。
ただこのメーカーの欠点は、生産工程でついた傷が残っている場合があることでしょう。
何度もたたいて作られた証として気にせず使える人なら問題ありませんが、人によっては品質に問題があるのかと感じてしまうかもしれません。
プロ用品とはいえ、高級感をお求めなら別メーカーをおすすめします。

第2位|匠JAPAN 炒め鍋24cm/MGIT24

重量900g
サイズ直径24cm×深さ12cm/板厚1.2mm
素材鉄(もち手:木)
IH対応

小さめ×深めが使いやすい

匠JAPANシリーズの鍋は、本体の素材にマグマプレート材を採用しています。
これは細かな凹凸を浮き立たせた鉄プレートで、油なじみのよさが特長
油なじみがよいと調理しやすいだけでなく、こげつきやこびりつきも軽減してくれます。
こげにくく、手入れがしやすい中華鍋をお探しのあなたにおすすめです。

また中華鍋のなかでは、24cmと小さめサイズです。
中華鍋は「大きすぎて使いにくかった」という購入後の声も多いので、お手ごろサイズを探している人も必見ですよ。
とはいえしっかり深さがあるので、チャーハンや野菜炒め、回鍋肉など、かき混ぜながらの料理に最適です。
サイズは小さくても、具だくさんに調理できるのが嬉しいですね。

さらに鉄製なので、鍋が熱くなるスピードは早いです。
シャキッとした食感を残したまましっかり火を通し、おいしく作れます!

第1位|山田工業所 打出し片手鍋

重量1.2kg
サイズ直径30cm×深さ9cm/板厚1.6mm
素材
IH対応

中華街の味が完成

第1位は、プロも認める逸品!
中華鍋をお探しならぜひチェックしてほしいメーカーが、「山田工業所」です。
山田工業所の中華鍋は、横浜中華街の料理人たちからも支持を得ている「打出し製法」で作られています。
1枚の鉄を数千回もたたいて作られているので、丈夫ですよ。

メーカーいわく「軽い」とのことですが、他社製品と比較するとあまり軽さは感じられないかもしれません。
Amazonレビューでも「重い」との声があるので、どちらかといえば力のある男性向きです。

ちなみに、はじめは錆止めが塗られているので、空炊きしてから使ってください。
使用後は水分をしっかり拭き取り、錆が出ないように保管しましょう。
鉄製は保存に気を遣いますが、中華料理店と同じ道具で、本格的な中華料理を作りたい!という人におすすめです。

まとめ

中華鍋

いかがでしたか?
今回は、中華鍋のおすすめ10選をランキング形式で紹介してきました。

仕上がり重視の方は「鉄製」、軽さ重視の方は「チタン製」の中華鍋がおすすめですよ。
また、チャーハンなどの強火でサッと炒める料理には「片手鍋」、揚げ物や八宝菜などには「両手鍋」を使うと調理がしやすいです。
用途やこだわりに合わせて選んでみてくださいね。

片手鍋の場合は、もち手が熱くならないようにタオルまくか、もち手が熱くならない素材になっているものを選びましょう!
あわせて、お家のコンロに合わせて「IH対応」かどうかも忘れずにチェックしてくださいね。

本記事を参考にピッタリな中華鍋を見つけて、おいしい炒め物を作りましょう!

土鍋

お米も美味しく炊ける!土鍋のおすすめ人気ランキングTOP10!

2019/5/3
やかん

目を惹くデザイン!やかんのおすすめ人気ランキング10選!

2018/9/21
まな板

衛生面&デザイン重視!まな板のおすすめ人気ランキングTOP10!

2018/12/12

中華鍋の売れ筋ランキングをCheck!!