高性能!Bluetoothトランスミッターのおすすめランキング10選!

Bluetoothに対応していないテレビやPCでも、イヤホンやヘッドホンジャックに接続するだけでワイヤレス環境を作れるオーディオ機器「Bluetoothトランスミッター」

ワイヤレスヘッドホンを使ってテレビの音を聴きたい…
手軽にワイヤレス環境を構築したい…
運転時にも無線で音楽を聴きたい…

そんな方のために、今回はBluetoothトランスミッターのおすすめ人気商品10選をランキング形式でご紹介していきます。

あわせて、自分にピッタリな商品を見つけるための選ぶコツなども解説していきます!

カンタン接続ですぐにワイヤレス環境を!Bluetoothトランスミッターとは

Bluetoothトランスミッター

出典:Amazon.co.jp

Bluetoothトランスミッターとは、Bluetoothに対応していないテレビやPCなどのイヤホンやヘッドホンジャックに接続するだけで、ワイヤレスで音声を送信できる機器です。

接続すればワイヤレスイヤホンやヘッドホンなどが使えるようになり、コードのわずらわしさから開放されます。
通信可能距離内であれば音を聴きながら移動することも可能になりますので、利便性がグッと高まりますよ。

また、自宅で使うBluetoothトランスミッターのほかに車載用のBluetoothトランスミッターもあります。
こちらはスマホやタブレットなどの音楽再生機器に入っている音楽を、FMラジオの周波数に変換してカーオーディオに送信することができる機器です。

つまりFMラジオ受信機能が搭載されている車であれば、古い車種でもワイヤレス環境で音楽を楽しむことができるのです。

今回は、自宅や外出先で使えるBluetoothトランスミッターと、車載用の商品をそれぞれ厳選しご紹介していきます。

有線で接続するFMトランスミッターのおすすめ商品は以下の記事でくわしく説明していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

通信可能距離や対応コーデックをチェック!Bluetoothトランスミッターを選ぶ4つのポイント!

Bluetooth非対応の機器でも、ジャックに接続するだけでカンタンにワイヤレス環境を構築できるBluetoothトランスミッター。
商品を選ぶときには、以下の4項目に注目しましょう。

  1. 通信可能距離
  2. 対応コーデック
  3. Bluetoothのバージョン
  4. 光デジタル入力端子の有無

どれも商品の機能や利便性を決定する重要な項目です。
それぞれの項目について、以下でくわしく説明していきます。

快適さが変わる!通信可能距離の目安は10m以上がおすすめ!

ワイヤレス

より快適なワイヤレス環境を楽しむには、まずは通信可能距離をチェックしましょう。
Bluetoothトランスミッターは、商品により電波の届く距離が異なります。

10m〜20m、モデルによってはそれ以上とさまざまですが、一般的な家庭であれば10m以上あればじゅうぶんでしょう。

音楽を聴きながら別の部屋に移動することがあるならば、なるべく通信可能距離が長いモデルが安心です。

自分がどのくらいの距離で使うかをあらかじめ想定しておくと失敗がありませんよ。

遅延の少なさ重視ならaptX-LLかaptX-HDを選ぶ!対応コーデックに注目!

Bluetoothトランスミッター

出典:Amazon.co.jp

Bluetoothで音楽を伝送する場合は、音源データを圧縮する必要があります。
この圧縮方式を「コーデック」と呼びますが、規格によっては音質が低下したり、遅延が発生することもあります。

主なコーデックとそれぞれの特徴を、以下にまとめました。

コーデック特徴
SBCすべての機種に搭載された基本コーデック。
ほかのコーデックと比べると音質は低く、音ズレが目立つことも。
AACiPhoneなどのアップル製品で利用される規格。
SBCに比べて高音質。
aptXAndroidで利用される規格。
こちらもSBCに比べて高音質。
aptX-LLaptXを進化させた規格。
より音ズレが少なくなっている。
aptX-HDaptX-LLよりさらに高音質な規格。
遅延や音ズレもかなり少ない。

テレビや映画などをよく観る方で、遅延や音ズレが気になる方はaptX-LL / aptX-HDに対応したモデルがおすすめです。

ちなみにコーデックはトランスミッターだけでなく、イヤホンやヘッドホンの両方が対応している必要があるので注意してください。
どちらかが対応していない場合には、SBCなどの下位コーデックが適用されてしまいます。

目安は4.0以上!Bluetoothのバージョンをチェック!

Bluetooth

出典:Wikimedia commons

Bluetoothのバージョンは複数あり、更新されるごとに性能が上昇しています。
現在の最新バージョンは5.0で、4.2と比べると転送速度がアップし、通信可能範囲も広くなっています。

商品のなかには3.0などの古いバージョンを使っている商品もありますので、遅延や音ズレが気になる方は注意してください。
具体的な目安としては、4.0以上であれば問題ありません

ちなみに車載用トランスミッターの場合は、音源をFM電波に変換するという仕組み上、そこまで高音質は望めません。
また車内での使用においては通信距離が短くても問題はないため、Bluetoothの性能やコーデックはそこまで気にせずとも大丈夫です。

よりよい音を楽しみたいなら光デジタル入力端子の有無をチェック!

Bluetoothトランスミッター 光デジタル

出典:Amazon.co.jp

スピーカーなどのオーディオ機器に接続したいなら、光デジタル入力端子にも注目してみましょう。

テレビやPC等の音をスピーカーから出力するとなると、基本的にはデジタル形式の音をアナログ形式に変換した後にスピーカーから送り出すことになるため、本来の音源と比べると少なからず劣化してしまいがち。

いっぽうでBluetoothトランスミッターとスピーカーなどの再生機器の双方が光デジタル端子に対応していれば、音源をデジタル形式のままスピーカーに送ることができるため、前述の出力形式と比べてより音源に近いサウンドを実現することが可能です。

すでに持っている光デジタル端子対応のオーディオ機器をBluetoothトランスミッターに接続したいという場合は、光デジタル入力端子があるBluetoothトランスミッターを選ぶことをおすすめします。

カンタン接続でワイヤレス環境を!Bluetoothトランスミッターのおすすめ人気ランキングTOP5

ランキングに入る前に、ここまでのおさらいをしておきましょう。
Bluetoothトランスミッターを選ぶときには、以下の4項目をチェックすることが重要です。

  1. 通信可能距離
  2. 対応コーデック
  3. Bluetoothのバージョン
  4. 光デジタル入力端子の有無

あわせて、家族や友人と同時に使いたい場合は最大同時接続数を確認しておくと失敗がありません。

また、商品によっては受信機(レシーバー)として使える機種もあります。
レシーバーとして使えれば、スマホの音源などをスピーカーなどのオーディオ機器に送ることが可能。

自宅のオーディオセットをワイヤレス環境にしたい方は、あわせてチェックしてみてくださいね。

それでは、まずはBluetoothトランスミッターのおすすめ人気ランキングTOP5を発表します。

第5位|JPRiDE JPT1

JPRiDE JPT1

出典:Amazon.co.jp

メーカーJPRiDE(ジェイピーライド)
価格3,480円(Amazonにて2019年2月4日時点)
通信可能距離10m
対応コーデックSBC / AAC / aptX-LL
Bluetooth Ver.4.1
光デジタル入力
レシーバー機能
最大同時接続数1

かつてないワイヤレス体験。スイッチひとつでカンタンに

ジェイピーライドが販売する「JPT1」は、ポータブルサイズで扱いやすいBluetoothトランスミッターです。

コーデックは受信時にAAC、送信時にはaptX-LLに対応し、使用時間もそれぞれ約12時間ほどと長め。
送受信時のコーデックが異なりますので、トランスミッターとあわせて使用する機器には注意しましょう。

「とても楽に設定できた」
「ペアリングもスムーズですぐに使える」
など、接続のカンタンさを褒める声も目立っていますので、扱いやすい機種であるといえるでしょう。

光デジタル入力端子がないため、デジタル端子は必要ないという方におすすめです。

第4位|Tao Tronics TT-BA09

Tao Tronics TT-BA09

出典:Amazon.co.jp

メーカーTao Tronics(タオトロニクス)
価格3,599円(Amazonにて2019年2月4日時点)
通信可能距離10m
対応コーデックSBC / aptX / aptX-LL
Bluetooth Ver.5.0
光デジタル入力
レシーバー機能
最大同時接続数2

最新Bluetooth5.0。ヘッドフォンやスピーカーを同時に繋ごう!

タオトロニクスの「TT-BA09」は、最新のBluetooth5.0を搭載した高性能なBluetoothトランスミッターです。
高性能なチップを搭載し、ワイヤレス接続ながらもCD並みの音質を実現

コーデックもSBC / aptX / aptX-LLに対応しており、aptX-LLであれば遅延のない音声を楽しむことができます。
AACには対応していないため、Android端末を使用している方におすすめです。

「音ズレもなく、長時間使用できる」
「カンタンに接続でき、安定性も高い」
などクチコミも良好で、総じて高評価を受けているモデルです。

第3位|AUKEY bluetooth トランスミッター BT-C1

AUKEY bluetooth トランスミッター BT-C1

出典:Amazon.co.jp

メーカーAUKEY(オーキー)
価格1,999円(Amazonにて2019年2月4日時点)
通信可能距離10m
対応コーデックSBC
Bluetooth Ver.非公開
光デジタル入力
レシーバー機能
最大同時接続数1

驚くほど小さいコンパクトデザイン

オーキーの「BT-C1」は、コンパクトで持ち運びのしやすいBluetoothトランスミッターです。
サイズは55×25×12mm、重量は14.5gと小さく軽量ですので、外出時にも使いたい方におすすめ

高性能なバッテリーを内蔵し、7時間の連続使用が可能
低消費電力も魅力なモデルです。

機能こそシンプルですが、それだけに価格帯も抑えられており、コスパのよさが光る一台です。
また充電しながらの使用も可能ですので、使う場所を問いません。

「必要じゅうぶんな性能」と値段なりの評価をする声も目立ちますが、なかには「電波が弱い」といった意見もありますので、気になる方はほかの商品とも比較してみるとよいでしょう。

第2位|TROND BT-DUOII

TROND BT-DUOII

出典:Amazon.co.jp

メーカーTROND(トロンド)
価格3,199円(Amazonにて2019年2月4日時点)
通信可能距離10m
対応コーデックSBC / aptX / aptX-LL
Bluetooth Ver.4.1
光デジタル入力
レシーバー機能
最大同時接続数2

Bluetoothトランスミッター&レシーバー。小さい&コンパクト

トロンドの「BT-DUOII」は、aptX-LLコーデックに対応したBluetoothトランスミッターです。

連続使用時間は最大10時間と長く、充電しながら使用することもできますので、長時間使いたい方におすすめです。

また、どのコーデックがアクティブになっているかを示すインジケーターが搭載されているため、イヤホンやヘッドホンなどと規格があっているかがひと目で確認できることも好印象。

「遅延もなく音質もクリア」
「aptX-LLを使用したときの遅延の少なさが素晴らしい」
といった高評価なレビューが並び、ポテンシャルの高さがうかがえます。

第1位|Anker Soundsync

Anker Soundsync

出典:Amazon.co.jp

メーカーAnker(アンカー)
価格3,999円(Amazonにて2019年2月4日時点)
通信可能距離10m
対応コーデックSBC / AAC / aptX / aptX-LL / aptX-HD
Bluetooth Ver.5.0
光デジタル入力
レシーバー機能
最大同時接続数2

ほぼすべてのオーディオ機器にBluetooth機能をつけることが可能

アンカーが販売する「Soundsync」は、高機能でコスパのよいBluetoothトランスミッターです。

対応するコーデックはSBC / AAC / aptX / aptX-LL / aptX-HDと幅広く、遅延のない音声を楽しむことができるでしょう。

またレシーバーとしても使えるため、スマホなどの音声をBluetooth非対応のオーディオ機器に送ることも可能。
Bluetoothのバージョンも5.0ですので、2人で同時接続しても安定した通信が期待できます。

「途切れもなく快適」
「今まで聞こえなかった音が聞こえた」
など、音切れなどが少なく、音質を称賛するレビューも目立ちます。

性能的には文句なしですので、どなたにもおすすめできる一台です。

Bluetooth対応!車載用FMトランスミッターのおすすめ人気ランキングTOP5

車載用Bluetoothトランスミッター

出典:Amazon.co.jp

ここからは、Bluetoothに対応したFMトランスミッターのおすすめ人気商品を発表していきます。

Bluetooth対応のFMトランスミッターを選ぶときには、以下の3項目に注目しましょう。

  1. 定格入力電圧
  2. 送信周波数
  3. 付加機能

車には12Vと24Vの2種類の電圧があり、これを定格入力電圧といいます。
普通の乗用車は12V、トラックやバスなどの大型車は24Vが一般的ですので、自分の車の定格入力電圧にあったモデルを選びましょう。

また、FMトランスミッターはFM電波の周波数に音声を変換して送信しますので、目安としては国内のFM電波より高い85MHz以上に調節できるものがおすすめです。

あわせてハンズフリーやUSBポートなど、便利な機能にも注目して商品を比較していきましょう。

Bluetoothの性能についてはそこまで細かく気にする必要はありませんが、断線しやすい商品は避けたほうがよいでしょう。

選び方の詳細や有線タイプのFMトランスミッターについては、以下の記事でくわしく解説しています。
車載トランスミッターを探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、Bluetooth対応FMトランスミッターのおすすめ人気ランキングTOP5を発表します。

第5位|CAR MATE FMトランスミッター Bluetooth USB 1.5A ME159

CAR MATE FMトランスミッター Bluetooth USB 1.5A ME159

出典:Amazon.co.jp

メーカーCARMATE(カーメイト)
価格2,799円(Amazonにて2018年12月22日時点)
定格入力電圧12V
送信周波数88.1~88/7MHz
付加機能4ch送信周波数切り替え
USB充電機能
角度調節機能

デジタルPLL回路と高性能ICにより低ノイズを実現

カーメイトが販売する「ME159」は、音質のよさとノイズの少なさが魅力のFMトランスミッター。

独自の技術により低ノイズを実現し、原音に近い周波数特性で再生することにより、ナチュラルでフラットな音質を出力することができます。

また6ヶ月保証も付帯していますので、初期不良などの心配もありません。

「Bluetoothの接続が高速で、音質もいい」
「ほかの商品と比べてノイズも少ない」
など、音質のよさとノイズの少なさを裏づけるクチコミが多くあります。

ノイズが気になる方や、音質のよさを求めている方にはとくにおすすめです。

第4位|Owltech OWL-CABFT

Owltech OWL-CABFT

出典:Amazon.co.jp

メーカー株式会社オウルテック
価格3,280円(Amazonにて2018年12月22日時点)
定格入力電圧12V / 24V
送信周波数88.1~88.7MHz
付加機能4ch送信周波数切り替え
USB充電機能
角度調整機能

ワイヤレス接続だから、ケーブルが無いスッキリ車内を実現!

株式会社オウルテックが販売する「OWL-CABFT」は、シンプルで扱いやすさが評価されているFMトランスミッターです。

送信周波数は88.1 / 88.3 / 88.5 / 88.7MHzの4chを選択でき、カンタンに周波数をあわせることができます。
USB端子も1.5Aですので、スマホでもタブレットでも急速充電が可能です。

また差込口は0〜90度で調整でき、縦穴タイプのシガーソケットにも対応しています。

「使いやすく、アフターサービスもよかった」
「Bluetooth接続が安定している」
といったBluetooth機能の評価も高く、アフターサービスをほめるクチコミも見られました。

使いやすいFMトランスミッターを探している方におすすめです。

第3位|JAPAN AVE. JA996

JAPAN AVE. JA996

出典:Amazon.co.jp

メーカーJAPAN AVE.(ジャパンアベニュー)
価格3,480円(Amazonにて2018年12月22日時点)
定格入力電圧12V / 24V
送信周波数76.0~90.0MHz
付加機能専用アプリ対応
USB充電機能
有線接続
ハンズフリー通話
USB音楽再生
サウンドエフェクト

従来のFMトランスミッターから1歩も2歩も先へ

ジャパンアベニューが販売する「JA996」は、さまざまな機能が搭載されたFMトランスミッターです。

ハンズフリー通話をはじめとして、専用アプリや4種類のサウンドエフェクトを搭載し、どんな使用スタイルにも対応できるのが大きな強み。

またFMトランスミッターにはめずらしく、USBは3ポートを搭載
3つのデバイスを同時に充電することができます。
さらに有線接続も可能なため、音質にこだわる方でも安心です。

「ノイズも少なく、使いやすい」
「音質もよく、ペアリングもカンタン」
など、機能と扱いやすさともに評価されているモデルです。

高機能なFMトランスミッターを探している方におすすめです。

第2位|カシムラ Bluetooth3.0 FMトランスミッター KD-146

カシムラ Bluetooth3.0 FMトランスミッター KD-146

出典:Amazon.co.jp

メーカー株式会社カシムラ
価格2,278円(Amazonにて2018年12月22日時点)
定格入力電圧12V / 24V
送信周波数88.1〜88.7MHz
付加機能4ch送信周波数切り替え
USB充電機能

iPhoneの音楽やワンセグ音声をワイヤレスで受信、さらにワイヤレスでFMラジオに送信

株式会社カシムラの「KD-146」は、シンプルで高性能なFMトランスミッターです。

送信周波数は88.1 / 88.3 / 88.5 / 88.7MHzの4chから切り替えが可能。
USB充電機能は1.8Aの出力ですので、充電時間を短縮することができます。

機能はかなりシンプルですが
「音量を上げても音割れしない」
「これがいちばん快適」
など、FMトランスミッターとしてはユーザーの満足度がかなり高く、性能の高さがうかがえます。

シンプルな機種ですので、上級者はもちろん、FMトランスミッター初心者の方にもおすすめです。

第1位|ELECOM Bluetooth FMトランスミッター EC-FM02

ELECOM Bluetooth FMトランスミッター EC-FM02

出典:Amazon.co.jp

メーカーELECOM(エレコム)
価格2,499円(Amazonにて2018年12月22日時点)
定格入力電圧12V / 24V
送信周波数88.1~88.7MHz
付加機能4ch送信周波数切り替え
USB充電機能
ラストメモリ機能
重低音モード
おまかせ充電機能

スマートフォンやタブレットの音楽を車の中でワイヤレスで楽しめる

エレコムの「EC-FM02」は、音質・性能ともに優秀なFMトランスミッターです。

送信周波数は88.1 / 88.3 / 88.5 / 88.7MHzの4chを選択可能で、以前の周波数を記憶するラストメモリ機能も搭載されています。
また重低音モードを使うことで、より迫力ある音源を楽しむことができます。

さらにUSBポートが2つあるため、複数デバイスを同時に充電可能

「今まで使ったトランスミッターのなかでいちばん」
「予想以上の音質」
など、ユーザー評価も高く信頼性のあるモデルであることがうかがえます。

音質と性能を両立させた機種ですので、どなたにもおすすめできます。

まとめ

今回は、Bluetoothトランスミッターのおすすめ商品10選を選び方とともにご紹介しました。

商品を選ぶときには、通信可能距離や対応コーデック、Bluetoothのバージョン、光デジタル入力端子の有無などに注目しましょう。

また車載タイプのFMトランスミッターを購入する際は、定格入力電圧や送信周波数、付加機能をチェックすることで、自分にピッタリのモデルが見つかるはずですよ。

Bluetoothトランスミッターは音質や混線が問題になりがちですが、最近の機種ではBluetoothバージョンの向上や高音質・低遅延なコーデックの登場によりそれらが改善されたものも多くあります。

古いモデルを使っている方も、ぜひ買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。
もちろんこれから導入される方も、本記事を参考に自分にあったモデルを見つけてみてください!

Bluetoothトランスミッターの売れ筋ランキングをCheck!!

【Amazon】売れ筋ランキング

【楽天】売れ筋ランキング

【価格.com】売れ筋ランキング